ペイライズ!給料が4,000ドル上がった!理由を考える!

いやぁ!ウメは上機嫌っすよ!

先の金曜日に社長夫人から呼び出され、なぜか突然にペイライズ(賃金上げ)をして頂けることに。

その額、4,000ドル。年収が一気に4,000ドル上がりました!

オーストラリアって給料が上がる時の額が凄まじい。日本だと年間で数万円上がるのが関の山。
実際日本で暮らしている時に毎年給料が上がりましたが、月収で2,300円程度。
年間でも3万円弱。それに比べて4,000ドルとか日本と比べて10倍の給料上昇です。

という事で今回は給料が上がった理由について考えていきます。

給料を上げたい!と思う人は下の4つを実践しましょう。

  1. 長く会社にいる事をアピール
  2. 正直でいること
  3. 言わなければならない事はハッキリという。
  4. 仕事でNoと言わない。Yesマンに鳴りましょう。Noという時は代替の案を提供する。

この4つだと考えています。

長く会社にいる事をアピールする

会社はペイライズ(賃上げ)をする時に、考える事は2つ。

  • 会社にとってどれくらいその人が重要なのか
  • どれくらい働いて欲しいのか

会社にとって重要であればある程、
欠かすことの出来ない役割を持っていれば持っているほど、「足止め」として毎年給料を上げます。

なるべく自分が会社の中で大事な存在感を出し、その上「辞めるつもりがない」事をアピールすることで会社としても安心して賃上げ(投資)したいと思うわけです。

出来るだけ、今の会社で満足しているアピールをしてください。

正直でいる事は何よりも大事

うちの会社の社長夫人は心理学者で修士の学位を持っています。個人の仕事も心理学をしており、シドニーのある心理学の組織のメンバーにも成っています。

そんなわけか、嘘が通じないわけです。

正直でいること。それがうちの会社にとって信頼を作り、この人なら長く居てくれると心から信じてもらえるのです。

言わなければならない事はハッキリと言う

言葉にし難い事でも、自分の考えはある程度ハッキリ言わなければなりません。日本人でも外国人でも言いにくいことは言いにくいものです。

だけど、それが言えるか言えないかが、こっちでは大事な要素です。たとえ、おかしな意見であっても自分の個としての意見を言う。そうしなければ信頼は築けません。

仕事ではYesマンになる。

社長に気にいられたい?ではイエスマンになりましょう。社長はビジネスを走らせているのでいつも無茶なことを言ってきます。

日本でもオーストラリアでも理不尽なのは当たり前。

それをNoと言わずに何らかの形でやり遂げる。これが出来る人が社長に気に入られ、必要な存在だと思ってもらえる秘訣だったと思います。

今年もこの4つの秘訣を心に留めて来年のペイライズも期待したいですね!

オーストラリアに移住したいと思う全ての人に幸運を。
おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿