【永住権の仕組み】スキルセレクトとEOIをハッキリさせる

永住権 仕組み スキルセレクト EOI

スキルセレクトって何?
EOI (Expression of Interest)って何?

オーストラリアの永住権について調べていくと必ず出てくるこの疑問。
移民局のページを読んでも、何となくでしか分かりせんよね。

今回、この疑問に答えを求めていきたいと思います。
  • スキルセレクトは「永住したい人」をスカウトするサービス
  • スカウトされるためにはEOIを提出する
  • 永住権の申請基準を満たしていないEOIはゴミ同然
  • スキルセレクトを使う永住権は5つ
    - スキルセレクトを使う必要がない永住権もある
  • スキルセレクトから招待されて、やっと永住権の申請
  • 永住ビザの60日以内申請ルール

スキルセレクトは「永住したい人」をスカウトするサービス

永住権欲しいですよね?
同じ様に永住権が欲しい人を見つけたい人もオーストラリアには沢山います。

人口が少なくて労働者を見つけにくい地方や田舎でビジネスをしている企業は人を雇いたいにもかかわらず雇えないという苦しい状況。

そんな企業さんが、優秀な技術者や労働者を見つける場所が、スキルセレクトです。

スキルセレクトで見つけた人材に、永住権のスポンサー(指名)になることで、あなたが永住権を申請できるようになります。

永住権を申請したい「あなた」と優秀な労働者を雇いたい企業や州政府のマッチングシステムみたいなものですね。

スカウトされるためにはEOIを提出する

永住権をスカウトしたい人は永住権が欲しい人を検索出来なければお話になりません。

そこで登場するのが、EOI (Expression of Interest)。
EOIは永住権が欲しい人がスキルセレクトで検索されるように申請する行為なわけですね。

EOIは「興味の表明」と僕は意訳しています。どの永住ビザに対して興味を持っているのか、それをスキルセレクトに表明するわけで、もし興味のある永住ビザが2つあれば2つに対してEOIを提出することが出来ます。

EOIは無料でスキルセレクトに提出する事が出来ます。
無料でEOIを申請出来るのであれば全ての永住ビザに対して提出したいところですが、そんなに甘くないのがこの世の中。

永住権の申請基準に満たしてないEOIはゴミ同然

EOIの提出はいくつでも出来ますが、提出したからと言って永住権のスポンサーが見つかるという訳ではないんですね。

それぞれの永住権には独自の合格基準が設けられていて、技術独立ビザだとポイントが何点以上、職業はこれだけ!と指定されています。

この合格基準に達していないEOIに対して永住権のスポンサー(企業や州政府)が見つかったとしても永住権を申請する事が出来ないので提出したEOIはゴミ同然の価値になります。

スキルセレクトを使う永住権は5つ

数ある永住権の中でも、5つのビザはスキルセレクトを通して申請する必要があります。
  • 技術独立ビザ(サブクラス189)
  • 技術指名ビザ(サブクラス190)
  • 技術地方ビザ(サブクラス489)
  • ビジネス’タレントビザ(サブクラス132)
  • ビジネス・革新・投資ビザ(サブクラス188)

スキルセレクトを使う必要がない永住権もある

企業や州政府が永住権のスポンサーになる方法は、スキルセレクトを通してだけではありません。

会社で働く従業員に対して、直接ノミネーションを行うことが出来ます。州政府に対しても同じです。

この場合、スキルセレクトを使う必要がなく、EOIの提出も必要ありません。

下の4つのビザはスキルセレクトを使わなくても永住権ビザを申請出来ます。
  • 雇用主指定ビザ(サブクラス186)
  • 地域技術移民ビザ(サブクラス187)
  • 就労ビザ(サブクラス482、サブクラス457)

スキルセレクトから招待されて、やっと永住権の申請

EOIを提出した後、スキルセレクトを使って企業や州政府が永住したい人を見つけると、その人はInvitation(招待)のメールを受けます。

この招待があって初めて永住権が申請できるようになります。

これまでの話の流れをまとめると、永住権の申請は3ステップを踏む必要があります。

EOIの提出 > 招待 > 永住権の申請

EOIは永住権申請の初めの第一歩なわけです。

永住ビザの60日以内申請ルール

スキルセレクトから招待を受け取り、晴れて永住権のスポンサーが見つかった場合、採るべき道は一つです。

永住権の申請!

永住権の申請はスキルセレクトから招待を受けてから60日以内に行わなければいけません。

この60日以内に永住権の合格基準に達している必要があるので、ポイント制の永住権を申請する場合はポイント合格ラインに達している必要があります。

技術査定(スキルアセスメント)、英語の能力の証明も同じことが言えます。

関連記事:【ビザの仕組み】永住権や就労ビザに必要なスキルアセスメントに迫る!


つまり、現実的に考えて、EOIを提出する前に自分が申請する永住権のビザの合格基準に到達している必要がありますね。

コメントを投稿

0 コメント