【オーストラリア】パースで運転免許を1から取る方法【日本とほぼ同じ】

こんにちは、うめ太郎です。

オーストラリアのでパースで運転できる免許証をゼロから取ります。

日本の運転免許をパースで使える免許にトランスファーすることも考えましたが、ゼロからパースの運転免許を取ってみるのもオモシロイかもと思ったので挑戦することにしました。

ワーホリや留学の方はおそらく多くの方がすでに免許を持っていると思いますが、まだ持っていない方にとってはパースに限らず西オーストラリア州の運転免許のとり方が分かる内容になっています。

参考文献:Learn to drive (my first licence)

運転免許証は州ごとに違います

オーストラリアの運転免許は州ごとに、そこに応じたモノを取らなければなりません。パースは西オーストラリア州の都市なので、WA州の運転免許が必要です。

ただし、別の州で使える運転免許を持っている場合は、WA州で3ヶ月未満にかぎりその州の免許証が使えます。

ちなみに、どの州も運転中は運転免許を持っている必要があります。

3ヶ月後は州の免許証がいる

西オーストラリア州に3カ月以上滞在する場合は、WA州専用の運転免許証が必要です。

もし、うっかり免許証を取らずに何かしらのチェックでバレてしまうと、違法になるので注意してくださいね。

WA州の運転免許を取る

WA州以外の州で取得した免許証をWA州のものに置き換えるにはドライバー・ビークル・センターで申請をします。

その際に必要になるのは

  • パスポートなどのID
  • 住所がわかるガスや電気などの支払い書

です。

また、視力検査や、道路交通ルールのテストも必要です。

パースの運転免許

運転免許を取る5つのステップ

パースに来て数年がたちました。それなりに公共交通機関もあるので移動に不便はあまり感じませんがちょっと遠出やショッピングに行く際は車の免許があると何かと便利。

また、家族がパースに遊びに来たときも車で案内できると効率的ですよね。

運転免許をまったくもっていない人がこれからパースで運転できるように免許を取るには、これから避けては通れない5つのステップがあります。

仮免許を取る (LP)

オーストラリアでは仮免許のことをLearner's Permitと読んでいます。

仮免許を取るには

  • 交通ルールのテストに合格
  • 視力検査
  • 健康状態に関する問診票

が必要。また、年齢が16歳と6カ月以降と制限があります。日本より1年半も早く教習が受けられるのは良いですね。

このあたりは日本とあまり変わりませんね。

仮免許を取ると、Lマークのプレートがもらえます。次の教習を受ける際に常に車に貼ってください。

教習を受ける(DLLB)

仮免許が取れたら、50時間分の教習を受ければオッケーです。

教習時間はDigital learner log bookと呼ばれるモノを使って記録していきます。

西オーストラリア州のオモシロイところは、教習は運転免許の学校の教官じゃなくてもいいところ。ご両親や友達も教官になれるんですね。

しかも、アプリを使って教習の進み具合を管理します。紙でもいいですが、紛失した際に再発行手数料がかかるのが微妙です。

素直に教習アプリをダウンロードしましょう。

パースはデジタル化が進んでいますね。

教習は、常に教官にあたる人が隣につきながら行います。仮免免許中はひとりで運転ができません。

危険認知力のテスト (HPT)

50時間の教習を受けた後は危険を察知して行動できる能力があるかどうかのテストにパスします。

Hazard Perception Test(HPT)と呼ばれており、道路状況をシュミレートした画面を見ながらマウスをクリックしていきます。

このテストは事前予約が必要で、ドライバー・ビークル・センターで対応しています。

HPTテストは2種類あり、費用は合計で50ドル前後します。

運転試験をパス (PDA)

教習50時間以上、HPTをパスした後は運転免許の試験(Practical Driving Assessment)を受けます。費用は$87.90です。

また、試験時に年齢が17歳以上である必要もあります。試験には、実際にご自分の車を試験会場に持ち込んで運転します。

試験を受けるのに必要な教習時間は50時間ですが、大いに越したことはありません。試験に落ちると追加でコストが発生するので運転の自信が持てるまで練習しましょう。

数年前からタカタ製のエアバックのリコールについて問題になっていますが、この会社のエアバックを搭載した車では試験を受けられないので注意してくださいね。

初心者マークを取得しておわり

運転試験をパスした後は、免許証登録のためのお金を支払い、写真を提出すれば、Pマークをもらいます。

初心者マークのことですね。

後はご自分の車にPマークを貼り付ければひとりで運転できます。

パースでゼロから運転免許を取るのってそんなに難しくなさそうですね。

最後に、運転免許が取れたら飲もう

オーストラリアのパースでは飲酒運転が合法です。と言ってもガブ飲みはできません。

1時間に1スタンダード(ビール1杯くらい)飲むペース くらいがいいようです。

このあたりはビール好きなお国がらが出ていますね。

とは言え、飲酒運転は事故率が高くなるのは確実。いくら法律が許すからと言って安易に飲むのはおすすめできません。

チョイ飲み、が良いと思います(笑)

これからパースで運転免許を取る方にこの記事が参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

次のページ > 【飲酒事情】オーストラリアでの飲酒にまつわる話。【お酒に寛容すぎます】

次のページ > オーストラリアの駐車(パーキング)に関わる標識の読み方!【罰金はいやです】

スポンサードリンク

コメントを投稿