RSMSがパースの主要都市から外れました。

ご無沙汰しております。

結構更新が久々ですが相変わらず生きております。

さて、今回は表題の通り、RSMSがとうとうパースの主要都市から外れた事を知ったので共有しようと思いました。

パースの地方都市は以下のリンクから確認できます。
https://www.border.gov.au/Trav/Visa-1/187-?modal=/visas/supporting/Pages/187/eligible-postcodes-in-regional-australia.aspx

Perthだけ抜粋したものが下です。

郵便番号で指定されていますね。

では主要都市ってどこからどこまで?と言う事が気になったので図を作ってみました。

結果がこれです。
RSMSの対象になるのは赤のラインを境界とした矢印の方向に存在する企業になります。
本当に田舎になりますね。

ちなみに中心部から境界線までの距離は70km以上あります。

実際にパースに住んでいる方は感覚で分かると思いますが、このラインの外には住宅地とその生活に関わるお店があるくらいで、企業という企業はありませんよね。

 海岸線沿いは観光地と言うこともありますが飲食業とホテルくらいしか企業がないような気がします。

この図の一番左下にあるRSMS対象都市はMandurahと言う地域になりますが、人口は8万人程度です。

RSMSをパース近辺で狙うなら、このMandruahか200kmほど南にあるbunburyと言う都市になりそうです。

頑張りましょう!

永住したいと思う全ての人に幸運を。





コメントを投稿

2 コメント

  1. 日本人以外の多くの人達はもっと簡単に、永住権取ってますよ。
    少し手を変えた方が良いのではないでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. いいやり方があればぜひお聞きしたいです!どのような方法でしょうか?

      削除