南オーストラリア州でビザが取りやすいDAMAが始まります!


これまで何度もオーストラリアのDAMA系のビザは取りやすいと当ブログで紹介してきました。そんなDAMAの話題に南オーストラリア州も加わります!

南オーストラリア州のDAMAは7月1日からビザの受付が始まる予定。

さてどんな内容になるのでしょうか。移民局のアナウンスをドリルダウンしていくと南オーストラリア州は移住を考える上でベストな地域だと個人的に感じています。

ざっくりとここでSA州のDAMAについて説明すると、地域によってビザ申請の条件が
  • IELTSのスコア4.5
  • 技術査定がなし
  • 年齢制限なし
で永住権が目指せます。

ウマウマでありませんか?

それでは南オーストラリア州とDAMAについて早速話をすすめましょう!
  • DAMAビザのおさらい
    - DAMAから狙いやすい永住権
  • 南オーストラリア州が加わる
    - アデレード向け
    - そのほか全ての地域
  • オーストラリア移住へのアドバイス

DAMAビザのおさらい

いきなりDAMAと言われてもナンノコッチャとなりますよね。DAMAとはDesignated Area Migration Agreementsの略です。

オーストラリアのビザ制度の中で「会社からのサポートありきで申請するビザ」があります。

DAMAはその申請条件の一つでいわゆる田舎地方で簡単に働けるビザを取るための新しい申請条件です。
Chef, Baker, Restaurant Manager, Accommodation and Hospitality Manager and are also included in the DAMA
DAMAはいわゆる労働移民を人口の少ないエリアで生活をさせることでオーストラリアの景気を地方から支える目的があります。

そのためシェフやレストランのウェイター・ウェイトレスなど大都市ではゼッタイにビザが取れない職業でも就労ビザや永住権が取りやすい内容になっています。

しかも職業の種類だけでなく、英語力の証明も高く求められません。

それだけに地方移住がこれからアツいのです。

そんな盛り上がっているDAMAになんと地方に指定されている州の中で最大の南オーストラリア州が加わることに。

DAMAは「ゼロからのAUS移住にピッタリな田舎移住はDAMAsを経由した方が良い。」で更に詳しく説明しています。

DAMAから狙いやすい永住権

DAMAを使ったビザから狙える永住権は雇用主ありきの永住権(S186)が一般的。

DAMAはテンポラリー・スキル・ショーテージビザ(S482)と言われる就労ビザをまず取得し、数年働いた上で上記の永住権が申請できるようになります。

南オーストラリア州が加わる

今回の情報はこのDAMAの対象地域に南オーストラリア州が加わる内容。7月1日から南オーストラリア州でDAMAを対象にしたビザ申請の受付が始まります。

南オーストラリア州のDAMAはアデレードとそれ以外の地域向けに2つ用意されています。それぞれに職業リストやビザの申請条件(IELTSやお仕事経験)が変わってきますが、アデレード外側の田舎エリアは条件がとても易しくなっています。
Adelaide Innovation and Technology Agreement
South Australian Regional Workforce Agreement
それでは見ていきましょう!

アデレード向け

60 occupations listed on the Adelaide Innovation and Technology Agreement
Adelaide Innovation and Technology Agreementはアデレード、特に中心部向けにリリースされます。「アデレード・イノベーション・技術合意」と呼ばれていて、その中で60種類の職業がリストアップされています。

その職業は就労ビザ(TSSビザ)の短期(2年)長期(4年)のビザ申請に載っていないものなので、実質的にビザ申請のための職業が追加された感じでしょう。

そのほか全ての地域

South Australian Regional Workforce Agreement that will cover the states of SA. A total of 114 occupations are listed
「南オーストラリア地方労働力合意」と訳せばいいんですかね?訳し方はさておき、職業リストに載っている職業数がアデレード向けの2倍に増えています。

このDAMA対象エリアの職業リストには観光業やレストラン業、ホテル業などホスピタリティに関わる職業も含まれているのでかなりビザを狙いやすいです。

ゼロから移住を目指すならこのアデレード外側の田舎エリアでDAMAビザを狙うほうが良いです。というのもビザ申請に必要な英語力の証明はIELTS 4.5。そして、技術査定(スキルアセスメント)が必要ありません。さらに40代からのオーストラリア移住を考えている方に特に重要な年齢制限もなし!

まだあります!もちろん永住権への道が用意されています。永住権は雇用主指名ビザ(S186)!

とても魅力的なDAMAの内容ですね!

オーストラリア移住へのアドバイス

今回は南オーストラリアが始めるDAMAの内容を解剖していきました。オーストラリア移住をこれから狙う方にはもってこいの場所が南オーストラリア州です。

ゼロから移住は南オーストラリア!これできまりです。

オーストラリアに移住したい人に幸運を。

次のページ > 永住権を目指すなら南オーストラリア州は移住しやすい!

情報元: Update to South Australian DAMA, Introduction of South Australia’s New Occupation List under DAMA

コメントを投稿