オーストラリアへ移住するのにコネは大切か?コネ作りが大事な理由

オーストラリア コネ コネ作り 大切 大事
オーストラリアはコネで何でも決まる社会です。何をするにもまずは知り合いからのつながりを探すので、仕事の売上の半分以上はこのコネクションからのものになります。

ぼくが体験した「オーストラリアってコネ社会だなぁ」と感じた体験をシェアしていきたいと思います。
  • オーストラリアでコネが大事な理由
  • 僕がコネクションを作った方法
  • コネで転職し年収アップ
  • 永住権もコネで申請した
  • 移住についてアドバイス

オーストラリアでコネが大事な理由

言葉に重みが無いオーストラリアでは「つながり」が重要な要素に成ってきます。言葉が常に誇張されているのでどこまでが真実なのかわかないので、ビジネスで特に知り合い等のコネが重要になります。

嘘だらけの職務経歴書を当たり前のように提出する。面接も自分の経歴の10倍良くして話すのも当たり前。言葉に重みが全くありません。

信用できない人を雇うより、信頼できる人のツテをたどって人を探し雇うのが一般的です。

オーストラリアでは仕事の8割はコネつながりで成り立っていると言われています。

そんなオーストラリアでは人とのコネクションはとっても重要な要素なのです。

僕がコネクションを作った方法

ぼくの場合はコネクション作りを意識せずに作ることが出来ました。

オーストラリアに移住する前の2012年に永住について色々調べていた所、質問サイトの海外カテゴリで質問することがありました。簡単な質問で「AUSに観光ビザで入国した後に延長出来るかどうか」の質問です。

沢山の方から批判的な回答をいただきましたが、その中の回答者の一人にとっても温かい言葉を頂けた方がいました。その方がメールアドレスを載せてくれてメールでやり取りをするところから「つながり」が始まりました。*

* アドレスが送れない仕組みになっていたので、その道の人だけがわかる暗号化されたアドレスを載せてくれました。

その方は、2012年の春からRSMSビザのスポンサーを探すためにオーストラリアに移住しました。そして2013年に永住権の審査をパスしてビザが発行されました!おめでとうございます。

2019年更新:今でもその方と時々メールやスカイプでやり取りをしており、色々な事を相談に乗っていただいています。とても尊敬できる方です。

コネで転職し年収アップ

その方と知り合って3年ほどたった後に、ぼくもオーストラリアに移住しました。
そこで初めて働いた会社にいる時に、その方から「うちの会社に来ないか」と転職をススメてくれました。

その方は社長達に事情を説明した所、すぐに面接をしてくれてその数日後には内定がきまりました。

あまりにもトントン拍子で転職が進んだのでとても驚きました。更に驚いた事は面接の時の入社試験が免除されたことです。信頼している社員のコネクションからなので履歴書だけで十分との事。

オーストラリアってコネ社会だなぁと思った瞬間です。年収も一気に$15,000上がりほんとコネの力ってすごいと思いましたね。


永住権もコネで申請した

コネで入った会社から永住権のスポンサーになって頂けました。一時はエージェントと色々とトラブルになった時もありましたが、やっと申請をすることが出来ます。

紹介してくれたAさんという方に本当に感謝しています。


移住についてのアドバイス

オーストラリアで以下にコネクションが重要なのかについてまとめました。ぼくの場合は運良くコネづくりを意識せずに自然とコネクションが作れました。ほとんどの場合は意識してコネを作っていく必要があります。

コネを作るためのオススメの方法は同じ志を持つ人達とつながろうとする事です。オーストラリアに移住したいのであれば移住ブログにアクセスしてメッセージを送る。イベントを通して人と知り合う。等さまざまです。

オーストラリアはコネがあると何でもスムーズに物事が運ぶ社会なので積極的にコネづくりをしていく事が重要ですね。

難しく考えなくても、とにかく行動すれば、そのパッションを感じて支えてくれる人が合わられると思います。あきらめず、自分を信じて積極的に行動しましょう!

最後に。暑いのでドアを開けていると野良猫が勝手に入ってきて、僕の足元で寝ています。可愛すぎて堪りません!(笑)

オーストラリアに移住したいと思う全ての人に幸運を。
おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿

0 コメント