オーストラリアの景気が地方から回復するかも知れない。移住のチャンス

オーストラリア 景気 地方 回復
最近の移民政策を見ていると、そろそろオーストラリアの景気が回復しそうな雰囲気がしてきました。

移民政策を通した数々の景気対策をかねた法改正を見ていくとどうやら移民の力を借りて景気を持ち直そうとしているのではないか?とボクは感じているのでもしかすると来年辺りから景気が上昇しだすかもしれません。

今回の記事は最近の移民法の動向から感じる景気回復の雰囲気について書いていきます。

それでは行ってみましょう!

最近の法改正内容は

まず、ここ数ヶ月の法改正の内容を見ていくと、ワーキングホリデーの改正によってワーホリが出来るようになった国が4カ国増えました。

さらに、3回目のワーキングホリデーも今年の7月から始まります


また、親呼び寄せビザの改正も4月から施行されます。これによって永住者の親はオーストラリアに5年〜10年の間、生活できます。

次のページ > 移住について考えさせられた、家族のこと。移住後の将来も考える時

景気が回復するような雰囲気が出来てきた

上記の法改正によって、オーストラリアにワーキングホリデーをする人たちが数千人規模で増えることになります。

その彼らがオーストラリアでお金を使ってくれる金額は計り知れません。中長期的に彼らはワーキングホリデーから留学やビジネスビザでの数年に渡って経済効果を発揮してくれるでしょう。

さらに、地方のファームでセカンドを取るために働く人数が増えるので、需要と供給の原則から言って農場経営者のコストは下がり、果物や野菜の価格が下がることも考えられます。

親呼び寄せビザで生活される方もお金を使ってくれますし景気の面でいい事づくしです。

ここ数年、オーストラリアの政権が変わったりしてオーストラリアへの入国者を意図的に減らすようにしていましたが、AUSにとって移民の力がなくてはならないものになった証拠ですね。

次のページ > オーストラリアの景気後退と今後。リセッション中のAUS

議論中の法改正もある

今後、移民法の改正がされるかも知れない情報をいくつか紹介します。どちらも地方向けのビザに関するものです。

まずは、地方向けの卒業ビザが改正されるかも知れません。これによって卒業生が地方で働きながら生活をするので景気にプラスです。

また、地方向けに新しくビザが作られようとしています。このビザから永住権への道も開かれているので今後はますます地方に人が増えていくことでしょう。

次のページ > オーストラリアの地方ってどこ?田舎には移住メリットがたくさん
に就職したりが改正されるかも知れない

移住についてのアドバイス

今後はオーストラリアへに入国する人が増えることが予想できます。移民局の移民政策の次のターゲットは「地方へ移民」がキーになっているので、今後は地方から景気がオーストラリアの景気を支えるのかも知れません。

次のページ > 永住権を目指すなら南オーストラリア州は移住しやすい!

今のうちに、大きい地方都市に住んでおいたほうがいいかも知れませんね。

次のページ > 不安を勇気に!永住権の最短コースは現地入りで就活すること!|僕が日本で永住権を目指さない理由


オーストラリアに移住したいと思うすべての人に幸運を。
おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿

0 コメント