なんてこった!弟が病気に!早い対処が夢への悪影響を下げる。

オーストラリアに永住を目指していく事はマラソンに必要な持久力が求められます。

海外に移住するなんて、よほどのラッキーがある人出ない限り、何年もかけて移住を目指すわけですから、その間に色々な事が起きますね。

ボクの最近の1,2カ月間はまさにそんな時期でした。
弟が重い病気になり、そのサポートを優先していたのでほとんど移住の準備が進められませんでした。

家族と自分の夢。どっちも大切だけど、どっちも譲れない。そんな現実の板挟みになりながら優先順位をつけて対処していった時に僕は「家族」が大事だと思ったわけです。

ただ、その中でも仕事だけは手を抜きませんでした。そこが抜けてしまうとオーストラリアの永住権に必要な一番大事な事が消えてしまうからですね。

次のページ > オーストラリア出発の年!念願の移住に向けて

早い対応が移住への影響を下げる

自分の夢(海外移住)に影響するような事件、事故、出来事が起きた場合、すぐに対応する事を心がけてください。

早い対応が、後々の夢への悪影響を低くすることが出来ます。

僕の場合はとにかく、弟が病気になったということで、東京から1000キロ離れた弟がいる病院に週末にお見舞いに行って状況を確認してきました。

その後、どうすればいいのかを自分なりに調べてアドバイスをし、今に至っています。

今後はしばらく予断を許さないような状況が続きそうです。

最悪、その家族の為にオーストラリア移住を先延ばしにするか、またはその家族と一緒にオーストラリア移住するプランに変更するか。

オーストラリア移住は諦めませんよ!

次のページ > 移住に必要なのは諦めない力。自分を信じれる人だけが手にする生活

2019年追記

その後、容態は安定し弟は無事に退院する事が出来ました。
退院しても2年以内に再発する可能性がかなり高い病気でしたが退院後の4年たっても普通に生活しています。

完治はしなさそうですが、普通に生活出来ていて、ボクもオーストラリアに移住しているので本当に全部うまくいきました。

次のページ > オーストラリアに移住して感じた心配事や不満。移住に後悔はつきもの?
オーストラリアに移住したいと思う人に幸運を。

おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)
*ツイッターではブログで記事にできない移民法のニュースを配信しています。良ければフォローをお願いします!

コメントを投稿

0 コメント