オーストラリアでペットを家で飼うときに注意する事は?

かわいいペットと一緒に住めるなんてまさに理想のオーストラリア生活。ただペットが飼える家を見つけるのがここオーストラリアでは難しいのが現実。

オーストラリアでペットと一緒に住んでいる世帯の割合は驚きの63%。半分以上の人がペットと生活を共にしています。その中でもペットとして人気のあるイヌやネコを飼っている人はペット家族の68%。

そして彼らが別の家を見つけるときにはとんでもく大変な苦労をされて家を見つけます。

今回は家のオーナーがペットを飼うテナントを嫌がる理由について書いていきたいと思います。

ハウスオーナーがペットを嫌がる6つの理由

リースやマンスリー・シェアハウスに使う家は住居に使っているだけではありません。中には投資用に購入した家もあるのです。

将来売りに出す家は高く売りたいですよね?またなるべく売りに出すまでに掛かるランニングコストは抑えたいもの。

そんな将来、売りに出される家が安くなるようなことは嫌います

ハウスオーナーにとってペットを飼う事で家のメンテも増えてくることは

  • 毛などのカス
  • 汚れ
  • 酷い臭い
  • 鳴き声(近所迷惑)
  • 損傷

上記の理由はテナント(家の借り手)が退去した後にかかる補修の作業とコストが高くなる原因。さらに家を売るときに安くなる理由でもあります。

そんなこんなで、ハウスオーナーにとってとてつもない恐怖なのです。

次のページ > 永住権を目指したある人の体験談。失敗から学ぶ永住の方法とは?

ペット用に追加でボンドを取る

これは俗にペットボンドといわれています。

ペットボンドはオーストラリアの地域(州・テリトリー)で決められたルール以上の事はできません。

例えば、南オーストラリア州では4週間以上のペットボンドを請求するのは無理です。また西オーストラリア州では$260が最大で要求できるペットボンドです。

こういった制限があるからこそ、ハウスオーナーはペットボンドで補修が賄えるのかと不安なのです。

ただし、どの地域でもテナントが退去する際にペットの匂いの除去を要求することはできるのは救いです。

次のページ > オーストラリアで一度は経験するシェアハウスのトラブルは?前もって知る!

ハウスオーナーとの交渉術は

もしペットと共に生活したいのであれば、レント後に家が汚れたり傷がつきにくいように対応するといえば、家や部屋の貸し手としては多少は安心です。
どんなことをするか、それは

  • 汚れてもいいようにカーペットを敷く
  • 匂いを充満しないように換気をよくする

さらに部屋の状態を半年に1回くらいの間隔で確認してもよいと言えばさらに◎。

次のページ > オーストラリアで節約してたくさんお金を貯める考え【家賃1万円でした】

どうしてもペットと一緒に住みたいときの裏ワザ

じぶんの介護や体の障害をサポートするためにペットが必要な場合、ハウスオーナーはペットを理由にお部屋や家を貸すことを拒否できません。

これをうまく使えばもしかしたらゴリ押しできるかもです。

決してボクはおススメしていないことを一言しておきます!笑

次のページ > オーストラリアで一度は経験するシェアハウスのトラブルは?前もって知る!

オーストラリアに移住したいと思う人に幸運を。

*ツイッターではブログで記事にできない移民法のニュースを配信しています。良ければフォローをお願いします!
情報元:Why Most Landlords Fear Tenants With Pets

コメントを投稿