ギリギリ!科目を落とすと技術査定にマイナス?これから受ける方へ

技術査定 科目 落とすと マイナス ネガティブ
オーストラリア移住で技術査定先に提出する成績証明書。科目を落としたら査定結果に悪影響が出るのか?

海外に移住しながら大学を卒業できる通信制大学はメリットばかり。特にオーストラリアのスキルアセスメントで学士の学位はとっても大事。それが無いとパスしないとまで言われています。

移住を見据えて技術査定をクリアにするために入学した大学。先日受けた試験で1科目落としていました。最悪です。

今回の記事は科目を落とすと技術査定にネガティブに影響するのかについて書いていきたいと思います。

科目を落とした場合の評価

技術査定を申請する時に大学の成績証明書も提出しなければなりません。卒業までに履修した科目を合格しなければ、成績証明書に不合格のスコアが記録されそれがスキルアセスメントの審査員に見られてしまいます。

IT系のスキルアセスメントを受ける予定の僕はこれについてガイドラインを調べてみました。するとガイドラインには特に何もそれについて触れられていません。

僕の考えでは、ネガティブに影響しないと考えています。査定のポイントとしてガイドラインでは履修した科目がどれだけANZSCOと関係が深いのかについて言及されています。また学位が授与されたかどうかを判定します。

大学を卒業出来たということは、学位を取得するための最低限の科目はクリアしていることになります。見方によっては最低限の単位以上、取得しようとしているわけですからマイナスの査定になるはずがありません。

出来るだけ全ての科目を合格させる

上の章で履修した科目を落としても技術査定には影響しないと書きました。だけどそれでも落としたことを見られるのはなんだか良い気持ちになりません。全ての科目を合格している方が見た感じ文句の付け所が無いのでベストです。

僕の場合は4年次の前期に履修した9科目中、1科目が不合格になってしまいました。卒業に必要な単位はすでに全て取得していましたが、もしもの事を考えて全て合格した状態で卒業しました。

ちなみに落とした科目は「音声情報処理」でした。

移住に向けてのアドバイス

学士の学位が授与されているのであれば、科目を落としても技術査定にネガティブに影響はしないと思われます。

ただ、査定をするのはあくまで人間なので全ての科目を合格しているにこした事はないのでぜひ全ての科目を合格しましょう!

オーストラリアに移住したいと思う全ての人に幸運を。
おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿

0 コメント