オーストラリアに移住すると決めたら「大変さ」は覚悟。ボクの体験談

こんにちわ、うめ太郎です!

オーストラリアに移住する大変さに比べたら日本の社畜なんてチョロいもんですよ!

異国の地に移住するということはすべてをゼロからスタートするということです。ボクは日本からオーストラリアに移住しましたが、そこに行き着くまでに、いや、行き着いたあとも永住権の申請まで相当な大変さを味わいました。

そこで、今回はオーストラリアの移住をする前、したあとに感じた大変さについて考えていきます。

それでは今日もアツく語り合いましょう!

移住するまでに味わう大変さ

海外移住って何がキッカケで決意するのかは人それぞれですが、移住を決意してから実際にオーストラリアに着くまでにいろいろと苦労は経験します。準備の大変さやプライベートでの修羅場など。

ボクのように準備に時間を掛けるタイプの人は移住を計画通りに進められない焦りや、家族の病気などいろいろと苦労はします。

まず、移住のきっかけは大震災でした。当時お付き合いしていた方が地震を経験したことがなく、日本を出たいといったのがすべてのきっかけです。

ただ、やっぱりパートナーとうまくいかなかったんですよね。

パートナーとの温度差

パートナーが外国人だったのでめちゃくちゃ大変でした。もう振り回される振り回される。

まず、オーストラリアの移住を確実にするために必要な事を話し合い下の3つをすすめることにしました。
  • 貯金
  • 大学の卒業
  • キャリアアップ
ただ、外国人である彼女なのか、その時の気分で考えをコロコロと変えるので移住を進めるための調節がとても大変でした。ぶっちゃけ、ほとんど何も進まなかったんですよね。

まだ相手がパートナーだからこそ頑張れます。しかし、人によっては家族からの反対もあるわけです。

モチベーションの維持が大変

生活の拠点をオーストラリアに移すための準備はもちろん大変ですが、渡豪するまでにモチベーションが下がってくるのでどう維持するのかが肝心。

このモチベーションがさがると、準備への気合も入らなくなるので計画通りに進まないわけです。

ポイントは移住の計画をしっかり立てること。それによって数カ月先、1年先の自分の未来像がはっきりと描けるようになるのでモチベーションが維持しやすい。

考えすぎないこと

モチベーションの維持や移住の計画を立てるポイントは、考えすぎないこと。

あまり神経質に物事を考えすぎると鬱にでもなります。適度に気分転換しながら、時には図書館や喫茶店など普段とは違う環境で作業をするのも精神衛生上いいことです。

そういうのもモチベーション維持に繋がりますね。

ボクの場合は毎日11時間働きながらの生活だったので平日は仕事に集中、そして土日に図書館で集中して調べていました。

また近くの川沿いをのんびり歩いて気分転換もしていました。そうすると、これまでの大変さもとっても楽になりましたね。

仕事と夢との両立の大変さ

仕事なんて、オーストラリアに移住する前に辞めるだけ〜!ではありません。

移住となると必ず永住権を見据えた計画が必要です。そのためには会社で何をしたのか?職務内容をどれだけ濃くできるかがポイントになってきます。この職務経験を厚くしていくコントロールも大変な作業の一つです。

移住の方法はビジネスビザであれ、永住権であれ、お仕事経験を証明するために技術査定を通して証明します。それがパスするかどうかは日本でどのような仕事をしていて、どのようなスキルがあるのかがわかる職務経歴書が必要。

となると、これまでの会社の上司にサインをもらう必要があります。ボクはそのサインを二つ返事でもらえるように普段から仕事を必死にこなしました。また、これまでの会社の上司に連絡をとり飲みに行くなど前準備もしていました。

会いたくもない人、やりたくない仕事をするのは精神的に大変な辛さがあります。

ただ、それも移住という夢の為にはがんばれました。

応援してくれる人は必ず現れる

夢の移住を現実にするためにひたすら前に進む日々。ネットで調べてYahoo知恵袋で質問をして、そして「現実は甘くない」と叩かれる。そんな毎日を過ごすのは普通ではありません。正直、とても大変です。

そんな逆風のような状況でも移住したい気持ちはボクを支えてくれました。そんなときに、いやそんなときだからこそボクを応援してくれる人が現れたのです。

その方はAさんといって、質問サイトでボクが叩かれている中、唯一味方になった応援の回答をいただけた人でした。

そして、その4年後にボクはその方の紹介で同じ会社にはいり永住権を申請するまで至りました。

断言できます。大変な状況だからこそ、あなたの移住したい気持ちが本気かどうかそっと見てくれている人がいます。努力する人にチャンスは訪れる。まさにこういうことかと思いました。

移住はすべてをゼロにする

オーストラリアに着いたら移住は半分達成したようなもの。ではありません。むしろこれから始まるわけです。

オーストラリアに着いてからの大変さは、すべてをゼロから築き上げること。これにつきます。

ある意味人生の再スタートなのですべてを一人で築いていかなければなりません。家、生活の手続きや、異国の地の文化の違いを吸収するなど。

初めはその変化を楽しんでいる自分がいます。しかし3年も住めば価値観の違いがストレスに感じることもあり、自分がこれまで信じていた価値観と、オーストラリアの中でのあるべき論の間で自分はどのようなポジションにいればいいのか悩みました。

あるいみ、自分という人間性もゼロからスタートするのです。そういう意味では生まれたての赤ちゃんが外の環境(世界)に自分を合わせていくようなものに近い。ただ大人なのでこれまで身についた「自分」を変えるのにはかなりの努力が必要です。

遊ぶだけならここまで悩みませんが、移住となるとビザの事や仕事でポジションなどいろいろなことを考えなければなりません。自分を変える大変さを味わいました。

移住を維持し続ける大変さ

オーストラリアに移住し続けるにはビザの問題がいつもつきまといます。移民法は毎年のようにハードルが高くなる形で変わるので、法改正が早いか、条件達成のほうが早いかのいたちごっこです。

したがって移住を維持し続けるために費やする労力は計り知れないくらい大変です。英語力は年々ますます高いスコアを求められます。年齢制限も下げられていきます。

そんな中でオーストラリアで「移住を継続する」ための大変さもあります。

その追っかけっ子の中で、もうムリだと脱落(帰国)していく人が後をたたないのです。

頑固で行くべし

オーストラリアに移住したいですか?それなら頑固になってください。

石にかじりついてでも移住するくらいの根性と忍耐力が必要です。

まったく文化圏が違う国に移住(永住)するということは、ある意味、夢の思いと現実の根比べ。

自分の考えを曲げないことが大切です。

最後に、大変を大変だと思わない

これまでオーストラリアに移住する間に感じる大変さを説明していきました。

移住は大変です。楽ではありません。ただ、ボクは「絶対に譲れない夢だからこそ大変な日々でも今日までやってこれた」と思っています。

だからこそ、永住権も申請ができたはずです。

これからオーストラリアに移住したい人にアドバイスをしたいことは、移住にかける熱意をどれだけキープできるかどうかが、大変さを克服できるキーだと思っています。

自分のやりたいこと、追いかけたいこと、それが真剣であれば大変さはそれほど感じません。

移住は大変です。しかし、大変さを喜びに変え、モチベーションを維持できる力を持つのが「移住したいと思う気持ち」なのです。

オーストラリアに移住したい人に幸運を。

ありがとうございました。

次のページ > オーストラリアで永住権を取るのは無理だと思う人がおちいるマインド

コメントを投稿