オーストラリアに移住したうめ太郎のプロフィール (これまでの足跡)

初めまして、オーストラリア永住を現実にする、ウメ太郎です!

移住をカンタンにする「おーすとらりあ移民局」にアクセスしていただきありがとうございます。

このプロフィールページではウメはどういう人なのか知ってもらえるように簡単に自己紹介をしていきます。

わたくし、うめは1983年2月11日、イノシシ年に生まれました。性格も猪突猛進とまわりから言われてて、「これだ!」と決めたら真っ直ぐに走りだします(笑)

そんなボクがオーストラリア移住を決意したのは2011年です。10代の頃はテレビなどの影響で海外移住に興味がありましたが夢のように遠い所だと思いすっかり忘れていました。

IT関係の専門学校を卒業し社会経験をすることで、いつか家族を持ったときに英語は大事だろう。もっと生活しやすい国は?ボクのスキルは海外で通用するのか?と考えていくようになり海外移住を真剣に考えていたときに、先の大震災がおきます。

地震が怖くて海外移住を決めたわけではありません。当時お付き合いさせていただいていた彼女が海外に住みたいということで始まったオーストラリア移住ストーリーです。

その後、うめと彼女はオーストラリアに移住する前に関係に終わりを告げましたが、自分ひとりで移住を目指しました。

さて、そんなこんなで今日まで無事にここまでこれたのも、インターネットのおかげだと思っています。

ボクのようにオーストラリアに移住したい人のためになにかヒントになる情報を提供できればとこのブログをはじめました。

これから紹介するボクの今日までの経歴を見ていくことで移住するまでの間に何があったのか?どのように移住を進めたのか?についてのヒントになればとお思います。

  • 右も左もわからないけど移住をしたい
  • 移住するまでの僕の略歴をパパっと確認
    - 2011年の出来事
    - 2012年の出来事
    - 2013年の出来事
    - 2014年の出来事
    - 2015年の出来事
    - 2016年の出来事
    - 2017年の出来事
    - 2018年の出来事
    - 2019年

右も左もわからないけど移住をしたい

なんだかよくわからないけど、とにかく海外に移住したい!オーストラリアに移住したいとお考えの方にスタート地点として見てほしいのは、ビザに関する最低限の知識。

オーストラリアへの入国はほとんどのケースでビザが必要です。まずはビザそのものの知識を深めましょう。

次のページ > オーストラリアのビザをちょっと詳しく。最低限のちしき

「移住のキホン」を一通り知りたい方は一覧を見るのも良いかもしれません。
オーストラリアのビザをちょっと詳しく。最低限のちしき
オーストラリアに短期であれ長期であれ滞在するときはほとんどのケースでビザが必要になります。とっても複雑にみえるビザのルールも知ってしまえば意外とカンタン。ビザについて右も左も分からない人のためにビギナー向けのビザ情報をまとめました

移住するまでの僕の略歴をパパっと確認

これからオーストラリアを移住する人が、僕が辿った人生(足跡)を見ることで移住するには何が必要なのか?どんなことを準備しなければならないのか?トラブルは?等全部わかるようになっています。

海外移住を計画したのが2011年の初頭。それから今日まで色々な出来事がありました。

永住ビザを取るまでにおきた大事な事を時系列別に書いていくことで、オーストラリアに移住をしたいけど何から初めていいのか分からない人の移住計画に少しでも役立てられたらと思います。

その当時のことが詳しく理解るようにリンクを張ったので気になる人はクリックしてみてくださいね。

2011年の出来事

この年はまさに始まりの年、ゼロからオーストラリアへ移住するキッカケがあった年です。

2012年の出来事

  • 1月 某質問サイトに永住プランについて質問。
  • 5月 某質問サイトで同じ志の人(Aさん)と知り合う。
  • 7月 基本情報技術者試験合格。
  • 10月 応用情報技術者試験合格。
  • 12月 ACSガイドライン翻訳を始める。

2013年の出来事

  • 2月 ACSのガイドライン翻訳を完了。
  • 3月 北海道情報大学の通信制に入学。
  • 7月 彼女と分かれる。
  • 11月 リアルの世界でAさんと合う。
  • 12月 会社に海外について初めて話す。

2014年の出来事

2014年はオーストラリアへ移住するために具体的に移住の準備をした年でした。

2015年の出来事

  • 2月 会社を休職する。
  • 3月 北海道情報大学を卒業する。
  • 3月 渡豪(パース)
  • 3月 語学学校に入学
  • 4月 技術査定を提出(ACS)
  • 4月 技術査定をパス(1週間で結果が来るのはかなり稀)
  • 5月 技術査定の結果解釈に誤りがあることが判明。不服申し立てを行う
  • 6月 不服申し立ての返答あり。結果に変化はなし。ターゲットを雇用主のスポンサーに変更。
  • 7月 語学学校を卒業(Pre-Imtermidiate)
  • 7月 就職先を見つける
  • 10月 雇用主からスポンサーの話あり。
  • 11月 雇用主からVISA申請のドキュメント指示がある。
  • 12月 IELTSを受ける

2016年の出来事

  • 1月 457申請に必要なIELTS over all 5.0をパス!
  • 1月 Standard Business SponsershipとNomination申請を行う。
  • 2月 457申請を行う。同時にPTW( Permition to Work )を申請。
  • 3月 PTWの許可を得る。同じ雇用主の元、6ヶ月を超えての労働が可能に。
  • 5月 Standard Business Sponsership申請をパス
  • 5月 Nomination申請をパス。
  • 6月 457申請をパス!
  • 7月 お仕事お誘いを受け、別の会社に転職準備。新しい会社でNominationを再申請。
  • 8月 新しい会社から提示された年収が15%アップする。
  • 8月 無事に申請パス!転職を行う。
  • 9月 新しい会社へ転職する。

2017年の出来事

  • 2月 査定があり給料が年収5,000ドルアップ。

2018年の出来事

2019年

コメントを投稿