オーストラリアで銀行を選ぶなら?いろいろ比較してみた。NABが一番!!!

オーストラリアで生活を始めるなら銀行口座の開設は欠かせません。ワーホリや学生ビザで働くにしても給料の支払いは銀行振り込みになるケースがあるからです。

でも、銀行ってどれが一番いいのでしょうか?口座維持手数料は?お金の引き下ろしがしやすい銀行は?

ワーホリとしてオーストラリアで生活を始めたボクもどの銀行を使えばいいのか分からず、メジャーな銀行と比較してみた結果、NABを選びました。ただ銀行ごとに強みと弱みが微妙に違います。

全員にNABをおススメ!とはなかなかいきません。そこで今回はオーストラリアにある銀行を比較してみました。

それでは見ていきましょう!
  • 銀行を選ぶ基準は
  • オーストラリアで使われている4つの銀行
  • 銀行ごとのおススメ度
    - ウェストパック|Westpac
    - コモンウェルス銀行|Commonwealth Bank
    - ANZ Bank (Australian & New Zeeland Bank)
    - NAB 銀行 |National Australia Bank

銀行を選ぶ基準は

それぞれの銀行で強みと弱みがあります。そのProsとConsを自分の目的と照らし合わせながら選ぶといいでしょう。

口座開設を決める前に考えておきたい4つの判断ポイント
  • どこでも引き落としができるか
  • 口座の維持に手数料が掛かるか
  • 口座開設がしやすいか
  • 倒産しにくいか
どこでもお金を引き下ろせて、口座維持手数料が無料。そのうえ倒産しにくい銀行ならオーストラリアでどこか遠い場所に移動しても安心できますね。

オーストラリアで使われている4つの銀行

大きな銀行はつぶれにくく安心です。オーストラリアでは次の3つの銀行がメジャーで国民や外国人(ワーホリ・就労ビザ・永住者)から利用されています。
  • NAB Bank (National Australia Bank)
  • ANZ Bank (Australian & New Zeeland Bank)
  • Commonwealth Bank
  • Westpac
※Macquaria銀行は外しています。上4つの銀行と比べて3分の1くらいの大きさなのでおススメには不安がありました。

上に挙げた4つの銀行は世界でもっとも信頼できる銀行だと言われています。格付け会社のMoodysも上から3番目のAa2とおススメしています。

銀行ごとのおススメ度

この4つの銀行のそれぞれの特徴を分かりやすくまとめてみました。下に行くほどおススメ度が高いです。

銀行のつぶれにくさは世界でトップクラスです。これから紹介する下4つの銀行を使えば倒産の心配はありません。

それでは見てきましょう。

ウェストパック|Westpac












オーストラリアで4番目に大きな銀行がWestpacです。Westpacの強みは、クローバル・アライアンスATMに加盟しているので世界中にある提携ATMを使えば手数料なしでお金を引き下ろせます。アフリカ・ヨーロッパ・アメリカに提携銀行がありますがアジアは中国とシンガポールだけなのでワーキングホリデーで世界中を旅する人にはおススメできます。

Westpacの弱みは2,000ドルの残高がなければ5ドルの口座維持手数料が掛かることです。また、町中でATMをあまり見かけないのでお金を頻繁に降ろす人には不向きかもしれません。

クレジットカード付帯でマスターカードになります。

コモンウェルス銀行|Commonwealth Bank


オーストラリアで一番大きな銀行がコモンウェルス銀行です。この銀行の強みはATMの多さです。オーストラリアに4,000箇所ATMが取り付けられているのでATMが見つからない!とあわてることが一番少ない銀行です。アップルペイにも対応しています!

反対に1カ月に4ドルの口座維持手数料が必要なところがデメリット。また海外でカードを使った場合は5ドルの手数料がかかります。

この銀行のカードにはマスターのクレジットカードが付帯されています。

ANZ Bank (Australian & New Zeeland Bank)


オーストラリアで2番大きな銀行がANZ銀行です。強みは圧倒的な知名度。またATMもコモンウェルス銀行と同じくらいの多さです。街のいたるところでANZ銀行とコモンウェルス銀行のATMを見かけるので現金の引き下ろしが頻繁にあってもあまり困りません。アップルペイにも対応しています!

また、ANZは日本から口座を開設できるのでオーストラリアに長期滞在する際は準備がとてもはかどります。

デメリットは1カ月に5ドルの口座維持手数料が必要なところです。また海外でカードを使った場合は5ドルの手数料がかかります。*
* 2,000ドル以上の口座預金があれば口座維持手数料は無料になります。

この銀行のキャッシュカードにはVISAのクレジットカードが付帯されています。

NAB 銀行 |National Australia Bank

オーストラリアで3番目に大きな銀行がNABです。3番目といっても銀行の規模で見ると上2つの銀行とさほど変わりません。アップルペイにも対応予定と5月24日に発表されました

この銀行の良い面は口座維持手数料が無料なところです。この銀行だけが1カ月数ドルの口座維持手数料が無料なので1年で50ドル~100ドル節約できます。

反対に、この銀行のデメリットはATMが少ないことです。少ないと言っても主要都市にはあるので問題なくはないですがちょっとしたショッピングセンターでお金を降ろしたくなった時にはわざわざシティ(都市の中心地)まで行かなければならないので不便に感じることも。ただ現金が必要になるのはレントの支払いなど限られているのでそれほど困りません。

クレジットカード付帯でVISAカードになります。

なんだかんだでNABがおススメ

オーストラリアで4年生活した感覚でいうと現金はほとんど必要ありません。お店の支払いもPaypassとよばれるカードをピッ!とさせるだけで完了するので現金を持ち運ぶ必要がないのです。

そう考えると口座維持手数料がいつでも無料なNABが一番おススメできると思っています。

オーストラリアに移住したいと思うすべての人に幸運を。

次のページ > キャッシュカードで支払うとき、CR,SAV,CHQと表示されました。どうしたらいい?

コメントを投稿