スマートライダーを使おう!知っているようで知らないTransPerth!



パースでバスや電車などの交通機関を使う時にとっても便利なスマートライダー
オトクな割引情報や使い方、メリットなどTransPerthのスマートライダに関する情報全部まとめちゃいました。
スマートライダーは西オーストラリア週のパースで使う、バスや電車などの公共交通機関を利用する時に使えるICカードで、日本だとJR東日本のSuicaのようなものです。

市内のバスや電車は、TransPerth(トランスパース)という公共機関が運営しています。

  • スマートライダーの購入場所は乗り換えがある駅のInforCentre
  • スマートライダーで運賃を支払うと最大20%割引
  • スマートライダーで支払う事で乗り換えがスムーズ
  • 運賃の計算はゾーンによって決まる。
  • 2セクションって何?
  • パースに短期の滞在ならキャッシュで支払う方がお得

スマートライダーの購入場所は乗り換えがある駅のInforCentre

パース駅のような比較的大きい駅でスマートライダを買うことが出来ます。



パースについたら、まずは上の地図の赤いスポット辺りにインフォメーションセンターがあるのでそこに行きましょう。ここでスマートライダーを購入することができます。

インフォメーションセンターの場所が下の画像です。


スマートライダの購入方法はとっても簡単で、InfoCentreの窓口でスマートライダーを下さいと言えば購入できます。パスポートなど身分証はいりません。

スマートライダーで運賃を支払うと最大20%割引

スマートライダーは現金で交通運賃を支払うより安く設定されています。

運賃は、現金支払い > スマートライダー > スマートライダー(オートチャージ)の順で料金が高くなります。

下の図でCash列が現金支払だった場合の運賃になります。
「SmartRider10% Discount」の列はスマートライダーで支払った場合の運賃。
そして一番右の「SmartRider 20% Discount」はスマートライダーにオートチャージ設定をしている場合の運賃になります。


2018年7月からの運賃 (2019年6月現在)

割引はいぜんと比べて少なくなりました。2017年まではスマートライダーで支払う事で15%割引されていましたがそれが10%と減りました。

また、スマートライダーにオートチャージ設定をしていたとしても25%から20%の割引になり、更に運賃も2017年以降は値上げがされたので、割安感は減ってきましたね。

スマートライダーで支払う事で乗り換えがスムーズ

バスや電車を乗る時に毎回チケットを購入する必要がありません。

電車やバスに乗車する際、読み取り機にスマートライダーをかざすだけで決済ができます。現金払いのようにいちいちチケットを購入する必要がないので、スムーズに公共機関を利用することができます。

運賃の計算はゾーンによって決まる。


トランスパースの運賃は上記マップのようなゾーン制となっています。ゾーンの境界線をいくつ超えたのかによって運賃が決まります。

一つのゾーン内で交通機関を乗り降りした場合は、1ゾーン(1 Zone)の運賃が適用されます。

例えば、2ゾーンの区域にいる場合、2ゾーンの中で乗り降りした場合の運賃は1 Zoneの$3.10ドル(現金)になります。

2ゾーンから3ゾーンの区域に移動した場合は、運賃は2 Zonesが適用となり、$4.80を支払わなければなりません。

ゾーンの境界線をいくつ超えたかによって何Zoneなのかわかるようになっています。

2セクションって何?

料金表を見てみると、Fare Typeの列にゾーンの他にも 2 Sectionと書いてあります。

2 Sectionとはスマートライダーを使ってバスや電車に乗ってから、3.8キロメール以内に降りた場合に適用されます。

ゾーン間の距離は8キロ〜10キロなので、ゾーンの3分の1程度の距離で降りると、2セクションの運賃が適用されます。

パースに短期の滞在ならキャッシュで支払う方がお得

スマートライダーを作る時に、10ドル掛かります。このお金返ってきません。
買い切りになります。

パースに短期間滞在される場合、スマートライダーを購入するより、現金で決済した方が、支払い総額が少ない場合があるので、10日〜20日程度の滞在であれば現金支払いをオススメします。

コメントを投稿