配偶者ビザの第一ステップ!申請の条件まとめ|AUSから申請の場合

パートナービザの申請はテンポラリーのパートナービザを申請後に永住権の本申請の流れを得て初めて発行されます。この初めのステップがテンポラリー・パートナービザです。

このテンポラリービザはパートナービザと呼ばれており、サブクラス820です。永住権用のパートナービザを申請するための第一ステップのビザです。永住権のパートナービザを申請する誰もが通らなければならない段階ですね。また、申請中は無期限にオーストラリアに働きながら住める。

2019年4月までにパートナービザが法改正します。改正の結果、審査が2年待ちでブリッジンブビザが発行されないのでできるだけ早く申請することをオススメします。

次のページ > ビザを延長するビザ。4つのブリッジングビザを徹底解説

パートナービザはオーストラリア国内から申請する場合と日本国内から申請する場合でサブクラスが変わってくるので注意してください。

今回はこのパートナービザがどんなものなのかについて紹介します。

それでは移住の授業に参りましょう!

配偶者ビザのメリット

パートナーが見つかれば比較的簡単にビザを申請できます。配偶者ビザの申請のために実際に結婚をしている必要はありません。一定期間彼氏と生活をともにすることで申請条件を満たせます。*
* 銀行口座を共同所有しているなど、一定の条件はあります。

このビザは働くこともできるので、わざわざ学生ビザ短期観光ビザ長期観光ビザでオーストラリアに滞在する必要がありません。お金の節約にもなります。

申請後は語学学校で英語の授業を510時間分、無料で受けれます。またメディケアの対象にもなるのでオーストラリアで本格的に生活を始める雰囲気を感じられます。

このビザをオススメしたい人

オーストラリア市民権を持つ彼氏、永住権をもつ彼氏がいる場合で1年以上関係がある場合は申請の可能性が高いのでオススメです。また効率よくお金を稼ぎながらパートナーと生活をしたい人。

このビザは働けます。学生ビザで語学学校の授業料を払いながら2週間でたったの40時間しか働けないビザよりも、配偶者ビザで思いっきり働くほうがお金もたまります。何より結婚費用や新しい生活のためにお金を効率よく貯めることも。*
学生ビザでも40時間働ける条件があります。

このテンポラリー・パートナービザの申請待ち時間は24カ月です。対して婚約者ビザは12カ月程度なので、なるべく早く仕事ができるビザで彼氏と一緒に生活を始めたい場合は婚約者ビザの申請をオススメします。

配偶者ビザのメリットやオススメできる人がわかった所で具体的な申請条件に話を移しましょう。

申請条件

スポンサー

生活するためのアコモデーション、お金の援助をしてくれる彼氏が必要です。スポンサーと呼ばれています。配偶者ビザですから、そのあたりは当然といえば当然ですね。

その方はスポンサーの申請をパスしなければ、パートナービザを申請できません。スポンサーはオーストラリア国籍・永住者のスポンサーが必要です。

そのスポンサーになる方は、過去に犯罪歴がないことが前提です。このあたりは婚約者ビザと少しちがっていますね。

パートナーとの関係を証明

信頼できる彼氏・彼女・配偶者であることを証明しなければなりません。

結婚証明や事実婚の証明が一般的です。

証明の内容は銀行口座を共同で所有する、同じ家で生活している、今後も関係を維持発展させていく意思がある事を書類で証明していきます。

事実婚の証明も同じです。

キャラクターテスト

過去に犯罪を犯した事が無い証明が必要です。提出が必須とは限らずビザ申請後に提出しても構いません。

必要である場合は移民局から連絡が来ます。その際にはオーストラリアと日本、そして過去10年間に1年以上滞在した全ての国の無犯罪証明書を移民局に提出する必要がありま

申請費用

7,160ドルです。子供を含める場合は申請費用が高くなります。

待ち時間

申請者の75%は21カ月で結果がわかります。

申請者の90%は28カ月で結果がわかります。

年齢

18歳以上です。

ビザのキャンセル

過去にビザがキャンセルされた事がない人が対象になります。された場合でも不服申立てをしてそれが認められた場合はビザの申請に影響がありません。

バツあり子持ちの人

子供を婚約者ビザに含めれます。申請費用は人数と年齢によって変わります。

結婚前やビザ申請中に授かった場合や出産

婚約ビザの申請中に子供を授かった場合や出産をした場合でも、その子供をビザに追加できます。

移住についてアドバイス

配偶者ビザの申請はパートナーとの関係が正真正銘だと証明する為の書類集めに時間をしっかりかけてください。最近オーストラリア政府はパートナービザの結婚詐欺や不正に対する感度を上げています。実際にそういった事件があることが背景ですのでできるだけ移民局を信頼させられる書類を提出してください。

次のページ > ビザがキャンセルされる統計

このビザは永住権用のパートナービザを申請の発行がされるまで滞在することができるのである意味、永住ビザへのハシゴの枠割をしていると言えるでしょう。

注意することは、このビザを申請した後にパートナーと別れた場合の事です。同じ婚約者ビザを申請した場合、より厳しい審査が行われる可能性があります。

永住したいと思うすべての人に幸運を。

スポンサードリンク

コメントを投稿