入国状況の証明書を申請するメリット- Form1194

ワーキングホリデーや就労ビザの方がオーストラリアを去る時にSuperannuation/Super(年金積立)を受け取ることを出来るのをご存知でしょうか。

Superを受け取る為には「入国状況の証明」をする必要があります。これは簡単な申請用紙に記入して提出することで証明書が得られます。

今回は、その「入国状況の証明」について、申請方法も一緒に説明していきたいと思います。

ざっくりポイント

大まかに理解できるように、まずは数行でポイントだけを羅列していきます。

  • 概要:Form1194は「入国状況の証明」が出来る申請書類。
  • メリット: Super(年金積立)を受け取れるようになる。
  • 申請:申請方法は、紙とオンラインの2種類
  • 提出:記入して、メールで送って終わり。

大まかに理解した所で、「入国状況の証明書」申請についてじっくり解説していきます。

Form1194は「入国状況の証明」が出来る申請書類

過去にビザを申請した人がオーストラリア国外に滞在していないことを証明する為の申請で、それによってSuperを受け取ることが可能になります。

この他、このForm1194は「ビザのキャンセル」する為の申請書も兼ねていますが、この記事では「入国状況の証明」申請だけを扱うので、一旦忘れてください。

関連記事>>ビザをキャンセルする方法とメリット - Form1194
正式名称は「Request for Certification of Immigration Status - Form1194」と呼ばれており、オーストラリアに入国する事が出来る全てのビザが対象になっています。

そのビザの中でも僕たち一般人と関係の深いビザは

  • ワーキングホリデービザ
  • 短期観光(ETA)ビザ
  • 長期観光(Visitor)ビザ
  • 就労ビザ
  • 永住権

の5種類だと思います。

申請には手数料が掛かります。手数料は毎年7月に改定されるそうですね。

支払い方法は、オーストラリア国内の銀行から送金、クレジットカード、オーストラリア国外からの振込に対応しています。

オーストラリア出国後に申請すること

「入国状況の確認」申請は出国している事の証明書を発行するものなので必ずオーストラリア国外から申請してください。

入国状況の証明はSuperを受け取る時に必要

オーストラリアを出国すると決めた場合、これまで雇用主が支払い続けてきたあなたの分のSuperannuation/Super(年金積立)を受け取る時事ができます。

ただ、これにはいくつかのステップがあり、初めの第一歩としてこの入国状況の証明書が必要になります。

ただし、受取金額によって申請が必要なのかどうか変わってきます。

入国状況の証明書が必要なケース

受け取り金額が5,000ドル以上の場合は必ず入国状況の証明書が必要になります。

入国状況の証明書が必要でないケース

受け取り金額が5,000ドル未満の場合はこの申請をする必要がありません。

代わりに、ビザの「Grant Notification Letter」、「ビザラベル」、「ビザのキャンセル申請の結果」のいずれかを提出することで、Superを受け取ることが出来ます。

Superannuation/Super

Superは日本で言う国民年金の支払いのようなものです。
この積み立てた年金を受け取る為に必要なのがForm1194になります。
ワーキングホリデーで2年働いていた場合、人によっては100万近く積み立てられている場合があるので受け取りましょう。

Superは働けば必ず積み立てられる

オーストラリアで1ヶ月に450ドル以上の収入を得ている人は、雇用主が必ずあなたのSuperを支払っているはずです。
これはワーキングホリデーや就労・永住権にかかわらず、どの国籍の人でも、どのビザでも支払い義務があり、給料明細に必ず記載されます。

例えば、僕の給料明細では画面右下の枠に表示されています。

申請後はただ待つだけ

入国状況の証明書申請を終えた後、オーストラリア政府からメールか手紙で通知をしてくれます。

申請結果は21日程度で返ってくるのでゆっくり待ちましょう。

申請書類の記入方法

入国状況の証明にはプライマリ申請者が申請します。

関連記事>>オーストラリアのビザをちょっと詳しく。最低限のちしき

プライマリ申請者とは、ビザを申請した主な人です。それに対して家族はサブセクエントと呼ばれます。

では、私が入国状況の証明書をしていきたいと思います。

まずは、「入国状況の証明」申請フォームをダウンロードします。

記入は、Part A、Part BそしてPart Dの3つです。

Part A の入力例

パートAは申請者の情報を入力します。また、申請結果を受け取る方法や住所も入力します。

入力する部分を黄色で塗りつぶしました。

  1. 氏名の入力
  2. パスポートに書かれている氏名を入力
    もし離婚された関係で氏名が変わっている場合は、「Reason for change」のMarriageにチェック入れてください。
  3. 別の名前が他にある場合に入力
    項目2と同じ内容です。
  4. 男性はMale、女性はFemaleと入力
  5. 誕生日を入力
    ウメ太郎は1983年の2月11日に生まれたので下のようになります。
  6. 生まれた国を入力
  7. 国籍のある国を入力
  8. 出国した場合はYesと入力
  9. 日本の現在の住所を入力
    申請結果が送られてくる可能性があるので必ず受け取れる住所を書いてください。
  10. 日本の電話番号を入力
  11. 結果をFaxやメールで受け取りたい方はYesと入力
  12. 入国状況の証明書なので「Yes」と選択してBに移動

Part Bの記入例

パートBは入国状況の証明書に関わる部分の情報を入力します。

  1. オーストラリアに入国した時の日付、空港、その時のパスポート番号を入力
  2. オーストラリアのを出国した時の日付、空港、その時のパスポート番号を入力
  3. 入国した当時18歳未満の場合は両親の情報を入力
  4. Superannuation/Superのアカウント情報を入力
  5. 支払い方法を入力オーストラリア政府はクレジットカードでの支払いを推奨していますが、銀行振込も可能です。
最後に、Signature of cardholderの欄にサインをします。

Part Dの記入例

パートDは「誰がこの書類を記入したのか、提出したのか」について入力していきます。

移民エージェントに代行してもらった場合は、基本的にこの申請書を書く必要はないと思いますが、自分で入力した場合は、項目23番がNoになるので、27番に移動してください。

項目27番はMyselfにチェックを入れれば後は提出するのみとなります。

提出のやり方

入国状況の証明書の提出方法は「メール」「手紙」「Fax」の3種類に別れます。

メールの場合は

宛先:

super.hobart@border.gov.au

件名:

Department of Immigration and Border Protection Superannuation Certification and Cancellation Team

本文:

To Whom may its concerns

I would like to have certification of immigration status.

Please find the attached file for this purpose.

Kind Regards,

Ume 

手紙の場合は

宛先:

GPO Box 1496, HOBART TAS 7001

件名:

Department of Immigration and Border Protection Superannuation Certification and Cancellation Team

本文:

To Whom may its concerns

I would like to have certification of immigration status.

Please find the attached file for this purpose.

Kind Regards,

Ume 

Faxの場合は

宛先:

+61 3 6281 9453

本文:

To Whom may its concerns

I would like to have certification of immigration status.

Please find the attached file for this purpose.

Kind Regards,

Ume 

オーストラリアに移住したいと思う全ての人に幸運を。

コメントを投稿