ワーホリはエージェント「なし」でやるべき理由!自信とお金をセーブ

こんにちわ、うめ太郎です!

オーストラリアのワーホリエージェントなしで十分。エージェントってめちゃ高いです。

オーストラリア移住やワーホリエージェントは必要ありません。自分ひとりでも余裕でできます。

実際、無料エージェントをうたっている会社ほど料金が隠されていて、ちょっと怪しい。

今回は、オーストラリアで留学やワーホリはエージェントなし!を勧める理由について考えて行きたいと思います。

それでは今日もアツく語り合いましょう!

エージェントなしのススメ

ほとんどの留学エージェントは高すぎる。

中には無料をうたっているエージェントさんもいらっしゃるようですが、実はお金は語学学校への紹介料やホームステイの確約料、そして仕事を紹介した場合は時給の一部を抜いています

タダより高いものはない

エージェント会社の収入源は紹介料。語学学校、ホームステイや仕事の斡旋をするごとにボクたちが支払った金額の一部、または働いて手に入れた給料の一部がエージェント会社に行くわけです。


具体的にどれくらい費用が変ってくるのか、高いのかについては、はっしーさんが書いている記事「オーストラリアのワーホリにエージェントは必要なし!使うと損する!」で詳しく紹介されています。


読んだら戻ってきてくださいね。

エージェント業は「知らない」を商売

ボクがワーホリや短期の観光でエージェントはなし!と叫んでいるのは、エージェントの仲にはブラックなエージェントもあるからです。


海外に住んだことが無い人たちは、その国のことを分からないから怖い。そんな心理的な弱みにつけ込んで、ホームステイ先や語学学校への紹介をしているエージェントもあるわけですね。


サポートがあるよ!という意見もあります。
後でも説明してますが、思った以上にエージェントさんはサポートをしてくれません。


断言します。


エージェントとのやりとりは、入国後に、数回の電話とラインのやり取りで終わります。

無料エージェントは実際高い

無料エージェントほど知らない間にお金が抜かれています。そんな世界なのが仲介業者であるエージェント業。


まったく珍しことではありません。


もちろん、本当に善意でエージェント業をしている会社さまもいらっしゃいます。そんなエージェントさんのイメージを悪くするつもりはありません。


無料エージェントを使い知らない間に手数料を支払う何か変な仕組みを利用するよりも、自分でしたほうが経験になるし成長できる


エージェントを使わないと、多少は困ったりするかも知れません。ただそういう事を一つひとつ乗り越えてこそ大きく成長できるのです。


それに、オーストラリアにつくと直ぐに友だちができますよ。その友達が必ず助けてくれます。だって、ここはオーストラリアですから。みんな同じ状況なのです。

エージェントを通すと時給が中抜き

現地のエージェントを通して仕事をすると、給料の一部が中抜きされます。または、ファームなどの会社からまとめてエージェントに支払いが行きます。

エージェントを使わない方が安い

語学学校の入学について考えていくと、エージェントを使わないほうが安いです。


自分で入学手続きはとっても簡単。エージェントなしで手続きをすると特典もあるのでとってもお得です。


語学学校を自分でするメリットについては「【オーストラリア】語学学校の入学を自分でするメリットや方法!簡単」で説明しています。

エージェントはサポートしない

エージェントを使わないほうがいいもう一つの理由は、彼らのサポート。めちゃくちゃ不親切なんですね。

エージェントを使う人は英語も話せないオーストラリアで何かあった時のために、エージェントに助けてもらいたい。そう願いエージェントを使う方がたくさんいらっしゃいます。

ただ、思った以上に何もしてくれません。エージェントも基本的に自分の事は自分で対処してほしいのです。

また、エージェントは日本企業とは言え、オーストラリアの働き方に染まっています。

そんなオージーのフレーズは、「俺はレイジー」(面倒なことはしたくない)

長くオーストラリアで働くと、日本人でもそうなります。みなさん定時で帰りたいから、たとえお金を貰っても自分でできることは、自分でしてほしいわけです。

SIMカードを買うまでがサポート

ただ、そんなエージェントもSMIカードを買うときは、わざわざお店まで付いてきてくれます。

とっても親切ですね。いや、そのワケがあります。

それは、「連絡を取るための手段を確保」しているだけにすぎません。
エージェントは電話番号だけが知りたいのです。

ボクも数々のワーホリの人たちとお話をしました。全員が口を揃えて言うのは、SIMカードを買うまでが、親切だった。

そして、それ以降はバスや電車の切符を買うことすら教えてくれなかったそうですね。

これではエージェントを使わなかったことと何ら変わりはありません。

SIMカードまでしっかりとサポートしてくれるのは、連絡先が分からなければ、紹介料をご飯のネタとする、エージェント業務ができません。

先にしっかりとした「つながり」を確定したいのです。

ワーホリは自分ひとりで余裕

オーストラリアにワーホリに行くならエージェントを使わなくても余裕でできます。


オーストラリア政府は留学生を守るために語学学校や大学などの教育機関に対して法律的にかなり厳しく取り締まっています。


したがって、多少手続きが間違えたくらいでは、お金がなくなることがないのです。


同じことが移民エージェントにも言えます。政府は留学生(消費者)を守るための取り組みをしています。

最後に、移住はエージェントなし

オーストラリアに行くときはエージェントなしで十分です。

全く必要ありません。また、ボクから強くアドバイスしたいことは、オーストラリア移住や永住権を目指すなら、絶対にエージェントを使わないことがメリットです。

というのは、移住のためにはこれからたくさんのことを自分で解決していかなければなりません。

ワーホリほどエージェントを使う必要がない旅はありません。つまりエージェントなしで誰でもできるわけです。

これからの移住を目指す、練習として、自分ひとりでワーホリや語学学校の手続きをしてみてはいかがでしょう。

ありがとうございました。

次のページ > 海外移住に必要な英語力はどれくらい?目的に応じた勉強を効率的に

次のページ > オーストラリアのシェアハウス、お仕事探しはココ!日本語コミュニティ掲示板!

次のページ > 海外旅行をした時に絶対にしてはいけない12の日本の習慣

コメントを投稿