結構使える、ワーキングホリデーでプログラマーの仕事を探す方法!

ワーキングホリデー プログラマ 仕事探し
ワーキングホリデー中にプログラマーのお仕事を見つける方法伝授しちゃいます。

私はワーキングホリデーでオーストラリアに入国し、就活1ヶ月でプログラマーの仕事を見つけました。

その当時の英語はIELTS4です。中学程度の英語も出来ないレベルで就活をしましたが、ちゃんとプログラマーの仕事が見つかり、オーストラリアで生活をしています。

今回は、私がオーストラリアのワーキングホリデー中にどうやってプログラマーの仕事を見つけることが出来たのかについて書いていこうと思います。

  • 日本での職歴はプログラマー歴9年
  • オーストラリアに着いてから4ヶ月語学学校、1ヶ月就活して決めた
  • 語学学校に行くよりも就活するほうが良い
  • 就活に必要な英語力は1つの言葉
  • 日本で真面目に仕事をしていれば、海外で通用する技術レベルになる
  • オーストラリアで通じないIT用語をしっかり覚えて置くこと
では一緒に行ってみましょう!

日本での職歴はプログラマー歴9年

ボクはコンピュータ系の専門学校を卒業してから9年間普通にプログラマーとして働いていました。システムエンジニア(SE)と同じ職業ですね。

ウェブ系のフルスタックエンジニアとして7年とパッケージングシステムの開発に2年の合計9年間を仕事にしていました。

仕事の範囲は広く、データベースやプログラミング、システムの設計など広く浅いのが特徴です。

言語はC#、Perl、PHPなどオープンソースから大企業で使われているもの。データベースもPostgreSQL、MySQL、MSSQLなど傍から見るとコアとなるスキルが内容に見えますね。

そんなボクでも本気で就活をすればワーキングホリデー中でもプログラマになるための仕事が見つけることが出来ます。

オーストラリアに着いてから4ヶ月語学学校、1ヶ月就活して決めた

ぼくのワーホリは2015年の3月から始まって、その次の日から4日後から語学学校に行きました。

語学学校は月曜日から木曜日までの週4日制で4月のイースターの休みとかもあり実際学校に行く日数は55日くらい。

就活はその卒業1ヶ月前から初めて片っ端からIT系の会社に応募して、気づいたときには応募件数が100社を超えていました。

ぼくはワーホリ中にプログラマーの仕事をビザ付きで探していたので真剣に頑張りました。

関連記事:これで見つかるビザのスポンサー企業!自分をゴリゴリ押せ!

語学学校に行くよりも就活するほうが良い

語学学校に4ヶ月行った時の学費は40万円。だけどそれに見合う英語力はつきませんでした。

英語のリスニング力がほとんど無かったので何も吸収することが出来なかったのです。
今思えば、語学学校に使った40万円を就活の面接の交通費に使ったほうが良いと真剣に後悔しています。

何より、語学学校に通っている間は面接も入れられませんし、4ヶ月間に動いた求人の数だけチャンスが逃げるのです。

求人の数は4ヶ月間に何十社も動きます。次々にプログラムの求人情報が掲載されて、終わっていくのですから、せっかくのチャンスが語学学校に通った日数の分、消えてしまいます。

就活に必要な英語力は1つの言葉

英語が出来ないからと言って、英語力があまり必要とされない様なジャパレスや清掃業しか仕事が見つからないわけではないです。

僕は
Yes, I Can do everything(はい、なんでも出来ます)
この一つの文章だけで面接を乗り切りました。

面接が始まると、面接官が何を言っているのか全くわからないのですが、なにか答えなければなりません。

そんな時に、「Yes,I Can do everything」と答えられればオッケーです。

面接の時になにか質問されて答えられない時は「はい、なんでも出来ますよ」と答えていました。

この言葉は意外と聞きます。
的はずれな回答だったとしても、面接官は「自分の腕に自信があるんだな」と思ってもらえるからです。

答えられなければとりあえず「Yes, I can do everything」と答えてください。

日本で真面目に仕事をしていれば、海外で通用する技術レベルになる

日本で働いた1年はオーストラリアの2年だと思っていいです。

オーストラリアで働いて4年の間に2社でプログラマーとして働きましたが、オーストラリアは残業がありません。

また、仕事中にネットサーフィンなど関係のない事をやっていますし、オーストラリア人は金曜日はほとんど仕事をしません。
初めに入ったファイナンス関係の会社は毎週金曜日の15時からビール飲んで話していましたね。

そんなゆるいオーストラリアの職場と日本のまるで修行のような過酷な職場を比べてみると、職務経験の時間と密度が比較にならないくらい日本のほうが良いです。

もっと自信を持ってください。
オーストラリアでプログラム歴10年の人のソースコードを見てみると2,3年生レベルのプログラマーがたくさんいます。

日本で働いたということだけで、世界に通じるプログラマーだと自覚してくださいね!

オーストラリアで通じないIT用語をしっかり覚えて置くこと

日本で通じるIT用語もオーストラリアでは通じないこともあります。

システムエンジニア(SE)システムアナリストと読み替えてください。
デベロッパープログラマーと読み替えてください。

この2つの言葉を読み替え、言い換えることができれば面接官にはどんなスキルがあるのか分かってもらえます。

オーストラリアに移住したいと思う人に幸運を。

おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)
*Twitterではブログで記事にできない移民法のニュースを配信しています。良ければフォローをお願いします!

コメントを投稿

0 コメント