オーストラリア永住権の難易度は?簡単にする4つのマインドセット

オーストラリアで永住権を取得?お前が?無理だよ〜ムリムリ!と友達に言われたボクもオーストラリアに移住して4年が経ちました。永住や移住することは難しいのか?

海外に住む事は簡単です。問題になってくるのはどれだけ長く住めるのか?

オーストラリアやニュージランドなど一部の国では経済成長を豊かにする手段として移民政策を推し進めています。

実は移住に必要な条件は「それなりに頑張ればできる」レベルに設定されていたりします。

今回の記事ではオーストラリアに移住するための難易度について書いていきます。
  • ここ最近の移住難易度は
  • No.1|分からない恐怖を克服せよ
  • No.2|移民政策の空気を読む
  • No.3|要はオーストラリアのお荷物になるな
  • No.4|逆に言えば日本で普通に働ける+英語ができる
  • オーストラリア移住へのアドバイス

ここ最近の移住難易度は

オーストラリアはビザの発行条件を毎年のように変更しています。ただ

変更 = 難しくなる

とは限りません。条件変更はオーストラリアの景気や生活環境、そして国民感情が反映されているに過ぎません。

最近では、オーストラリアでは人口が15年で2倍になりました。そのせいで物価の上昇・渋滞など悪い面へ影響から移民法が改正されています。

次のページ > 待て!オーストラリア政府は移民を地方へ。大都市に移住する人は危険

その悪影響が顕著な大都市圏では

  • 移住はまだまだ頑張ればできる
  • 永住はかなり難しい
↑が正直なところ。最近の統計ではテンポラリー滞在の半分以上が大都市で生活しているのでビザの競争は激しくなっています。

永住権はビジネスビザの取得を経由することで未だに取得しやすい環境です。しかし一部のポイント制永住権ではかなり難しい状況ですね。

人口の少ない地方都市では

  • 移住のハードルは低い
  • 永住のハードルも低い
と、オーストラリアに移住できるのならどこでも良いという人にとって地方はまさに永住への楽園と言えるでしょう。

これはオーストラリアに移住する人の大半は大都市に移動するので人口の少ない地方エリアでは労働者不足が深刻になってきている事が原因です。

大都市での悪影響を少なくするために地方移民を政府は推進しているので地方への永住は難易度は低く「未だに十分狙える」レベルです。

次のページ > 地方向けに新しい労働ビザが作られる。永住権への道も!

No.1|分からない恐怖を克服せよ

海外に永住すると友達や家族に話した時どのような反応があるのか?ボクはこの記事の冒頭で書いたように話半分で笑われました。

オーストラリア永住は「それなりに頑張れば出来る」難易度です。

人は分からない未知の部分に「興味を惹かれ・恐れる」のでそれが、実際の難易度を押し上げているのです。

初めは理解らなくても、イザ理解してみると「こんなもんか」と思うことありませんか?まさに海外移住とはそんなレベルの難易度なのです。

オーストラリア永住に必要なのは「移住へのやり方・方法論」であって、それさえ知れば後はやることリストを作って一つずつ消していけばよいのです。

このオーストラリアに移住や永住するために必要な考えや情報を惜しげもなく提供している「おーすとらりあ移民局」はそんな恐怖を和らげられるようにわかりやすく移住へのコツを提供しています。(ง •̀_•́)งがんばれ

次のページ > 移住計画の進め方。移住成功者には共通点がある

No.2|移民政策の空気を読む

オーストラリア政府が定期的に発表する移民政策の内容を読んでいけば、移住の未来図を描くことができます。

まさに移民政策の空気を読んで移住の未来を感じるといえばいいでしょうか。

それによって永住権を目指すためにどこがポイントになるのか、移住のためには何が重要なのかがわかってきます。

この空気が読めない・読まないとオーストラリア移住はとてもむずかしいものになるでしょう。

政府が移民法を厳しくしている地域にわざわざ住む必要もありません。オーストラリア政府が移民を集めたい場所には移住への易しい条件があるのです。

次のページ > オーストラリアの移民政策とこれからの移住。今後の移住を考える!

No.3|要はオーストラリアのお荷物になるな

オーストラリアに移住するための条件はシンプルです。下の3つの条件は永住権を取るための大まかな方法です。*
*パートナービザと難民のビザを除いています。
  1. 数億規模の投資をする
  2. 自分の職歴・学歴・英語力をポイント換算して65点以上
  3. 州やテリトリー政府、会社からのサポートをもらう
これらの共通点は「オーストラリアの生活を政府のサポートに頼らないかどうか」だと考えることができます。

オーストラリアでは永住権を持つことは国民と同じサポートを政府から受けることができます。政府側から考えると永住権を与えて、さらに生活保障や医療保障に頼りまくらないといけない「コスト高な移民」にわざわざビザを与えたくないのです。

永住権の申請条件はまさにそんな事が起こらないような内容になっています。
  • 英語力の証明
  • 年齢が45歳未満
  • 大きな病歴がない
  • 過去に犯罪を犯していない
  • オーストラリアで仕事が見つけやすい職業 (か既に仕事がある)
  • 失業しても仕事が見つけやすい (学歴や職業経験が豊富)
次のページ > 移住の為にあえて難しいビザを選ぶ理由。一番取りやすいビザを目指す方に

No.4|逆に言えば日本で普通に働ける+英語ができる

上記で説明した内容を考えると、とっても普通な考えではないでしょうか?

また反対の思考で考えると日本で普通に働いてなんの問題もない人は英語力の証明と多少の学歴や職歴でオーストラリア移住も夢ではないのです。

移住や永住のポイントは
  • オーストラリアにとって必要としている職業は何か
  • 生活する上で必要になる英語力はどのくらい?
このあたりがキーポイントになるので、しっかりおさえていけばいいのです。

そう考えると、オーストラリア移住にはボク達にそれほど難しい条件を求められているわけではなく、ごくごく当たり前の事だと分かるでしょう。


オーストラリア移住 = すごく難しい


↓↓↓


オーストラリア移住 = やり方


と発想を変えることが大事です。

どうですか?オーストラリア移住・永住できそうに思えてきませんか?

次のページ > まずはこれ!オーストラリアに移住する方法や流れを解説。全員必見!

オーストラリア移住へのアドバイス

オーストラリア移住に「運」は必要ありません。移住するまでにどれだけ情熱があるか、どれだけ事前に準備したのかで決まります。

オーストラリア移住なんてできたら良いなぁ〜と夢ごとのように感じている みなさん。ちょっと重い腰を上げてオーストラリア移住を目指してみませんか?

オーストラリアに移住したいと思う人に幸運を。

次のページ > 移住に必要なのは諦めない力。自分を信じれる人だけが手にする生活

コメントを投稿