知ってました?ビザって上書きされるんです!重複申請した人必見

もしビザを持っている時に別のビザを申請したらどうなるのか。現在のビザはキャンセル?それもと2つが重複?知っていないと思わぬトラブルにあうことも。

今回はビザ申請中やビザの発行後に新しいビザを申請することはできるのか?もしできるなら前に申請したビザはどうなるのか?について書いていきます。

それでは今日も移住の授業を始めましょう!

おさらい

ビザが発行されるには以下の流れを通ります。

ビザ申請書の記入 > ビザ申請 > 審査期間 > ビザの発行

ビザが発行された時点ではまだ、「未使用」の状態です。つまり商品でいう「返品」が可能です。オーストラリアに入国した時点で初めてビザを使用します。*
* 例えばワーホリビザの場合はビザが発行されてから1年の使用期限があります。オーストラリアに入国してからワーホリビザを使うため12カ月の滞在が出来ます。

では、審査期間中やビザの発行後に別のビザを申請することも可能です。ではもしビザ申請をした後に別のビザを申請したい場合はどうなるのでしょうか?

次のページ > 移住の裏ワザ!簡単に?ビジネスビザ・永住権が申請できる - Labour Agreement

ビザは1つだけ持てる

原則的に一人一つのビザしか持てません。したがって「後に発行されたビザ」だけを持ちます。

この場合は実際にはビザを使っていませんが、使用済みとして前のビザが使えなくなります。後で説明しますが、ビザをキャンセルすることでこれは回避できます。

例外!重複できるビザもある

一部のビザは重複して持てます。とてもレアな状況ですが、オーストラリアに入国したときに2つ以上のビザを持っている可能性があります。
  • ワーキングホリデービザ (S417)
  • 短期訪問ビザ (ETA)
  • a Special Purpose visa (SPV)
  • a Crew Travel Authority (CTA)
  • a Maritime Crew visa (MCV)
では、ビザを使わずに持ち続けながらオーストラリアに入国した場合はどうなるのでしょうか?

次のページ > そんな手が!オーストラリアでボランティアを!手軽に移住したい

ビザが重複した場合のトラブル

2つ以上のビザを同時に持っている場合にオーストラリアに入国すると、より多くの事ができるビザが優先して使われます

この判断は移民局の方か移民局のビザ発行しシステムが自動で判断して処理します。その処理にはどちらのビザが「働けるか」「留学できるか」「有効期限が長いか」を目安に判断するようです。

最たる例がワーキングホリデービザ訪問ビザを持っている場合です。ワーキングホリデービザは滞在期間が上で一覧にしたビザの中で一番長く、働くこともできるためその中のビザでは優先的に使われます

次のページ > 3年目のワーキングホリデービザの条件!セカンド中の人は急げ!

つまり、ワーキングホリデービザと別のビザを持っている状態でオーストラリアに入国すると、ワーキングホリデービザが使われます。

では、ワーキングホリデービザで入国したくない場合に方法はあるのか?あるんですね。

次のページ > ビザにまつわるトラブルを知ろう!- 記事一覧

ビザを使っていない事にするキャンセル

例えば、ワーキングホリデービザと訪問ビザ(ETA)の両方を持っている場合、ビザをキャンセルすることで将来に再申請できます。*

申請中のビザをキャンセルする場合とビザが発行されてからキャンセルする方法の2種類があります。

ビザをキャンセルすることで、申請していない事になるので将来また同じビザを申請できます。

* ワーキングホリデー・ビザを使った場合、2度と同じビザを申請できないので注意

次のページ > 入国拒否されない為の準備

移住についてのアドバイス

大事な移住計画もちょっとした事で思ってもみないビザが使われ、その後の移住プランに悪影響がでてはたまりません。ビザをダブル持ちしたかもしれない場合はビザをキャンセル事をおススメします

また、在日本オーストラリア大使館に連絡してみるのも一つの手です。

次のページ > オーストラリア移住のための準備をしよう! - 記事一覧

オーストラリアに移住したいと思うすべての人に幸運を。
おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿

0 コメント