移住に必要なのは諦めない力。自分を信じれる人だけが手にする生活

オーストラリアに移住するために一番大事なことはなんだと思いますか?諦めない力。移住をやり抜く力です。学力でも職歴でも知能指数(IQ)でもありません。

移住に必要なのは諦めない力、やり抜く力です。途中であきらめるから夢が叶わない。諦めない限り移住する事は可能です。

今日はオーストラリア移住、海外移住を現実にするために一番必要な「モノ」について僕の考えを書いていきます。

移住はどれだけ継続できるか

継続は力なり。移住を夢から現実にするにはこの「継続」が一番重要です。ボクの場合は永住権の申請までに日本で4年の準備とオーストラリアで4年の生活がありました。それでもここまでこれたのは8年間、継続し続けたからです。

当然、移住するために何年も年月を掛けるわけですから、その途中で移住を難しくする出来事が起こります。

  • 移民法の改正
  • 家族の大事
  • モチベーションの低下
  • オーストラリアに対しての価値観の変化

そんな出来事にぶち当たるたびに移住が遠のくのでモチベーションの維持は欠かせません。

移住するためだけに集中する

ただひたすら移住の事だけを考えて、目標だけを追い続ける「集中力」も大事です。どのようなビザでオーストラリアに移住する計画なのかによってもどこに集中するべきかは変わります。

パートナービザを目指すのであれば、遊びまくることが大事かもしれません。ビジネスビザを目指すのであれば仕事関係のワークショップに参加し続けるのが良いのかもしれません。

とにかく、ビザに向かってひたすらやらなければならない事に集中してください。それができずに、途中で惰性に流されてしまうと夢半ばで帰国することになります。

母国に帰っていく現実

これまでシェアハウス生活が長かったこともあり、オーストラリアに移住したいと思う人とたくさん出会いました。そしてそのほとんどは自分たちの国に帰っていきました。そんな彼らの共通点は移住の準備をしていなかったこと。

オーストラリアに入国してから移住を目指す人が多い。そのためか日本での職歴やキャリアアップが全然されていない中からのスタートになる。そんな人たちの8割くらいの人はパートナービザで「あわよくば」と乗っかろうとするわけです。
それはそれで移住のための一つの手段として考えればまぁ良いのですがまず目指すべき方法はそこだと「先」がありません。だからこそ移住をすると決めてからの準備が大事なのです。

次のページ > 移住の為にあえて難しいビザを選ぶ理由。一番取りやすいビザを目指す方に

また、海外移住をしたい!と思う人が選ぶ国の一つにオーストラリアがあるが、ワーキングホリデーで入国する場合は毎日目的を見失わないようにした方が良い。さもなければただのフリーター人生で終わってしまう。

楽しければ良い。でも構わないがそれだけじゃ海外に移住なんてできない。好きや楽しい事が自分の将来を大きく変える事はあるかもしれないけど、現実はそんなに甘くない。

オーストラリアは楽しいと思う誘惑がいっぱいある。新しい環境、新しい友達、新しい価値観、新しい発見。ある意味すべてが新しい体験かもしれません。だからそれに流され移住の道がパートナービザ1本という「何とも言えない方法」になるのは正直イタイ。

中には見事パートナービザで移住成功!となる場合もあるけれど、ほとんどの人は結局、母国に帰っていく感じ。一人ひとりに確認したわけじゃないけれど、Facebookで今の生活を見てみると大体は母国に帰ってた。

ある韓国人のカップルはともに永住を目指してシェアハウスでお金を節約しながら暮らしていました。もうオーストラリアには4年目で「オーストラリアでの生き方」を知っているカップルです。そんなカップルも最終的にはあきらめてオーストラリアを去りました。

南米からきた留学生もビジネスビザを取得したいと思いオーストラリアで生活を始めましたが結局は同じ南米人と友達になり、楽しく過ごすうちに夢を忘れたのか途中で元居た国に戻っていきました。

とりあえず、が次の「とりあえず」を生む

ボクが住んでいたシェアハウスに新しい方が来ました。その方は日本で先生をしていて、「数年後に日本に帰ったらここでの体験を生徒に伝えたい」と言います。彼女は当時、「日本語の先生として働きたい」夢がありましたが、最終的にレストランで働くことを決めました。

結局彼女は、そのまま日本に戻ってしまいました。ただ、うれしいことにその方はワーキングホリデを続けるのかと思っていたのですが、日本で教育免許を取り先生として働いています。素敵ですね。

誰も信じず自分を信じる力

他人の考えより自分の考えを優先した方が良い。こと自分の人生を大きく左右するような事については一匹オオカミのような独り立ちが移住に必要です。

仕事がなかなか見つからなかったときに、たくさんの人がボクに「とりあえずお金を稼いだ方が良いよ」と言います。働いた方が英語の勉強になるとも言っていました。

ボクはそんな甘い話に適当に話を合わせ、ひたすら英語の勉強とスポンサーを探していました。

僕がワーホリでオーストラリアに来たのは、1年間の間働きながらビザのスポンサーを探せるからです。もちろんワーキングホリデそのものの目的もあります。異文化をしり、価値観を知る。

1つの妥協は新しい妥協を生む。そしてそのうちオーストラリアに移住する目的が自分にとって大切な事でなくなり、夢が叶わなくなる。ボクはここに遊びに来たんじゃない。僕は人生を変えに、永住するために来たんです。

この気持ちが大変な時でも自分を支えてくれました。

僕の信念は

人は夢を諦めて行動を止めてしまうから夢が叶わなくなる。

「絶対に諦めない力」、「自分の将来を信じる力」を持ち続けて、行動できる人だけが永住権を取得できるんだろうと思っています。
オーストラリア移住できるかどうかは、妥協や諦めの分かれ道に立った時に、その力が試されるのです。

オーストラリアに移住したいと思う人に幸運を。

コメントを投稿