入国拒否されない為の準備

オーストラリアの入国拒否対策
オーストラリアは人口の4割近くが移民です。それだけに移民絡みの諸問題はたくさん抱えており入国管理が他の国より厳しく設定されています。

不思議なことに、ビザを持っているからと言って必ずしも入国が出来るとは限りません。実際、観光ビザやワーホリのビザが問題なく発行されたにもかかわらず、入国時に拒否をされるケースもあります。

せっかくオーストラリアに着いたのに入国まであと1歩の所で拒否されるのはたまったものではありません。

今回の記事は、オーストラリアの入国拒否について書いていきたいと思います。

  • 不法労働や不法滞在を疑われるとアウト
  • 違法労働が「あたりまえ」な現実
  • 入国拒否された人たち
    - オーストラリア出国後、数日後に再入国
    - 十分な滞在費がないまま入国
    - ワーホリの後に観光ビザで入国
    - ワーホリ(セカンドビザ)の後に観光ビザで入国
  • 入国拒否されると3年間出禁になる


不法労働や不法滞在を疑われるとアウト

入国拒否される主な原因は不法労働や不法滞在に対しての懸念を取り除けなかったことです。

オーストラリア政府は不法滞在と不法労働に対してかなり厳しい態度をとっており、たとえ短期の観光ビザでも状況によっては入国を拒否されます。

この「旅行者が不法労働するかどうか」の判断は、訪問者にある程度パターンがあります。
  • 滞在中の生活費が極端に少ない(数万など)
  • 長期滞在した後に入国した場合
  • 日本に戻る帰りのチケットを買っていなかった場合
  • ワーホリのビザを過去に持っていた場合

帰りのチケットを買っていない場合は不法滞在の可能性を疑われても仕方がありませんし、十分な滞在費がなければ、不法労働を疑われてしまいます。

違法労働が「あたりまえ」な現実

ただ、不法労働に対してはオーストラリア国内に問題があると僕は考えています。

オーストラリアの人件費には、「時給+年金積立」が義務付けられています。
雇用者は短期の外国人労働者であっても年金積立を支払わなければならず、それが給料の手渡し(違法のキャッシュジョブ)を促していると見ています。

手渡しにすれば、最低時給や年金積立をオーストラリア政府に支払う必要がありません。
経費削減できる事になるので、思った以上に違法労働が普通に行われています。

この違法労働の懸念が、オーストラリア入国拒否のリスクになっていますが、逆に考えると、この疑惑をしっかりと払拭できる事を政府に示すことが出来れば、入国拒否にはならないと考えています。

そこで、過去にビザを持っていたにもかかわらず入国拒否されたケースを紹介します。

入国拒否された人たち

僕が入国拒否に関する問題を調べ始めたのは、オーストラリア移住に向けての準備としてです。

移住ブログや某質問掲示板などで情報を片っ端から集めてみると、どうやら入国拒否になられている人の多くはワーキングホリデーのビザを取得された経験がある人が大半でしたがそうでないケースもありました。

入国拒否されたケースを紹介したいと思います。

オーストラリア出国後、数日後に再入国

今お持ちのビザの滞在期限が切れ、オーストラリアに出国後に海外で数日間、過ごしてオーストラリアに再入国(観光ビザ)されようとした方がいました。

この方は、ニュージランドに1日だけ滞在し、そこからオーストラリアに再入国を試みましたが「ニュージランドに滞在したのが1日だけというのは不自然」ということで不法労働を疑われ入国禁止になりました。

十分な滞在費が無いまま入国

観光ビザでオーストラリアに入国しようとしましたが、十分な滞在費を持っていなかったために入国直前で拒否をされ、帰ることになりました。
帰りの飛行機チケットを持っていなかった事も原因で、不法滞在と不法労働を疑われる結果になっています。


この人のケースは、オーストラリアに夫が住んでいるにもかかわらず、入国拒否をされました。

この人は観光ビザの申請時に、オーストラリア滞在中に経済的に面倒を見てくれる「夫」の存在をちゃんと申告していなかったのだと思います。

僕も、ワーキングホリデービザとセカンドビザで2年住んだ人をその後に観光ビザで招待しました。
その時に、僕の銀行口座の残高と、滞在中に生活費を支払うのは僕だという事をしっかりと申告したお陰で無事にビザがおりました。

ワーホリの後に観光ビザで入国

観光ビザで入国する直前にワーキングホリデービザで1年もオーストラリアに滞在している場合は高リスクで入国拒否されていました。

関連記事>>短期観光ビザの基礎知識
関連記事>>長期観光ビザの基礎知識

入国管理局の検査官からすると、1年もワーキングホリデーでオーストラリア中を刊行しているはずなのに、なぜ観光が必要なのかと普通に疑問にわくわけです。

関連記事>>ワーキングホリデービザの基礎知識

ただ、これには回避できる方法があり、ビザとビザの感覚を1カ月か2カ月開けることで入国拒否にならずに済みます。必ず入国できるという保証はありませんが、ワーホリから観光ビザで入国するまでの期間を数カ月開けることで、不法労働の疑惑を和らげることが出来るからです。

ワーキングホリデーから観光ビザに切り替えるかどうかはまだ悩んでいますが、一般的には学生ビザを利用する方が入国の可能性が高まるらしく、僕はそうしようと考えています。

関連記事>>学生ビザの基本的な知識

ワーホリ(セカンドビザ)の後に観光で入国

1回目のワーキングホリデーからセカンドビザに切り替えた際には入国拒否の可能性が低いですが、中には、ファームで働いた証明書がコピーだったというだけで入国が拒否された人がいました。

入国する人全員に対して書類をチェックすることは難しいと思うので、おそらく、オーストラリアの入国管理の検査官はランダムにチェックしていると思われます。

入国時に、入国管理局の人から書類は偽造出来る可能性があるので写真がほしいと言われましたが、その方は提出できずに入国拒否されました。

念のために正式な書類を持っていったほうがいいですね。

入国拒否されると3年間出禁になる

一度入国拒否をされると3年程度、オーストラリアに入国することが出来なくなるので、注意が必要です。

更に、帰りの飛行機は正規料金になるだけでなく、数日間空港内の留置所のような場所で過ごすこともあります。

一番やっかいなのは、一度でも入国拒否をされると、その後のビザ申請に悪影響が出てくるので、パートナービザや永住権の取得に問題が出てきます。

みなさん、注意ましょうね。

コメントを投稿

0 コメント