オーストラリアに賢くお金を持っていく方法+ボクのやり方

オーストラリアにワーホリや移住活動をするときに必ず考えるのが「お金」の問題。豪ドルが生活に必要なので日本から持っていくわけですがどういった方法があるのか?

大事なお金なのでなるべくオトクに持っていきたいですよね。貧乏性なボクはできるだけオトクにお金を持っていけるように徹底的に調べました。

今回はお金をどのようにオーストラリアに持っていくのかを中心にアツく語っていきたいと思います。

それでは見ていきましょう!
  • お金の持って行き方は何があるの?
  • オーストラリアドルを持っていく
  • 日本円をオーストラリアに持っていく
  • クレジットカードやデビットカードを持っていく
  • トラベラーズ・チェックを持っていく
  • ボクがワーホリでお金をどのように持ってきたのか

お金の持って行き方は何があるの?

まずは、お金の持って行き方。いろいろと方法がありますが、その中でもメジャーな方法が
  • オーストラリアドルを持っていく
  • 日本円を持参する
  • クレジットカードを持っていく
  • デビットカードを持っていく
  • トラベラーズ・チェックを持っていく
  • 日本から海外送金
の6つの方法。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあります。一概に「どれが一番良いのか?」を考えるより「自分のスタイルに合う方はなにか?」を探すほうが良いと思います。

それでは上6つの方法をそれぞれメリットとデメリットも踏まえながら説明していきましょう!

オーストラリアドルを持っていく

日本で日本円からオーストラリアドルに両替していく方法です。この方法は日本にある銀行やカレンシーショップで両替することで初めから豪ドルをオーストラリアに持っていけます。

オーストラリアドルをあらかじめ持っていくメリットは現地についた時の不安が減ることが一番ではないでしょうか。いざAUSの空港を出てからお金の心配がありません。既に持っているのですから安心感でいっぱいになりながらオーストラリアへ向かえます。

デメリットはやはりレートが悪いこと。オーストラリアドルはマイナーな通貨なので日本で両替するとレートが悪くなります。これまで20回近くオーストラリアと日本を行き来してきたボクの経験では、銀行やカレンシーショップで日本円を換金するとレートが10円ほど悪くなることがわかっています。*
* インターバンクレート(実際のレート)と比較して悪い

例えばAUSに持っていける現金の最大金額(100万円)を両替するとして、1ドル80円と1ドル70円で計算してみると

100,000円 ÷ 80円 = 12,500ドル
100,000円 ÷ 70円 = 14,286ドル 

と2,000ドルも差が出てしまいます。

一般的なワンルームのシェアハウス家賃、3カ月〜5カ月程度に相当するので大きな額ですね。もちろん上手に探せばもっと安いレントのシェアハウスもすぐに見つけられます。

では少しでもレートの良い方法はないのか?と考えるときに日本円をオーストラリアにもっていく方法もあります。

日本円をオーストラリアに持っていく

為替レートを少しでもよくしたいと考えるのであればオーストラリアで日本円を両替する方法もあります。

最大のメリットは日本で両替するよりレートが良くなることに加えて、空港内で両替できるのでオーストラリアに着いてからでも安心して両替できます。

また空港のカレンシーショップではレートが町中よりも悪い事が多く、さらにレートのやすさを求めるなら町中にあるカレンシーショップで両替するのがおすすめです。

デメリットは空港で両替するとなると、着いてからカレンシーショップを探すことになるので面倒です。空港についたばかりは疲れているのでさっさとホテルやシェアハウスに向かってゆっくりしたいもの。

判断が分かれますね。

クレジットカードやデビットカードを持っていく

カードを使えばオーストラリアに現金を持って行かなくても現地でお金を手に入れられます。

クレジットカードやデビットカードはなじみの深い方法の一つではないでしょうか?カードを使う最大のメリットは現金を持参しなくても良いので安心できることです。また現金を両替するよりもレートがよいこともベネフィットとしてありますね。

カードには海外で使えないものもあるのであらかじめカード会社に連絡をとっておくと良いでしょう。

デメリットはスキミングの怖さがあります。特に個人で経営しているような小さなお店でカード支払いをするときには要注意です。ボクは過去にカード支払いをしてインドの宝石店から40万円の請求がきていました。

カードを使う場合は地元の銀行でお金を引き下ろすのがベストです。支払いに使う場合でも大手チェーン店に限りましょう。

トラベラーズ・チェックを持っていく

今はあまり効かれなくなったトラベラーズ・チェック。これはオーストラリアに現金を持っていく代わりに「お金の代わりになる紙」を持っていき現地の銀行でオーストラリアドルに換金する方法です。

メリットはレートがよく、紛失した場合でも再発行がされるので安心して旅行が楽しめます。

メリットはトラベラーズ・チェックを換金してくれる銀行を見つけなければならない事や英語力が多少は必要になることです。

日本から海外送金する

あらかじめ日本でオーストラリアの銀行口座を作って送金しておくことも賢いやり方。

最近ではボクも使っているTransferWiseといった海外送金方法が人気です。レートが実際のレートとほとんど同じなのでとっても賢くお金をオーストラリアに持っていけます。

また銀行口座に直接お金が振り込まれるので大量のお金を一気に送金したい場合はもってこいの方法です。

デメリットは日本でオーストラリアの銀行口座を作れるのはANZ銀行だけです。さらに口座開設に数千円のお金もかかるといった費用もあります。

しかし両替レートがかなり良いのが旨味。現地についたときの手間や不安のことも考えればこの方法に安心感を覚える方も多いのではないでしょうか?

TransferWise に登録する場合はこのリンクを踏んで頂けるとちょっとうめ太郎にバックされるのでとっても嬉しいです。助けてください。

ボクがワーホリでお金をどのように持ってきたのか

上に挙げたお金の持って行き方の中からいくつか合わせるやり方をボクはやりました。

まず、日本から10万円分をアメリカドル両替して持っていきました。それと同時に40万円も持っていくことに。

なぜアメリカドルを持っていったのか?不思議ですね。上の方法では挙げていませんが、マネーパートナーズを使って日本円から米ドルに交換するとってもオトクに両替ができます。またオーストラリアではアメリカドルとオーストラリアドルのレートは日本円からのレートより良いのであえて米ドルを持っていったんですね。

また、事前にANAのクレジットカードを作りカード支払い中心で暮らしていました。というのはその時は今(2019年)のように円高傾向でカードの手数料を考えたとしてもオトクに支払えるからです。

さらにANAのポイントもたまったので国内旅行の飛行機チケット分に使えました。両得ですね。

別の記事で、「日本円から豪ドルへの両替をオトクにする方法について」の記事も書きました。上のやり方と多少重なるところがありますが、もう少し掘り下げて書いています。

安心をお金で買うという言葉があるように、お金のレートだけで両替を考えるのではなく、時間の節約や安全面も考えながらお金をオーストラリアに持っていきたいものですね。

オーストラリアに移住したいと思うすべての人に幸運を。

次のページ > オーストラリアで銀行を選ぶなら?いろいろ比較してみた。NABが一番!!!

コメントを投稿