ビザエージェントの評価。オススメ「できる・できない」移民エージェント

オーストラリア移住にビザ申請。自分の人生をビザエージェントに預けるだけにエージェント選びはとっても慎重になりたいところ。

ちょっとしたことや詐欺まがいのエージェントに引っかかり、これまでの努力が水の泡になんて悔やんでもくやみきれません。

これまでボクは4つの移民エージェントとビザの手続きについて実際にやり取りをしました。エージェントもピンからキリまであります。またこのブログを長く運営しているとお問い合わせの方から嘆きのメッセージもいただきます。

ボクがエージェント選びを考える上で良いエージェントかどうか判断するには情報量が必要だと思い徹底的にたくさんのビザエージェントさんにメールを送りました。

今回の記事はボクがこれまで調査したエージェントを評価すると合わせてお問い合わせの方から嘆きのエージェントについて紹介していきます。

それでは今日もアツく語っていきましょう!

エージェントの評価基準はシンプルに

ボクがオーストラリア移住を計画したときから将来のビザ代行エージェントを選ぶためにたくさんのエージェントさんと連絡をとりました。

その際に気をつけたことはできるだけ簡単に評価できるようにしたい。

それを踏まえて、ボクはシンプルにエージェントに下の状況を伝えてどういった「反応」がエージェントから返ってくるのかで評価しようとしました。

  • 簡単な自己紹介
  • 職歴
  • 資格
  • 貯金
  • オーストラリア永住をしたいことを伝える

さてそれぞれの反応はどうだったのか。そしてそこからエージェントを評価していきます。

【勝手にエージェントを評価】オススメ「する・しない」

まずはじめに、ここでの自己評価は2014年に調査した内容です。数年もたてばそれまでの間に会社の中で働く従業員の入れ替わりや経営体質も変わっていると思うので最後は自分の目でしっかりと確認してくださいね。
また、もしかするとボクの担当をしてくれた方のたまたまだった可能性もあるので、一概に「このエージェントはこうだ」と言えませんが前知識をもって連絡をしてみると良いと思います。

オススメできる移民エージェント

オーストラリアン・ビザネット

オススメできます。ビザを申請してパスする可能性が低い場合は正直に教えてくれます。
これまでやり取りしたビザエージェントの中で一番信頼できそうなビザエージェントさんでした。

やり取りは西尾さんという方と行いますが、MARNだけではなくMIAに登録されている人なので正確な情報を提供してくれると思います。

ただし、エージェント代行料が高い。

クロス・オーストラリアン・ビザ

状況を踏まえた提案があり、信頼できそうでした。
やり取りは2,3回だけでしたが信頼できそうです。連絡を取りたい方はどうぞ。

オススメできない移民エージェント

オーストラリアに本気で移住をしたいボクたちの立場に立ったアドバイスがなかったエージェント様をご紹介しております。

お金儲けのための「留学・ワーキングホリデー押し」のエージェント、ボクの質問をオーストラリアのエージェントに丸投げしている移民エージェントが主だったものです。

当ブログ、おーすとらりあ移民局」ではまったくオススメできないエージェント様を載せていますが、今は状況が変わっているかもしれません。

ご興味の方はご連絡をとるのもいいかと思います。その際はMARNに登録されている人と必ず直接やり取りをしてくださいね。

Cultural Training Service Australia

オススメしません。ビザ申請するときには、アドバイスを含む全てのやり取りをFujimura氏と行う可能性があります。
ビザのアドバイスは必ずShinkai氏と直接やり取りをしてください。

2019年更新:これまで当ブログにお問い合わせ頂いた方もCTSさんを使って大失敗されていました。ビザ申請ができる可能性が低いにもかかわらずS489ビザのオススメをしていました。

AOM Visa Consulting

質問の答を無視して永住は無理と言われる。
さらにワーキングホリデービザ押し。

Aegis

メール返答あり。やっつけ感ありまくり。ここはなし。

株式会社アエルワールド

メール返信があり。留学を押しまくる。そして金額が大幅に高い。

NBC オーストラリア

メール返信があり。追加情報を求められたので提供した後、音信不通。

My Stage

英語での質問を送ってほしいと、日本語で求められました。

Staff Solutions Australia Pty,Ltd

英語での質問を送ってほしいと、日本語で求められました。

Ben Aylen

英語での質問を送ってほしいと、日本語で求められました。現在はエージェント業をしてないようです。

Blue Travel

英語での質問を送ってほしいと、日本語で求められました。

質問に対する返信がなかったエージェント

ここで紹介するエージェント様はアドバイスを頂けなかったケースを紹介しています。

メールが届いていないのか無視されているのかはわかりません。もしかすると「お金にならない」と思われた可能性もあります。

ご興味のあるかたは一度連絡してみるのは良いかと思います。ビザのアドバイスは必ずMARNに登録されている人から受けてくださいね。

移民エージェントを選ぶと時に絶対に確認すること(まとめ)

オーストラリアではビザのアドバイスは資格を持った方しか許されていません。まずはエージェントの担当者様がMARAとして登録されているかどうか確認してください。

もし資格がなければアドバイスは信頼できないと考えましょう。ボクの失敗談はこの点を大きく見余って大失敗をしました。

エージェントからみのニュースを見ていても資格を持っていない方からのアドバイスやビザ申請代行で大失敗されている記事を見かけます。またオーストラリアでビジネスを許されていないエージェントの取締も強化されていることを考えると自分の人生に関わる部分に大きなリスクはおかせません。

ビザ代行エージェントだけでなく、留学エージェントも詐欺まがいのビジネス活動で注目されるようになってきました。

自分に合うエージェントを見つけるのはある意味、自分の人生を預けるようなものなので慎重になってくださいね。

次のページ > 失敗するエージェントの特徴とボクの体験

コメントを投稿