ワーキングホリデーの年齢緩和が据え置きに|移民政策の動向

ワーキングホリデービザの年齢緩和はなし

こんばんわ、ウメ太郎です。

ワーキングホリデーの年齢制限が35歳に緩和するかもしれない噂が飛び交っていました。

オーストラリア政府はこの年齢制限について審議を重ねましたが、一旦は据え置きになるそうです。
  • オーストラリア政府の発表内容
  • ワーホリの年齢制限の緩和は据え置きに
  • おわりに

オーストラリア政府の発表内容

当時のニュースでは2017年の1月か7月1日から施行される予定でした。

実際に、オーストラリア連邦政府の移民法改正案としてワーホリの年齢制限を変更する予定出会ったことが書かれています。
外部リンク>>Changes to age limits for working holiday maker visas - Federal Register of Lagistration

上のリンクの内容からワーキングホリデーの部分だけを抜き出したのが下の画像です。

ワーキングホリデーの年齢制限緩和の法案

これを見る限りワーキングホリデーの年齢制限は35歳までに緩和される予定だったんですよね。

外部リンク>>Age limit raised

ワーホリの年齢制限の緩和は据え置きに

先ほどワーキングホリデービザ(Subclass 417)のページを見に行くと、現在も審議中で具体的に緩和する時期や国に関しても審議する必要があると書いています。
Age of eligibility – Government announcementThe Government is considering options for expanding the upper age of eligibility from 30 to 35 years, including timeframes, legislative requirements and engagement with partner countries. Reciprocity of arrangements for Australian citizens remains a key feature of the programme. The current age of eligibility (18 to 30) will remain in place for the time being.

要約すると、ワーキングホリデーの年齢制限を全ての国に対して30歳から35歳に拡大するのかどうかという所で審議が継続しているみたいです。

オーストラリア政府は今の所、その変更がオーストラリア国民にとって利益があるかどうかという所で迷いがあるみたいですね。

そういう事で当分の間は、30歳で維持されそうです。
が、審議を継続していると書いているので、まだ希望はあります。

是非思考されてほしいですね。個人的には仮にワーホリの年齢制限が緩和されたとしても一部の国に対してだけになりそうです。

おわりに

オーストラリアの景気がここ1,2年でがっくり落ちた感があります。移民法の改正についても慎重に慎重を重ねて審議しているかもしれませんね。

それだけ国内からの批判や外国人に対しての批判があるのかもしれません。

欧州ではナショナリストの政党が台頭してきていますし、時代は僕たち海外移住をする人たちにとっては向かい風なのかもしれません。

コメントを投稿

0 コメント