オーストラリアでインターネットを契約する方法とコツ!

オーストラリアで家を借りたら、真っ先に契約するのがインターネット!だけど何をどうしたら良いのかわかりませんよね。

今回は、実際にインターネットを契約した僕がその方法とコツをシェアしたいと思います。

早くて手間いらずはデザリング

とにかく簡単にてっとり速くインターネットが使いたいなら電話会社のデータ通信を契約してデザリングすれば終わりです。

デザリングは携帯電話をWifiのルータにしてくれるもの。そのためモバイル通信の容量(GB)が付いている契約であればすべてのSIMが対応しています。

会社はCatchConnectOptusVodafoneLebara Mobileが有名どころです。

その中でも一番安い会社はLebaraモバイルです。1カ月ごとに更新するのであれば断然オトクですね。

1年契約でも構わないということであればCatchConnectがオススメ。一番安いです。

この携帯SIMをデザリングする場合には便利で安上がりですが若干のデメリットもあります。それはどこの会社でも容量(GB)に制限が掛かってあって最大で50GBが多い
家のインターネットとしてはギリギリの容量ですが、動画をあまり見ない人は余裕の容量なのでオススメします。
ただ動画を見る場合は最低でも200GBは欲しいところ。
そう考えると、WIFIとADLSや光ファイバーなどの大通信量に対応していているサービスを選ぶ必要があります。

ネットを使う人が2,3人なら、OptusのWIFIがベスト

契約がかなり簡単で、ハイスピードなネットを体験することが出来ます。

2019年現在、Oputsだけが200GB以上の通信量に対応していて、料金は200GBは1ヶ月60ドル、500GBは80ドルになります。

家でインターネットを使う人が2,3人なら200GBで十分です。

ただ、一日でYoutubeやラインやスカイプのテレビ電話を4時間以上見続ける場合は500GBにしてください。
この4時間以上というのは、ネットを使う人合計なので、家でネットを使う人が2人の場合は、一人2時間以上動画を見る場合は500GBにしたほうが良いということです。

4人以上がネットに使う場合はADLSか光ファイバーを選ぶ

ADLSと光ファイバーのプランは無制限の通信量に対応しています。4人以上の場合はほぼ確実に500GBでは足りなくなるのでADLSや光ファイバーの無制限プランを契約するのが無難です。

ちなみに、僕はADSL+というプランをTPGという会社と契約しました。後で説明しますがTPGはオーストラリア最悪の通信業者なので契約しないでください。

契約が簡単なADSLの会社はDodo

どのインターネット・プロバイダーでもウェブから契約が出来ますが、その中でも一番簡単に契約できるのがDodoです。

わずか3ステップで契約が完了して、その後はネットの機器を家まで届けてくれて、後は工事の日に一度だけ家に入れば完了です。

契約は自分の個人情報と住所、支払い方法をだけなので、わからない事がありません。もう一度言いますが、無制限のADSLがDodoだと超簡単に契約出来ます。


サポート力で選ぶならMate

オーストラリア最高の顧客満足度を誇っているのがMateと言うプロバイダーです。

Mateの素晴らしいところは、手厚いサポートです。どんなことでも親切にスピーディーに対応してくれます。チャットや電話で問題を解決してくれるので、英語が苦手な人はチャットを選べばいいだけ。

親切で丁寧なサービスでストレスを感じさせません。Dodoに並ぶ程の簡単な契約のフォームで入力時に迷うことは少ないでしょう。

手続きからインターネット開通までの流れは3ステップ

ウェブで契約(ステップ1)をした後、インターネットに接続する為の機器が家に送られてくるので設置します。(ステップ2)大体は送られた機械をコンセントにつければ完了です。

最後に、インターネットの会社は、インストールと呼ばれるネットの接続作業をします。(ステップ3)

とっても簡単。複雑なのはウェブで契約する時のフォーム入力がたくさんあって、どうしたら良いのかわからないというところだけです。

そんな僕たち英語が出来ない人にはDodoをオススメします。

住所と支払い方法を入力するだけで契約までできちゃいます。簡単すぎて怖いくらい。

意外と簡単なのでぜひDodoで契約してみてください。

オーストラリア最悪の通信業社TPG

業界最安値でインターネット接続を提供しているのがTPGという会社です。この最安値に騙されて18ヶ月契約をしてしまった僕は死に絶えました。

TPGは一ヶ月の契約料金は確かに業界最安値なのですが、Hidden Fee(見えない費用)が沢山隠されており、200ドルは追加で支払わなければなりません。
そうすると、その隠された手数料を18ヶ月で均してみると、1ヶ月あたり11時ドルも余分に支払うことになるのです。

しかもTPGの業界最安値というのは、業界で2番目の最安値のDodoよりたったの1セント安いだけ。

実はぼったくりとも言われるインターネット業者がTPGだったのです。

TPGの見えない費用

例えば、セットアップ料金という名目で80ドル徴収されます。他のインターネット業者はそんな物ありません。
また、TPGの電話回線を持っていない人はそこから更に20ドル徴収されます。

さらに!TPGがインターネットを家に設置する為に、僕たちに家にいろと言うわけです。一人暮らしの場合は有給を取るしかありません。これが半日になるので100ドルは消費している訳です。
しかも、家にいる意味がない。家にいたところで誰も来ない。何の連絡もありません。まさに詐欺というほかない。

インターネットに隠れたサービス手数料を設けているTPG。絶対契約してはいけません。

スポンサードリンク

コメントを投稿