海外移住するのに向いている人の特徴を分析してみた!

こんにちは、海外移住を現実にするウメ太郎です!

海外移住がしたい!だけどボクって向いているのかな?

なんてギモンは海外に移住したい人なら一度は考えると思います。

実際、海外移住や永住を実現するには性格的なマッチングも大きく影響しているのは事実。

そこで、今回はボクの経験と分析から海外移住に「向いている人」の特徴について考えていきます。

それでは今日もアツく語り合いましょう!

海外移住に向き不向きはない

まずはじめに、海外移住というのは、向いている、向いていないという部分だけで決められません。

ボクはオーストラリアに移住しました。同じように何人かの人と会って話して気づいた彼らの強みは、「性格や頭の良さと移住の向き不向きは関係なし」だと気づきました。

彼らに共通していた部分は何年も夢に向かって努力できる人達だったのではと結論に至りました。

反対に海外移住できなさそうな人の特徴は飽き性な性格だと思います。飽き性だと移住に必要な頑張れる力が続かないんですね。

移住は何年もかけてする事業のようなもの。そして事業には辛さや大変さがつきものです。

海外移住に性格的な向き不向きは無いと言っても、 性格によってはこの大変さを感じない人もいるわけで、そういう人たちは海外移住を成功させやすいとも言えます。

これからそんな移住や永住を成功させやすい性格や特徴について説明します。

海外移住への想いがアツい人

今の時代、数ヶ月から1年程度の海外移住ならそれほど難しくありません。問題はどれだけ長く移住し続けられるのかどうか。

長く移住し続けるために一番必要なものは「海外移住へのアツい想い」を持ち続けること。

何が何でも海外に住みたい!

その気持を何年も持ち続けられる人は何か状況が変ってもヘコタレずに夢に向かってがんばれます

オーストラリアに5年ほど住んでいるボクはこれまでたくさんの方と会ってきましたが、「海外移住への気持ちを持ちづつける」のは海外で移住、永住ができた人の共通部分でもありましたね。

特に、オーストラリアは数年前に移住に関する法律が大きく変わり、海外移住がより一層難しくなりました。

そんな状況でも移住への想いが強ければ何か方法はないのか?と前向きに頑張れるんですね。

好奇心旺盛なひと

海外移住なんてまさにチャレンジそのものです。新しい変化に対してワクワクするタイプの人は移住を成功させやすい。

特に仕事ありきで海外に住むとなると異文化の中で働くわけですから仕事のスキルや対人関係、仕事の進め方にこれまでの常識を当てはめても使えない。

いかに自分をその国や文化の中に合わせられるのか、そのために何をしたらいいんだろうとワクワクしながら考えていける人は得ですね。

チャレンジ精神がある人

チャレンジとは自分のこれまで慣れ親しんだ価値観や行動を変えていける力。つまり自分を居心地のいい環境から抜けることです。

コンフォタブルゾーンを抜けるとも言いますね。

たとえば、対人関係が大の苦手でインドア派なボクが、パースシティのBarにて隣で飲んでる外人に声をかけて楽しむこと。

正直、めちゃくちゃストレスを感じるわけです。居心地は最悪ですね。

そんな自分の殻を破るような取り組みができる人 は移住に向いていると言えます。

自信家な人もいいね

自分が、この先の壁を乗り越えられる性格かどうかなんてその時になってみないとわかりません。

海外に住むためには自分を多少は変えていかなくてはと思える人、そのために頑張ろう!と、自信を持つだけで良いと思います。

逃げる力がある人。逃避できる人

逃げる。逃げる。逃げる。

嫌な状況からひたすら逃げ続ける人も海外移住に向いてます。

この場合、逃げる先が海外というわけ。

ただ、逃げるって力なんですよ。

自分の事をよく知っていて、状況をコントロールできる証拠です。そしてそのための行動力があるのと同じ。

この逃げる力が強いほど日本に戻りたくない力が働いて必死に海外に移住しようとがんばれるんです。

したがって、逃げられる力がある人は強いです。

向いている人はクセがある

性格や考えにクセがある = 常識を超えた思考力がある
これまで海外に住んでいる方とお会いしましたが、みなさん人癖があるかたばかりでしたね。

とっても個性的な人とも言えます。

まぁボクはその中でもオリンピック級に競えますね!

これまでずっと住んでいる国から離れること自体、常識を超えています。そんな新しい環境で生活するには常識を超えた考え方で海外移住への取り組みが必要です。

このクセのある思考力は海外移住に欠かせない能力とも言えます。

最後に、海外移住はカンタン

これまで海外移住の夢を叶えやすい人はどのような性格なのか?について、向き不向きについて考えていきました。

海外に住むのに「向いている人」でなくっちゃ!と、考える必要はありません。

今の時代、海外青年協力隊を使って安全に海外に移住する方法もある。それにワーキングホリデーを使えばとりあえずどこの国でも1年は働けるのでお金の心配はありません。

世界中に日本人はいます。ネットで探せば掲示板もあります。移住先に人がいるかぎり助けてくれます。

海外移住を夢から現実にするのに必要なモノは、移住への目的をもち、それなりに努力し、そして海外に行くと決断をする勇気ですね。

新しい扉を開くには、一歩前に進めなければならないのです。

ありがとうございました。

次のページ > 移住に必要なのは諦めない力。自分を信じれる人だけが手にする生活

次のページ > オーストラリアで永住権を取るのは無理だと思う人がおちいるマインド

コメントを投稿