まるごと!IT系技術査定の為の科目。これから技術査定を受ける方に

IT系の技術査定をパスする為に僕が選んだ科目を全部紹介します。これからオーストラリア移住を見据えて大学に入学しようとしている方に参考になると思います。

オーストラリアで永住権を狙う為には技術査定が必要です。僕の場合はANZSCOコードの内の「Developer Programmer」を認定してもらう予定だったのですが、その為には大学卒業が必要ということで通信制大学に入学しました。

いちばん大事なのが科目。選択した科目と技術査定の結果は直結します。

2019年更新技術査定で無事にANZSCOコードが認定されましたので自信をもって大学の科目を公開できます!

大学で選択した科目

包み隠さず選択した科目全て公開します。「基礎」のグループにある科目は1,2年次に履修する内容です。同じように「応用」は3年次の生徒が履修する難易度。そして「発展」は4年次に履修するべき科目となります。

発展(4年次)

  • ソフトウェアエンジニアリング
  • サーバ構築演習
  • 人工知能の基礎
  • コンピュータネットワーク
  • オブジェクト指向言語Ⅰ
  • オブジェクト指向言語Ⅱ
  • 音声情報処理
  • 情報職業論
  • データ通信システム
  • データベース技術
  • データベースシステム
  • ネットワークセキュリティ
  • ITマネジメント
  • ソフトウェア開発技術論
  • e-ビジネス総論
  • 知的所有権論
  • アントレプレナーシップ
  • ERPシステム

応用(3年次)

  • 医療制度と医療情報システム
  • 知識マネジメントとその応用
  • プログラム言語Ⅰ
  • ディジタル画像概論
  • データ伝送のしくみ
  • インターネットアプリケーション
  • システム設計演習
  • 情報システムの設計
  • オペレーティングシステム
  • アルゴリズム
  • プログラミング言語の仕組み
  • プログラミング基礎
  • 情報システム学概論Ⅱ
  • 情報システム学概論Ⅰ
  • プログラム設計

基礎(1年次)

  • オペレーティングシステム基礎論
  • コンピュータアーキテクチャ
  • 基礎数学

ボクが特に注意して選んだのは科目のレベル。できるだけ大学1年や2年生が選択する科目は選ばず、3年、4年生が選ぶものにしました。

というのもボクは専門学校を卒業して2年次編入しているわけですから大学の学位としてスキルアセスメントをパスするには3年次以上の科目が必要だと思ったからです。

学科

システム情報学科を選びました。科目だけではなく学科もアセスメントと関係がないといけません。

技術査定に強い大学は北海道情報

IT系スキルアセスメントの査定機関は北海道情報大学の通信課程 を正規の大学として認定してもらうことが出来ます。

通信制なら卒業までの費用も安く、オーストラリアに滞在中でも卒業できるのでとってもメリットある方法です。

移住についてのアドバイス

ぼくの場合は北海道情報大学に3年次編入しました。この場合は2年での卒業になります。

一時はどうなるかと思った音声情報処理も合格することができ、今日残り全ての試験をパスすることが出来ました。

通信制を卒業する為には相当頑張らなければいけません。最低2年は掛かります。オーストラリア永住のためにそこまで頑張れるか、自分への再確認になるかも知れませんね。

移住を見据えて大学を入学する場合は出来るだけ早く行動することをオススメします。

おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿