これだけはオーストラリア移住に持っていきたいリスト

オーストラリア 移住 持っていく物 最低限
オーストラリア移住の為に、何を準備したら良い!?

日本で一人暮らしをしていた場合、ほとんど全ての物を捨てなければなりませんでした。
その中からこれだけは必要かなと思ったのものはごくわずか。

今回は、オーストラリア移住をする為に必要最低限の持っていく物について書いていきたいと思います。

服と下着とお金だけあれば最低限OK

オーストラリア移住をすることだけに集中すれば、最低、服と下着、お金だけあれば後は現地でなんとかなります。

ぼくの場合は、1週間分の服、3週間分の下着。これと現金30万円とおまけだけ持ってオーストラリアに旅立ちました。

3年前の話ですが、全く普通に今日まで来ました。もちろんこっちでは必要なものを都度都度買っています。

移住準備の進め方

シェアハウスに住むのか、ホームステイをするのか、アパートメントを借りるのかによって大きく変わってきますが、とりあえずシェアハウスの1ルームを借りてそこでしばらく過ごしてください。

そうすると、オーストラリアの事情が理解できますし、シェアハウスに住むことで、オーストラリアで旅慣れしている人たちから色々と現地の情報を知ることが出来ます。

しばらくして、オーストラリアの生活になれてきたら本格的にアパートメントを借りるかどうか考えてみる方が流れとしては無理なく勧められますし、失敗もしません。

関連記事:3分でわかる、オーストラリアでアパートや家を探す方法から契約までの仕組み

これだけはオーストラリアに持っていきたいもの

出来るだけ大きめのスーツケースをまず買ってください。あまりにも大きいと飛行機に乗せる時に追加料金が掛かる場合があるので、そのあたりの航空会社の事前調査も必要です。

この下からは、最低限、持っていきたい物+アルファの物にも書いていきたいと思います。

コンタクトレンズの予備、半年分。

QuickLenseはコンタクトレンズをオンラインから注文してオーストラリアの住所に届けてくれます。2週間程度で到着します。僕はいつもQuickLenseを利用しています。時期によってはキャンペーンで30%割引の時が年に1,2回あるのでその時にまとめて注文するのがお買い得です。

外部リンク:オーストラリアに届けてくれるコンタクトレンズショッピング

歯ブラシ

システマ・Gumの歯ブラシはオーストラリアに売っていません。歯ブラシはなるべく良いものをオーストラリアに持っていったほうが良いです。
虫歯になると保険が効かないので1つに付き、$3,000ドル掛かります。

USBケーブル

GoogleMapやオフラインマップはオーストラリアで一番良く使い物かも知れません。
USBケーブルは日本に売っているものでもオーストラリアのパソコンに繋げることが出来るので、必ず持っていってください。

電池切れば、オーストラリア人生も終了するかも知れません。というのは言いすぎですが、時々、オーストラリアと日本の電圧を考えて持ってこられない方いますので、あえて書きました。

持っていかなくていいもの

英語の本はスーツケースを重くするだけで、不必要です。
僕は3,4冊オーストラリアに持っていきましたが一度も開くことなく未だにタンスに仕舞っています。

英語の本よりもオンラインを中心にした勉強方法のほうが効率的で良い結果が出ました。

おまけ

航空券のチケットは4ヶ月くらい前に購入するのが一番安いと思います。半年前だと逆に高い傾向でした。

安い時期に買った場合、片道で3万円程度でオーストラリア移住することが出来るのでめちぇくちゃ安いです。

これから、着々と進むオーストラリア行きの準備。心躍りますね!

コメントを投稿

0 コメント