オーストラリア人と上手に仕事を付き合うコツ【忘れるのが大事】

こんにちは、うめ太郎です。

オーストラリア人と仕事付き合いを上手にやっていくのはここで生きていく上で必至のスキルです。

オーストラリアに移住を考えるとなると働くことになりますが、働き方や仕事に対する考えが日本とかなり違うのでストレスものです。

だからといって仕事をやめることもできません。会社にビザのスポンサーになってもらうことを前提としている場合やこれから移住を考えている方は特に。

今回の記事は、オーストラリア人と仕事をする上で上手にやっていくための考え方についてアイデアをお伝えできればと思います。

仕事は「忘れる力」が大事

オーストラリア人と真剣に仕事をすると結構疲れます。きっとオーストラリア人同士ならまったく問題ないのでしょうが、オーストラリア人vs日本人だとストレスフルで鬱になるレベル。

オーストラリア人の仕事の仕方はその時々に対応すること。ただ、日本人はちょっと先のことや他の人のことまで考えて仕事をします。

仕事を今終わらせるために必要であれば、柔軟に対応しましょう!というのがオージーの考え。

そのため、昨日言っていたことが次の日には無かったことになっていたり、話がまったく違う方向に進んでいたりします。

日本人にとってこのあたりが一番イラつくところですね。ボクも初めの1,2年はオージーとなるべく関わらないように仕事をしていましたが、ココ最近は彼らが言ったことを忘れるようにして上手に付き合っています。

この「忘れる力」があるだけでオージーと仕事する上で上手にやっていけます。

なにせ、オージーとの会話が無かったことになりますからね。(笑)

同じレベルになることで仕事が楽に

オーストラリア人に限らずオーストラリアの会社はその国の働き方を色濃く反映しながら仕事をしています。

たとえ、ありえない仕事スタイルだったとしても、その国にとっては普通であって、無理に日本の考えを持ち込むと仕事がうまくいかなくなります。

オージーたちの仕事に対する姿勢はマジメではありませんよね。だからといってマジメにしろと腹を立てるのではなく、自分も同じレベルで仕事をすれば楽になります。

そうすると

  • 病欠を月に1回休める
  • 年間4週間の休暇が取れる
  • 仕事はサボりまくり
  • その場限りの対処で楽ちん〜

どうですか?オージーと同じような仕事スタイルにするとこんなにも楽に働きながらお金を稼げます。

会社とうまく付き合う

以上の話は同僚と上手に付き合っていくためのコツです。これをこのまま会社(社長)との付き合いに使うと失敗します。

会社の場合、うまく付き合うのはちょっとしたコツが。うまく付き合うというのはクビにならないこと。ジョブセキュリティを高めることですね。

オーストラリアでは社長の気分次第で簡単にクビになります。会社のオーナーがオーストラリア人であれば、ちょっとしたことでクビになるかもしれません。

これまで何人もの人が会社に入社し、そして数ヶ月でクビになっていった人たちのパターンはだいたいパターン化していますね。

クビになる人は

  • YESマンでない
  • 仕事が遅い人
  • よく休む人

このあたりですね。まさにオーストラリア人従業員の仕事スタイルです。

日本人の働き方は決して間違っているわけではなくて、ただオーストラリア人と仕事の思考回路が違うだけ。

ボクはオーストラリアでIT系の仕事しかしたことがありませんが、その横のつながりとの話題の中では、なぜか日本人は最後まで会社で生き残っている感じです。

会社としてはサボらずにマジメに働いてくれる人が利益高いんでしょうね。

最後に、英語力がないと仕事が盗まれる

自分がした仕事が同僚に盗まれることはありますね。ボクも英語が全くできない時に何度も経験しました。

英語力がないと周りの会話がほとんど理解できずに、同僚に好き勝手言われることも。これはキャリア争いとも関係してますが、自分を会社で有利なポジションに置くために、相手を陥れるようなところがあります。

とても悲しい事実ですね。

その陥れられるターゲットになりやすいのが言葉が話せない人。英語で反論できない人。

そんな人は、ハメられやすい。

もちろんオーストラリア人の一部だけだと信じていますが、仕事を上手に進めていくには英語力はIELTSで6くらいまでは最低上げたほうが良いでしょう。

ありがとうございました。

次のページ > オーストラリア人の働き方は「自分のために働く」こと。【サボることは良い】

次のページ > オーストラリアで仕事がすぐにクビになるワケ【代わりはいくらでもいる】

スポンサードリンク

コメントを投稿