家が完成しない!というか欠陥か?そんな時の保険がある。Builders Warranty Insurance

オーストラリアで苦労して夢のマイホーム契約をしても家がちゃんと完成しないこともあります。そんな最悪のケースから大切なお金を守るのがBuilders Warrantly Insurance。

実はこの記事を書くきっかけになったのは、ボクの長年の夢、オーストラリア永住権まで後一歩のところに来ているのでそろそろ家の購入のことも考え出したからです。

そんなムフフなことはさておいて、今回の記事はオーストラリアで家の購入した人を守るための保険、Builders Warrantly Insuranceについて書いていきます。

それでは今日もウメとアツく語り合いましょう!
  • Builders Warranty Insuranceとは
    - 保険料の支払いタイミング
  • どんなときに保険が適用?
    - 家の完成後に欠陥がある
  • 州ごとに保険の内容が変わる
    - 欠陥住宅が少ないのはクイーンズランド
  • 州ごとの保険内容!
    - ACT州
    - NSW州
    - NT州
    - QLD州
    - SA州
    - WA州
    - TAS州
  • ウメ太郎から一言

Builders Warranty Insuranceとは

直訳すると建築保証保険と言います。オーストラリアでは家を建てる建築業者のことをホームビルダーと呼びますが、その建築業者が何らかのトラブルで仕事を最後まで完結できないときに適用される保険です。

トラブルは家が建たなかった時や欠陥住宅だった時、そして建設業者の会社状態などさまざまです。

Builders Warrantly Insuranceは州によって呼び名や具体的な保険の内容が変わります。

さすが、オーストラリアの行政を州で管理していると、同じ国と言えど州は別の国のようにルールが違いますね。

この保険は
  • 家を建てる
  • 家のリフォーム
をする際に保険契約をします。タスマニア州だけが保険契約をするか自分で決められますがそのほかの州では保険契約が必須です。

保険料の支払いタイミング

保険の契約は家の建築に直接関わるお金を支払う前です。例えデポジットであってもそれを支払う前に保険を契約するのが常なので注意してください。

どんなときに保険が適用?

ホームビルダーが最後まで受けた家の建築をできないケースとしては
  • 会社が倒産
  • 夜逃げ
  • ライセンスが剥奪(不正などによる)
  • 建築会社のメンバーが死去
などが一般的です。

最後の「建築会社のメンバーが死去」はかなりレアなケースだと思いますが、オーストラリアは個人でも家の建築ビジネスをしている方もいるので、病気などによるケースも含めると無視できない可能性なのでしょう。

家の完成後に欠陥がある

家のキーを受け取った後に欠陥を見つけた場合も保険でカバーされます。

その際のポイントは「どの部分の欠陥」なのか?
それによって保険のカバー期間に含まれているのか、保証される金額も変わってきます。

欠陥は大きく
  • 住宅の構造や設計の問題
  • 上記以外の欠陥
に大きく分けられています。

構造や設計上に欠陥は家の枠組みや基礎部分にある問題です。その場合はどの州でもおおよそ6年間保証しています。(structural defects)

構造や設計以外の欠陥は、レンガで作られたたPrasterWorkとったレンガを積んだ後に塗ったりする作業や、家の敷地と道路や隣の家との壁の問題だったりなど、家そのものの構造的な問題でないタイプです。このタイプの保証期間はおおよそ2年です。(non-structural defects)

外部リンク: Structural & Non Structural Defects in Building Construction

実際の保険期間や保険の内容は州ごとに変わってきますのであくまで一般論だと考えてください。

ただ、知りたがり屋のボクは州ごとの違いを記事の最後にまとめています。

州ごとに保険の内容が変わる

Builders warranty schemes differ significantly between different states and territories, and have been the subject of a lot of passionate debate, criticism and (in some states) significant change in recent years.
Builders Warrantly Insuranceの保険内容は州ごとに決められていてオーストラリア全土で統一されていません。ただ議論は盛んに行われているみたいで、ここ数年でカスタマーを守るための保険内容が強化されているようです。

欠陥住宅が少ないのはクイーンズランド

クイーンズランド州は建築保証保険についてかなり厳格に取り決めをしているようです。建築に関わる作業をすべてライセンス化することで欠陥住宅の数を減らす取り組みもしています。

また、家をたてる上でリスクになりそうなことを文書化し建築会社が把握できるようにしているので、そもそもとして欠陥住宅が置きにくいシステムになっています。

それもあってか、クイーンズランドの保証期間は短めです。

ちなみに、保険の管理はBuilding Services Authority (the BSA)がしています。

州ごとの保険内容!

それではそれぞれの州ごとにどのように保険内容が違うのか見ていきましょう!

ACT州

保険の名前

Home warranty insurance

保険契約が必要な金額

$20,000

保証期間 (構造的な欠陥)

6年

保証期間 (非構造的な欠陥)

2年

保険でカバーされる金額

$85,000



NSW州

保険の名前

Home warranty insurance

保険契約が必要な金額

$20,000

保証期間 (構造的な欠陥)

6年

保証期間 (非構造的な欠陥)

2年

保険でカバーされる金額

$340,000


NT州

保険の名前

Residential building insurance

保険契約が必要な金額

$12,000

保証期間 (構造的な欠陥)

6年

保証期間 (非構造的な欠陥)

1 year

保険でカバーされる金額

$200,000

QLD州

保険の名前

Home warranty insurance

保険契約が必要な金額

$3300

保証期間 (構造的な欠陥)

7 months

保証期間 (非構造的な欠陥)

7 months

保険でカバーされる金額

$200,000

SA州

保険の名前

Building indemnity insurance

保険契約が必要な金額

$12,000

保証期間 (構造的な欠陥)

5 years

保証期間 (非構造的な欠陥)

5 years

保険でカバーされる金額

$80,000

WA州

保険の名前

home indemnity insurance

保険契約が必要な金額

$20,000

保証期間 (構造的な欠陥)

6 years

保証期間 (非構造的な欠陥)

6 years

保険でカバーされる金額

$100,000

TAS州

タスマニア州には保険がありません。

ウメ太郎から一言

今回はボクが家を買う事を考え出したので住宅の保険についてまとめました。

オーストラリアのほとんどの州で家が完成しない、または欠陥があるの保険があることがわかりホッと一息です。

これで安心してオーストラリアで家が買えますね!

オーストラリアに移住したい人に幸運を。

次のページ > 高まる住宅ローンリスク。これで住宅価格を下げることができるか。

参考にした記事: What is 'builders warranty insurance'?, Home indemnity insurance


コメントを投稿