オーストラリアに移住したい全ての人が知るべき9の価値観

オーストラリア移住するまえにその国の価値観を知っておくことは、移住後に後悔しないためにも大切です。

そもそもオーストラリアの価値観とは何でしょうか?

ビザの申請条件の一つには「オーストラリアの価値観」への同意が求められます。いわば移住のためにゼッタイに尊重しなければならない事。この価値観 に合わない人はオーストラリアへの移住を拒否されます。

今回はそんなオーストラリア が大切にしている価値観をまとめてみました。

オーストラリアに移住したいかどうかの判断にまずはオーストラリアの価値観を知ってみましょう!

参考リンク:Australian values

オーストラリア人が尊重する価値の始まり

オーストラリアに住む全ての人が尊重するべき価値観はAustralian valuesとして誰でもよめる形で提供されています。

この始まりは2007年10月15日から始まりました。その内容はオーストラリアで生活をする人が尊重するべきことが書かれています。

2019年現在、世界18カ国で翻訳されています。これほどいろいろな言語でオーストラリアの価値観を読めるようにしているのはそれだけ大切にしているのでしょうね。

この価値観はビザの申請をする際に「尊重する」項目にYESと記入しなければ発行が拒否されます。さらに発行後もビザがキャンセルされる対象になるほどの力の入れよう。

ではその大切にしている価値観とはなんでしょうか。

オーストラリアの価値観

キホン的に自由!

オーストラリアは基本的には自由な国です。誰でも好きなことを主張できます。もちろん何か団体に入りたいと思えばそれができますし、信仰の自由や移動の自由もあります。

このあたりは日本と同じです。オーストラリアだから自分の考えを主張できるとか、そういう違いはありません。

ボクたちがとりわけ何か気をつける価値観の差はありません。

一人ひとりが尊重される

相手の価値観の違いは尊重することが求められています。ボクたち一人ひとりの考えは違っていて当然です。その違いによって差別をしてはいけません。

差別されやすい事は
  • 肌の色や民族の違い(人種)
  • 性別の違い
  • 体や知性の差 (障がい)
  • 年齢による違い
4つの違いが昔から今までさまざまな形で差別がありましたが、今は法律でしっかりと取締があります。

おもいっきり自己主張できる!

自分たちの考えを思う存分に主張できます。言葉をつかった自己表現とでもいえばいいでしょうか。

発言する内容が「相手を危険にする」ような言葉や、「ウソ」でないかぎり誰にでも、もちろん政府に対してもなんの気兼ねもなく発言できます。

ボクたちにとっては馴染みのないデモもできます。

スピリチュアルな領域に足を踏み込む権利も

宗教の自由も保証されています。逆に宗教を信仰しない自由もあります。

オーストラリアでも政教分離がされているので国の政策が宗教によって影響されることはありません。オーストラリアが国として勧めている宗教もありません。

また、全ての宗教は尊重されなければいけません。日本では「正義の宗教」だとか「この宗教でしか幸せになれない」と決めつけているところもありますが、オーストラリアでは禁止されているので注意が必要です。

違反の場合はビザのキャンセル対象です。

秘密結社も作れる

結社の自由が保証されています。

オーストラリアでは法律の範囲内でどのような社会運動組織に入れます。秘密結社を作ることも夢ではない!

ただ、問題は話し合いなど平和的に解決しなければなりません。

法にはだれもあらがえない

議会制民主主義をつかって国が運営されています。

オーストラリアで生活をしている全ての人は法律を従わなければなりません。お金があるから、国会議員だから、イケメンだからといって法のしばりを受けない事はありません。

天は人の上に人を作らず

法の下の平等が保証されています。人である以上、それ以下でもありません。

全ての人間が同じとして取り扱われます。

仕事の昇進は能力や経験、技能によって決められるべき。このあたりはポイント制のビザを申請する時に、技術査定で高い結果を出した人が有利になるところからみても尊重されている事がわかります。

オトコとオンナは同じように扱う

男性と女性は同じように扱われます。男性ができる仕事は女性も就けます。

努力によってえこひいき

オーストラリアは機会均等と公平さを重んじます。才能や能力は努力の結果であり、それを何事の判断にも基準として加えようということ。

英語の能力が低いのは勉強が足りていないからであり、その勉強の量によってオーストラリアに移民できる人を判断しようという考えですね。

移住についてのアドバイス

オーストラリアで生活する人にとって尊重しなければならない事を紹介しました。この価値観はビザを申請する際にも「尊重」が求められます。

ただ、それほど深く考える必要はありません。ボクたちの住む国も同じ考えのもとに法律が作られています。何も違いはありません。

これまでどおり、道徳を重んじた行動をオーストラリアでも心がければ、すなわちそれが、オーストラリアの価値観の範囲内で行動することになるのです。

オーストラリアに移住したいと思う人に幸運を。

次のページ > オーストラリアで絶対に気をつけたい7つの事


おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)
*Twitterではブログで記事にできない移民法のニュースを配信しています。良ければフォローをお願いします!

コメントを投稿

0 コメント