オーストラリア永住をチャイルドケアで目指せる7つの方法!さらにビザ情報も

オーストラリア移住を考えるとき、どうしても大きな壁になるのが「職業」。この職業は永住権への道がある職業のことです。その中でもチャイルドケアはゼロから目指せることもありとっても人気の職業です。

チャイルドケアだけではありません、オーストラリアでは学校の教師が慢性的に不足しており教師の枠内でオーストラリア移住を目指せる職業はたくさんあります。

ただ、他のブログを見ていくと主にチャイルドケアでのことしか書かれていなく、それも永住権への情報になるとかなり部分的で実際の移住計画としては使いにくい状態。

そこで今回の記事はチャイルドケアを含む学校の先生としてオーストラリアに移住するための方法をガッツリと提供していくことにしました。

それでは今日もアツく語りましょう!

職業を先生(チャイルドケア)を選ぶと永住しやすいワケ

チャイルドケアを含む教師の職業は中・長期的に見てもオーストラリアで不足しがちな職業です。

この不足している職業はビザの申請に大きく影響をする職業リストによく載る事を意味しており目的に応じて用意されている5つある職業リストがUpdateされたときの影響が少ないことも意味します。

つまり、教師系の職業を狙い永住権のプランを立てると移民法改正の影響を受けにくいということです。

永住を目指せる職業一覧

さて、ここまで「教師やチャイルドケア」という言葉で職業をくくってきました。具体的な職業とはなんでしょうか?

下にあげる8つの職業(ANZSCO)が不足しがちな職業です。ここにあげる職業で技術査定を受けることになります。

  • Early childhood (pre-primary school) teacher (241111)
  • Secondary school teacher (241411)
  • Special needs teacher (241511)
  • Teacher of the hearing impaired (241512)
  • Teacher of the sight impaired (241513)
  • Special education teachers (nec) (241599)
  • Primary school teacher (241213)
  • Middle school teacher (241311)

ただ、不足しがちといってもあくまで一般的な話であり、州ごとにさまざまな不足状況があります。一概に上のすべての職業が「常に」不足していて職業リストに載っているわけではないので勘違いしないでください。

オーストラリアの職業不足は数ヶ月単位で変わり、そのタイミングで移民法改正となってリストから職業たちが消えていくのです。

オーストラリア永住の方法は?

さてどのようなプランで永住権を取得すればよいのか。職業リストを確認するとどのようなビザが申請できるのかわかります。

最も大事なこととして、狙う職業からの技術査定が必要になります。さらにこの査定としてはオーストラリアの資格のものと変換するか学校に通い新しく取得する方法があります。

ここではその方法の中でも7つを提案したいと思います。

  • 学校卒業→S189で永住権
  • 学校卒業→S190で永住権
  • 学校卒業→S489→S887で永住権
  • 学校卒業→S482→S187で永住権
  • 学校卒業→S186で永住権
  • 学校卒業→S187で永住権
  • DAMAで永住権

オーストラリアの学校で必要な資格を取る

上の章で少し触れたビザに必要な技術査定、この査定は Australian Institute for Teaching and School Leadership (AITSL)がします。ALTSLはこれまでの職業経験や資格の内容が移民するにふさわしいのか、オーストラリアのプロフェッショナルとして何年の経験があるのかを査定します。
技術査定でのキーポイントは3つ

  • 監督のもとで実習を受けた証明
  • オーストラリアの大学やTAFEを卒業した証明と資格
    これには最終学年での成績証明書と大学からの単位取得書の証明が必要です。
  • 電子資格(Electronic Qualifications)またはeQualsが必要です。

アセスメントの費用はAUD820。審査は10週間程度かかります。

オーストラリア移住へのアドバイス

今回はチャイルドケアや教師としてオーストラリア移住を目指す方法について説明しました。

大まかな流れと自分が目指すべきビザの種類や職業を決められたでしょうか?

オーストラリアの移民法は1年に何度も変わります。そのたびに職業リストから自分の目指していた職業が消えてはなくなり、移住計画を再構築するときもあるところがストレス。

ただチャイルドケアや教師といった職業は不足しがなので法改正の影響を受けにくく移住をゼロから目指すにはもってこいの職業とも言えます。

オーストラリアで移住したいと思うすべての人に幸運を。
次のページ > オーストラリアで留学生が学ぶ人気のコースは?移住の視点で

参考にした情報:I am a school teacher and want to work in Australia - How do I get an Australian visa?

コメントを投稿