【オーストラリア】警察証明はビザ発行を左右するくらい重要な件

こんにちは、うめ太郎です。

警察証明はビザ発行の運命を左右するくらい重要です。

あまり馴染みがありませんが、警察証明はオーストラリアのビザ申請をする際に移民局から求められる書類のひとつです。

いわゆる犯罪歴がないことを証明する書類で、無犯罪証明とも呼ばれていますね。

警察証明の結果は覆せませんがが、これからオーストラリアで永住を考えている人にとって重大さは知っておいて欲しいと思います。

というのは、やっぱ海外に住むと軽はずみな行動がしやすいんですね。警察証明の重要度を頭の片隅においておけば、もしものブレーキになります。

今回は警察証明書がビザの申請にどんな関わり合いがあるのか?を中心に考えていきます。

ビザの申請に警察証明は必要です

自分の国に犯罪歴のある怪しい人を入国させたくないのはどこの国でもあると思います。

警察証明はこれまでの犯罪歴がないことを移民局に証明するために必要です。

巷では「Police Certificate」や「Police Clearance Certificate」とも呼ばれていますが要は無犯罪証明です。

なので、過去10年間に1年以上滞在したすべての国から取得が必要になります。この1年以上というのは累計で計算します。

例えば、過去10年間にカナダに3カ月×4回観光したとします。すると累計では12カ月(1年)になるのでカナダからの警察証明も提出が必要に。

警察証明ってかなり重要です

結論から言うと、警察証明がFailedするとビザの申請は拒否されます。それほど重要な書類なんですね。

移民エージェントのサイトから引用した記事によると、オーストラリアはビザを与えるにふさわしい人の基準というのをキャラクター要件(Character Requirement)として決めているようです。

入国しても問題ない人たちはどのような人間か?ということを決めているのがキャラクター要件。

このキャラクター要件というのはキャラクター・テスト(Charactoer Test)を通して問題ないことを証明します。

3つのポイントが判断基準になるよう。

  • 犯罪歴(Criminal records)
  • 犯罪に関与した経歴(Criminal conducts)
  • 普段の生活(General conducts)

なんか、難しいなぁと思いますが、単に役所で警察証明を申請すればいいだけなのでめちゃくちゃ簡単です。

ちなみに対象となる人は16歳以上の「ビザの申請者+家族」ですね。

警察証明が必要なビザ

観光ビザ、ワーキングホリデービザはほとんどのケースで求められませんね。

オーストラリアに1年以上生活ができるビザは求められるケースがあります。

ビザの申請時に過去の犯罪歴に関する問診票があり、そこで気になる回答をすると審査を担当する人からリクエストされることもあります。

必ず無犯罪証明が求められるビザは就労ビザ、永住権です。この2つはビザ期限も長いので当然といえばそれまでですね。

警察証明の結果でヤバいもの

犯罪歴と言っても万引から殺人までかなり幅が広いですよね。

警察証明に載らない軽い犯罪

  • 万引き
  • 交通違反

はビザの審査に影響がないのでご心配なく。

ヤバい犯罪歴というのは

  • 裁判で有罪が確定
  • DVなどの暴力
  • セクシャル系

この経歴や疑惑がある場合は完全にアウトになるようです。

関連記事:前科持ちの方でもオーストラリアのビザが発行される!

警察証明書はリクエストされたときに

ビザの申請時に警察証明書が手元になくても申請は受け取ってもらえます。

観光ビザ・ワーキングホリデービザでは求められるケースがかなり稀なので移民局からリクエストが来たら警察証明を申請しましょう。

その際は28日以内に返答をしなければならないルールがあるので、証明書を申請したことがわかるレシートのコピーやリファレンス番号を提出すればOK.

ビザ申請までの時間が差し迫っている人は、とりあえず「ビザの申請→後で無犯罪証明書を提出」するのも手としてありますね。 

警察証明は最低2つ提出

日本人が申請する警察証明は日本のモノとオーストラリアのモノの2つが最低必要です。

その他、過去10年間の間に累計で1年以上滞在したことのある国からの証明書も必要ですね。

国ごとに警察証明書の発行が

中国 やサウジアラビアなどでは警察証明書を発行していません。そういう場合は移民局も理解してくれるのでビザの申請時にその旨を伝えれば問題ありません。

また、香港やシンガポールでは警察証明をダイレクトに移民局へ送ります。そういうケースも申請したことが分かるレシートを移民局に提出すればOKです。

早めの申請が良い

警察証明って申請から取得までに結構時間が掛かります。

例えばカナダの警察証明では指紋を採取し、それをカナダの会社に送りつけて、そこからRCMPというカナダの警察に申請します。

これだけで手元に警察証明が届くまで1カ月以上かかることも。実際ボクは申請しましたが速達で送ったのに結果を受け取るまで1ヶ月かかりました。

日本の警察証明書も取り寄せに2ヶ月弱掛かります

日本の警察証明は日本の証明書は各都道府県の警察署に事前に連絡を入れて予約します。

または、オーストラリアにある日本大使館でも請求できます。ただ手元に届くまでに2ヶ月程度かかるので早め早めの行動を心がけましょう。

最後に、無犯罪証明の申請方法は

オーストラリアの警察証明は公式サイト(AFP)から申請します。

申請には身分証明書を100ポイント分用意してオンラインから申請ができます。結果は2週間程度で自宅に届きます。

オーストラリアの警察証明書を申請する方法!」でも詳しく説明しているので気になる方はどうぞ。

日本の警察証明書は警察署または在オーストラリア日本大使館で申請できます。

どちらの場合も指紋採取をします。日本で申請した場合は10日程度で手元に届きます。オーストラリアから申請した場合は2ヶ月弱かかるので急ぎの場合は帰国しましょう。

警察証明は開封してもいいです

警察証明を取り寄せる国によっては開封するなと書いている場合があります。日本がそうですね。

ビザの申請の際には書類のスキャンが必要なので開封しても問題ありません。

まとめに入りますが、ビザ申請に必ずしも警察証明書は必要なく、求められたら提出のスタンスでOK。重大な犯罪歴がなければビザ申請には差し支えがないということですね。

オーストラリアに滞在時はこのあたりを頭にいれてあまり危険な行動は避けましょう。

ありがとうございました。

次のページ > 入国拒否される理由とされないための準備

次のページ > オーストラリアから強制送還される理由は?あとで泣かないために

スポンサードリンク

コメントを投稿