ワーキングホリデーの年齢制限が35歳になる話が無くなる|移民政策の動向

ワーキングホリデーの年齢制限が35歳になるかも知れない情報がありましたが、移民局は30歳のまま据え置くことを発表しました。

今回の発表によってギリホリの希望が途絶えましたね・・・。移民局は審議を重ねた結果、時期尚早という判断になったようです。

記事ではそれなりに盛り上がっていましたので次回に期待です。
  • オーストラリア政府の発表内容
  • ワーホリの年齢制限の緩和は据え置きに
  • 移住についてのアドバイス

オーストラリア政府の発表

これまでは2017年の1月か7月1日から施行される予定でしたが、議会で否決されました。35歳への法改正案は確実に変更予定だったことが伺えているだけに残念です。


これを見る限りワーキングホリデーの年齢制限は35歳までに緩和される予定だったんですよね。

それを受けて年齢制限は30歳までのまま

確認も兼ねて移民局のワーホリビザの条件を見てみると現在も審議中で緩和する時期や国に関しては変更が加えられるかも知れないことがわかります。
Age of eligibility – Government announcementThe Government is considering options for expanding the upper age of eligibility from 30 to 35 years, including timeframes, legislative requirements and engagement with partner countries. Reciprocity of arrangements for Australian citizens remains a key feature of the programme. The current age of eligibility (18 to 30) will remain in place for the time being.

上の内容を要約すると全ての国で一斉にビザの申請年齢を制限を35歳にするのかどうかがネックになっていますね。さらに自国民にとって年齢緩和が利益があるのかどうかについても不安があるようです。

当分の間は、30歳で維持だそうです・・・。是非思考されてほしいですね。特に「とっても礼儀正しくて犯罪の少ない日本人に対してはお願いします」と言いたいです!
2019年更新:最終的にカナダとアイルランド人に対してだけ緩和されることが決定されました。

移住についてのアドバイス

ワーホリビザの年齢制限は30歳までのままになりましたが、2019年7月1日から3年目のワーキングホリデービザが施行されることになりました。

このビザの年齢制限は未だに30歳のままですが最大3年間住むことが出来るので35歳に変わる移住手段として注目しています。

今回の年齢制限の据え置きは2015年からの景気後退がハッキリと体感できるくらいに悪くなりましたし、移民局はあまり急な政策を取りたくないのかも知れません。

今後の移民法の動向には特に注意が必要ですが、風向きは向かい風だと言わざるを得ないですね。

年齢に関係なく移住する方法としては、ほとんど生活費を掛けずに出来るボランティア移住があります。またトレーニングビザを利用することで、ビジネスビザへのハードルは一気に下がります。

今回の発表にはとってもがっかりですが、まだまだ移住する方法はあります。前を向いてがんばりましょう!

移住したいと思うすべての人に幸運を。

コメントを投稿