超マニア向け情報!時々聞くImmiCardとは?どんな人が申請できるのか、何が出来るのかまとめました。

オーストラリアに移住すると必ず一度は聞く「ImmiCard」。このImmiCardは特定のビザをもっている人に対して発行されるカードです。ではこのカードで何が出来るのでしょうか?

今回の記事はImmiCardについてまとめてみました。

このImmiCardは主に難民に対して発行されるカードなので普通の日本人には無関係です。
ただ、オーストラリアに移住する上で生活上時々使うワードではあるので、サクッと知っておいて損はありません。

ImmiCardとは

ImmiCardは2種類あります。オーストラリアに入国する為のビザ代わりになる「Australian Migration Status ImmiCard」と「オーストラリア政府から医療や教育等のサービスを受けられるようにする「Evidence Immigration Status ImmiCard」です。

このどちらのImmiCardも人道支援や政治亡命などかなり特殊な人たちに対して発行されます。


Australian Migration Status ImmiCard

オーストラリア国外から申請するもので、難民の人たちのビザ代わりになるものです。
AUSへの入国はこのImmiCardを使います。


Evidence Immigration Status ImmiCard

特定のビザを申請した人だけに対して発行されるカードです。オーストラリアに滞在できるビザやパスポートがない難民や保護を求めて入国した人たちです。

そんな非合法に入国している人たちでも人道支援上、無視できないグループなので医療や教育、手当など永住者や市民レベルのサービスがすぐに受けられるようにする為にあるのがこのImmiCardです。

下のビザを申請した人たちはこのImmiCardを申請することが出来ます。

  • Bridging visa E granted to Illegal Maritime Arrivals (subclass 050 or 051)
  • Bridging (removal pending) visa (subclass 070)
  • Humanitarian Stay (temporary) visa holders (subclass 449)
  • Temporary Protection visa (subclass 785)
  • Temporary (humanitarian concern) visa (subclass 786)
  • Safe Haven Enterprise visa (subclass 790)
  • Permanent Protection visa (subclass 866)


カードの有効期限

3年です。自動更新がされないので申請しなければなりません。

コスト

無料です。もしなくした場合は$30ドル請求されます。

支払いはImmiAccountを通して行います。

移住についてアドバイス

日本人の方でこのImmiCardを申請する事は出来ないでしょう。

ただし、日本の国籍を放棄し、紛争中の国の国籍を取得してオーストラリアに難民申請するとこのカードの申請条件をクリア出来ます。

ただし、とても不自然なオーストラリア移住になるので、そんなリスクの高い方法は取らないでくださいね。

おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿