はじめ!移住前の家の整理はこう進める。出発2ヶ月前の人〜

移住する前の家の整理は大変な作業になりますね。僕は移住の2ヶ月前になり、本格的に家の整理を始める事にしました。

オーストラリアに着き次第、当分の間はシェアハウスに住む予定なので荷物はスーツケース一つに収まるように、ほとんど全てを日本で捨てることになりました。

2018年更新:初めはスーツケース一つだけで渡豪して大丈夫かと思いましたが、服とお金さえあれば後は現地で買うことが出来るのでなんとでもなります。

今回の記事は、オーストラリア移住するまでに僕がどう家の整理を進めたのか、そのポイントについて書いていきたいと思います。

  • 捨てる順番が大事
    -1年以上使っていないものは捨ててよし
    - 売れそうなものは早めに売る
    - 移住ヶ月前には大型の家具や電化製品も売る。
  • 移住2週間前に家にあった物
  • 個人的に思いがある品は両親の家に預ける
  • 小物は使いまくる
  • おわりに

整理は順番が大事

オーストラリアに持っていくもの、捨てていくものを選ぶのは意外と大変。

これまで6年も東京に住んでいたので色々なものが結構溜まっていました。

日本国内で引っ越しするのとはわけが違い、ほとんどの物を捨てる必要があるので移住は半年くらい前からゆっくり始め、2ヶ月前の今月から本格的に捨てていっています。

1年以上使っていないものは捨ててよし

僕が捨てていった順番は、1年以上使っていないものから捨てていきました。たとえば、「もしかしたらいつか使うかも」と思って取っておいたものや、ダンボールにしまっていたものです。

売れそうなものは早めに売る

普段は殆ど使っていないものでも売れそうなものは早めに売ることをおすすめします。

衣類や本、ちょっとした小道具系は売るまでに時間がかかることがあるので早め早めに売ることが良いですね。

移住直前で売ろうとしても買い叩かれてしまい、最悪の場合は売れない事もありました。

電化製品系は、ネットで売るのが良いでしょう。出張買取のサービスは安く売れる傾向があるので利用は最後の手段にしたほうが良いです。

移住ヶ月前には大型の家具や電化製品も売る。

ダブルベット、洗濯機は1ヶ月前に入ることにはもう売れていました。

ベットが無くても薄い毛布を下に引けば寝られるし、衣類も家の近くのコインランドリーに行けば洗えるので、最後の1ヶ月は多少不便になりますが生活には問題ありません。

むしろ1月前にはオーストラリアへの期待も膨らみ、むしろワクワクするくらいで苦には感じないでしょう。

移住2週間前に家にあった物

オーストラリアに持っていく分の衣類、歯ブラシと歯磨き粉、英語の本くらいでした。

日本に捨てていくもので家にあったのは、フライパン1個、炊飯器、電子レンジくらいです。

個人的に思いがある品は両親の家に預ける

中にはどうしても捨てられないものがありますよね。そういうものは実家に置かせていただきましょう。

ただ、ご両親の家は倉庫ではないので、大きなものは置いていません。ダンボールひとつ分くらいの荷物を置かせていただきました。

小物や試供品は使いまくる

試供品はどんどん使っていくと良いと思います。捨てるのはもったいないので家の契約が終了する前に全部使いました。

それ以外でも、使っていなかったバッチ類もカバンに付けてちょっと楽しんだ時期がありました。(笑)

このバッチはロシアに旅行に行った時に買ったもので、元軍人さんが売りに出していたものです。

ただ、東京の満員電車で揉まれている間に全部落としてしまいました。これはショックでしたね。。

おわりに

僕の場合は、オーストラリア移住の2ヶ月くらい前から本格的に整理し始めました。

2ヶ月前には使用頻度の低いものを捨て、
1ヶ月前には大型の家具や電化製品も売りました。

最終的に2週間前になると、家にはほとんど何もなくなり、フライパン、電子レンジ、炊飯器くらいが家にありましたが、日本は便利な国なので無くても生活が出来たと今は思っています。

移住準備の参考になれば嬉しいです。

コメントを投稿