3分でわかる、オーストラリアでアパートや家を探す方法から契約までの仕組み

オーストラリア アパート・家 探す方法 賃貸 仕組み
オーストラリアで自分たちだけの家を見つけたい!だけど、そのやり方が分からないし不安だらけ!

僕がシェアハウスからアパート暮らしを考えた時はそんな事だらけでした。

今回は、オーストラリアでアパート・家探しに必要な知識と、家の見つけ方に焦点を絞って書いていきたいと思います。

  • 家を借りるには、見学、申込み、契約!の3段階
  • 賃貸の契約はリース(期間契約)の方が安心する。
  • Lease(リース)と月契約(マンスリー)の違い
    - それぞれのデメリットもあります。
  • 家の見学(インスペクション)は個人と公開の2種類
  • 家を探すなら契約しやすくて安い、冬がいい
  • 家の契約の際は1ヶ月の敷金だけ。
  • ボンドを返してくれる良いエージェントの見分け方

家を借りるには、見学、申込み、契約!の3段階

オーストラリア中のアパートや一軒家を簡単に探せるようなサービスが提供されています。そこで気になる物件を探して、見学(インスペクション)の予約するのが全ての始まりです。
後は、申込み用紙に記入をして、審査が通れば本契約となります。

下の3つのサービスがオーストラリアでよく使われているもので僕のオススメ順に並べてみました。
  • Domain
    オーストラリアで人気急上昇の住宅検索サービス。見やすくて操作しやすい。
  • Real Estate
    Domainに次ぐ人気の住宅検索サービス。賃貸物件の量はNo1ですが、Domainと比べて操作しにくい点がある。
  • REIWA
    オーストラリアNo3の住宅検索サービス。オーストラリアで家を購入する場合はREIWAの方が情報量が多く、オススメ。賃貸は弱い。
家さがしは、DomainとReal Estateの2つのサービスを利用すれば十分です。

気になる物件があれば、詳細のページに移動してインスペクションの予約をすれば後は、当日に家に行くだけ。

Domainの場合、インスペクションの仕方は、”Email Agent”をクリックして
オーストラリア 賃貸 インスペクション 仕方

"When is the inspection time?"にチェックを入れて、”Request Details”を押すだけです。
オーストラリア 賃貸 インスペクション 仕方

家の見学に行った当日、気に入った物件があれば、賃貸の申込みをするための用紙がどこかの机の上に置かれているので、それを受け取り、内容に沿って進めていけば完了です。最近では1Formと呼ばれるオンライン上で手続きをするやり方が主流になてきました。

申込みが完了すると、家のオーナ や賃貸エージェントが審査を行います。1週間程度で終わるので、無事に申し込みの審査が通ったら、賃貸仲介業者(賃貸エージェント)から連絡が来るので、オフィスに行き、契約をして終わりです。

入居日当日に、借りた家の前で鍵をもらえるので受け取って新生活が初められるわけです。

賃貸の契約はリース(期間契約)の方が安心する。

「来月の支払いからレントを週10ドル値上げする。嫌なら出て行け」こんな、一方的な通知を聞いてレストレスで夜も眠れなくなったことありませんか?

マンスリー(月契約)の場合はこれがよく起こるんですよね。

特に景気の良かった2016年くらいまでは半年ごとに値上げの通知が来る方もいらっしゃると思います。

リース(期間契約)だと、値上げ金額が契約書に書かれているので安心です。契約期間中は「出て行け」と一方的に言われることもありません。

Lease(リース)と月契約(マンスリー)の違い

リースはいつから、いつまで家を借りるという契約です。
リースのメリットは、その期間は家の貸主でも「出て行け」と言う事はほぼありません。違約金が発生するからです。

レントの値上げも予め契約書に値上げの計算方法(何%か、物価変動率)が明記しているのでありえない金額を値上げされることがありません。

契約期間が終了すると、オーナーはテナント(借り主)と契約を更新するか終了するか選ぶことが出来ます。更新する場合は契約内容の家賃とか期間の見直しをします。

マンスリーは月更新の契約です。退去の1ヶ月前に通知をするまで借り続けることが出来ます。
マンスリーのメリットは、契約を次の月に終わらせることが出来るので、引っ越しが多い人や短期的に借りる場合にはもってこいの契約です。

それぞれのデメリットもあります。

リースの場合は、契約期間が終わった時に、更新が必ず出来る保証がありません。
大抵は、値上げの要求があり、それに満足できなければ契約の更新をしない(退去)ということになりますね。

また、家のオーナがその家を売ることも考えられる部分が不安要素です。ただオーストラリア全体で土地の値段が下がっている今、オーナーとしては家を売ることすら出来ないのでテナントとしては良い時期です。

マンスリーの場合は、契約時に値上げ金額の幅が決められません。法律的には家の契約後の半年後から値上げ要求が出来るので、そこで突然の大幅な値上げもあり得るわけです。

一般的には土地の値段が右肩上がりの時期にはリースが良く、土地の値段が右肩下がりの場合はマンスリーが良いと言いますが、値上げの金額がハッキリと書かれているリースの半年、1年契約が良いと思います。

家の見学(インスペクション)は個人と公開の2種類

日本で家を見学する場合は個人単位で行いますが、オーストラリアはオープンインスペクションと呼ばれる集団見学が一般的です。

オープンインスペクションは、アパートや家に見学の日時が設けられていて、興味を持っている人たちが一斉に集まって見学、質問をします。

家を探すなら契約しやすくて安い、冬がいい

オーストラリアの1年でもっとも儲からない時期が冬(5月〜9月)のシーズンです。
冬に引っ越しをする人が少ないので、ライバルが少なく家のオーナからすると一年で一番テナントを選べない時期なので契約がスムーズです。レントも1年の内で一番安い傾向があります。

反対に、家のオーナ側から一番忙しい時期が夏シーズン。このサマーシーズンは家の取り合いになります。レントも1年の内で一番高くなる時期。僕たちテナント側からすると、ライバルが多いわけで、オーナからすると選びたい放題なわけです。

家の契約の際は1ヶ月の敷金だけ。

契約は1週間分のレント支払いと、1ヶ月分のボンド(敷金)だけになります。
日本のように、敷金何ヶ月、礼金何ヶ月と言うような法外な金額を用意する必要がありません。

ボンドも特に何も無ければ戻ってくると言われていますが、やっぱりそこは商売。日本と同じ様にイチャモンを付けられて返ってこないケースが多々あるので注意が必要です。

他のブログでは、「日本と比べてオーストラリアはボンド管理が政府主導でしているので安心」とか書かれているものも見受けられましたが、そんな事はありません。逆に請求されるケースもあり、気持ち日本よりはマシくらいに思っていたほうが良いです。

ボンドを返してくれる良いエージェントの見分け方

ボンド(敷金)が返ってくるかどうかは、賃貸エージェントの良し悪しで決まります。

評判(レビュー)の低いエージェントはボンドを返しません。逆に請求してくることさえあります。

そこで、エージェントの評価の仕方を書きます。

Domainの場合、エージェントの名前はプロパティ・マネージャーの名前の下に書かれています。
オーストラリア リアル エステート エージェント 調べ方


この名前をGoogleProduct Review.comを使い検索をするとレビューを知ることが出来ます。
僕が10以上の賃貸エージェントを調べた結果、レビュー評価が4以上のエージェントはボンドのトラブルが殆どありません。ある場合でも納得できる会社側の理由がありました。なので賃貸エージェントのレビューが4以下の場合は選ばないほうが良いですね。

Google Viewを使った場合はこの位置。

Product Reviewを使った場合はこの位置。

コメントを投稿

0 コメント