海外であえて日本の通信教育を受ける理由【海外で楽に生きる】

こんにちは、うめ太郎です!

海外であえて通信教育を受けて楽に大学を卒業すれば、まったり移住がすぐそこに!

これからの時代はいかに楽に生きるか。海外で通信教育を受けるのは時間の節約、お金の節約の面で最高のツールですね。

そこで今回は通信大学を卒業しオーストラリアに移住したボクが、あえて海外で通信教育を受ける理由について考えていきます。

それでは今日もアツく語り合いましょう!

海外で通信教育をしながら生きる

高いお金を払って毎日何時間も学校に釘付けになるより、海外で日本の通信教育を受けたほうが遥かに効率的。

最近では高校、大学、専門学校でも動画を中心とした通信教育に力を入れているので日に日に通信教育と通学教育の「質の差」がなくなっています

サイバー大学は全授業が動画で行われますよね。

ゆるく、学生を海外でまったり

通信制高校や大学を海外で受ければ学費をセーブしながら、海外ライフを味わえます。

なにより、学生をゆるーい海外で過ごせるのは、海外に住みながら通信制教育を受けているからこそできること。

それに対して、海外に留学するには英語力とお金が必要です。人によっては働きながら学校に通う人もいるでしょう。学費+生活費+勉強はなかなかハードな毎日を送ることになるので気合がないと続けにくい。

卒業後、海外で就職しやすい

海外で生活をすると、その国の文化や母国語を学べます。オーストラリアの場合は英語ですね。

この、文化や英語の下地を数年も続けていくと自分の性格もその国に馴染むように変ってくるので、人を雇う側からするとミスマッチが少ないと判断されます。

就職に有利ですね。

海外で仕事を見つけることはそれほど難しくありません。問題は入社してから。その国で日本の通信教育を受けている人は、その国の社会を多少なりとも知っているので、雇う側も安心するのです。

しかも、仕事が見つかれば、そのまま海外に移住することも可能。

日本の学位は海外で使える

通信教育を無事に卒業した後は、海外で生活を続けましょう。まったり生活の始まりです。

そのためには就職が必要ですが、日本の大卒は海外でも大卒として認められます。

こと、オーストラリアは移住しやすい

長く海外に住むならビザは必要。ビザの申請には学歴も審査の対象となっており、日本の大学もオーストラリアの大卒と同等として扱われることはメリット大アリです。

特に働けるビザの申請に学歴のチェックも入るオーストラリアでは通信教育の学歴があるだけで大きな力を発揮します。

しかも、働けるビザ(就労ビザ)から永住権への道も開かれているので、大学はまさにゆるーく海外で生活できるスタート地点なのです。

つまり、海外で通信教育を受けるということは、その国で長く住める下地を作ることですね。

時間の節約=海外で楽な移住

海外で日本の通信課程の大学に入ると、英語の面だけを見れば4年の時間節約になります。

というのは、英語圏の国で日本の通信教育を受ければ、生の英語に4年間も置くことをいみします。それは英語の勉強を4年間、知らず識らずのうちに勉強しているのと同じ。

さらにビザのルールは頻繁に変わります。変わるごとに条件が厳しくなるので、時間を節約することは、移住の条件が易しい時にビザの申請ができるんですね。

学費も節約できる

通信制は通学制と比べて学費が安い。ボクが入学した北海道情報大学の通信課程では卒業までたったの66万円でした。

通信教育でない通学生の場合は卒業までに400万〜500万も掛かるのでお金も大幅に節約できます。

ワーホリ+通信教育を海外で

通信教育を海外で受けると言っても、お金がないと海外での生活ができません。そこでワーキングホリデーを利用しながら海外で通信教育を受ける方法が良いと思います。

オーストラリアでは最大3年間のワーキングホリデーが可能です。

これを使えば、4年のうち、3年はお金を稼ぎながら海外で楽に住めます。ストレスのない社会で教育が受けられるわけです。

足らないお金は3根年のうちに貯金をしましょう!

ちなみに、移住に必要なお金について「【オーストラリア】移住に必要な最低限の貯金は?3つのケース!」で詳しく説明しています。

場所にとらわれない時代に進む

インターネットがこれだけ普及した結果、世界中で色々な通信教育サービスがうけられるようになりました。

通信教育にも動画で授業を行うシステムが一般化しつつあります。これまで通学制の教育方法によるメリットはネットの発達によって、絶対的でなくなっているのです。

今後は、どこにいても通学制と変わらない授業の質を通信教育でも受けられるようになってくるでしょう。

とりわけ、オーストラリアでは国土が広いために地域によっては最寄りの学校まで遠く、通えないケースもあります。そのため通信教育が小学校の段階から使われています。

オーストラリアの通信制については「【オーストラリア】通信制の大学ってアリ?大学のリストと永住の視点」で詳しく説明しています。

最後に、迷うなら海外で挑戦しろ

「海外で」と聞くとそれだけでハードルが高くなる気がしますが、いざ海外に飛び込んでみると思ったよりも早く外の環境に順応できます。

海外で生活、海外で通信教育、海外で何かをするには必ずある程度のリスクはありますが、それ以上のメリットもあります。

もし、迷っているなら挑戦すること。挑戦することで自分のキャパが一段と大きくなり、どんな困難も乗り越えていけるように人間として成長します。

また、長期的にみていけば、海外で日本の通信教育を受けると、卒業後のころには、そのまま海外で楽に移住できるくらい成長している自分に気づくはずです。

ありがとうございました。

次のページ > 【オーストラリア】通信制の大学ってアリ?大学のリストと永住の視点

次のページ > どっち?ワーホリは休職?それとも退職?AUSに来る人へ!

スポンサードリンク

コメントを投稿