知らなきゃ損!大使館で翻訳した出生証明書、婚姻証明書はNAATIと同じ

大使館で翻訳してもらった出生証明書と婚姻証明書はNATTIと同じ

オーストラリアでVISAの申請をする時に必要となる出生証明書と婚姻証明書。

ワーキングホリデービザだと必要ありませんが、労働VISAや永住VISAの場合は必要ですね。

ほぼすべてのエージェントがNAATIの資格保持者に翻訳をしてもらってくださいと私達申請者に伝えてきますが、実はそうでもないのです。


参考リンク:Translating documents into English


翻訳者がNAATI資格である条件

移民局が受け付ける事が出来る翻訳された書類は2種類あって書類がオーストラリア国内か国外で翻訳されたかによってNAATI資格保持者が翻訳する必要があるかどうか分かれます。
  • オーストラリア国内の場合: 通称NAATI(National Accreditation Authority for Translators and Interpreters)の資格保持者が翻訳を行わなければならない。
  • オーストラリア国外の場合:NAATI資格保持者で無くても翻訳された書類に、翻訳者の氏名・住所・電話番号・保有資格と経験年数についての記載があればいい。

つまり、翻訳者がオーストラリア国内に住んでいればNAATI資格者が翻訳する必要があります。

しかし翻訳者が日本(オーストラリア国外)に住んでいるのであればNAATIの資格を保有していなくても「どの様な資格を持つ人が翻訳したのか」を翻訳された書類に記載するだけでいいのです。

例えば、日本に住んでいる人に翻訳をお願いした場合、上で述べた、「翻訳者の氏名・住所・電話番号・保有資格と経験年数」を翻訳した書類に追記すれば立派な翻訳になります。

不安な方もいるかと思いますので参考リンクのTranslating documents into English項目を読んでみてください。そこには下のように書かれています。



大使館や領事館で翻訳された書類はNATTIと同じ理由

読者の方の中には「何故、オーストラリアにある大使館や領事館で翻訳された戸籍謄本がオーストラリアの移民局で受け入れられるのか」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。これは、全く不思議な事ではありません。
何故なら、法的には諸外国にある大使館や領事館はその国の一部のような扱いになっています。

つまり、オーストラリアにある日本大使館や日本領事館は日本国であり、オーストラリアの法律が適用できません。いわば治外法権ですね。

いい例が、オーストラリア出身のジュリアン・アサンジという国際的に指名手配になっている人がイギリスのエクアドル大使館で生活していますが、イギリス政府は彼に手が出せません。

エクアドル大使館にイギリスの法律が適用できないからです。イギリスの警察も大使館に勝手に入ることが許されないのです。

話を戻すと、日本の大使館や領事館は日本国つまり、オーストラリア国外の扱いになるのでそこで翻訳する人はNAATI資格保持者でなくても問題ないのです。

まとめ

翻訳された出生証明書・戸籍謄本や婚姻証明書は必ずしもNAATIの方に翻訳して貰う必要は無く、オーストラリア国外に住んでいる翻訳者や翻訳会社に翻訳依頼をするのであれば身元をしっかりと付随すれば問題ないことが分かりました。日本の大使館 や領事館で翻訳された書類もVISAの申請で提出することが出来ます。NAATIの方に翻訳をしてもらう事が王道なのかもしれませんが、選択肢の一つとしてNAATI以外の方に翻訳してもらうことも有りかもしれません。自分の状況によって判断してみてくださいね。

永住したいと思うすべての人に幸運を。