オーストラリア留学を最大にトクするクレジットカードは?【最低1枚は必要】

こんにちは、うめ太郎です!

オーストラリアに留学の際は最低ひとつのクレジットカードを持っていったほうがいいです。

クレジットカードは使う使わないに関わらず、保険的な意味合いもあるので海外移住の強い味方ですね。

今回は、留学の際にクレジットカードを持つメリットやオーストラリアのカード事情について考えていきます。

それでは今日もアツく語り合いましょう!

オーストラリアはカード社会

もしオーストラリアはカードが無ければ生きていけない国だとしたら?

もちろんそんな極端なカード社会ではありませんが、当たらずも遠からず。現金主義の人がオーストラリアで生活するのは年々不便になっています。

なにせ現金で支払う光景を町中でほとんど見かけません。それ以上にカードを持つことで得られるメリットのほうが大きいです。

特に留学生やワーホリの方がもつメリットはオージーと比較にならないくらいあります。

身分証代わり

クレジットカードはパスポートと同じくらいの価値があります。例えば永住権や就労ビザの申請に必要になる警察証明を申請する際の身分証アイテムとして認められています。

その他にも銀行口座を開設する際に必要になったり、ホテルを予約する際の身分証にもなったりと、これからオーストラリアで学校に入る方にとって必須のアイテムだと言えます。

関連記事:オーストラリアの銀行選びに参考になる情報を徹底解説!【完全版】

支払いはカードがあたりまえ

なんでもカードで支払う風習がオーストラリアにはあります。クレジットカードは銀行のキャッシュカードを手に入るまでの中心的な存在です。

レストラン、飲み屋(バー)、ビザの料金さえもクレジットカードで支払えます。

ビザの料金に関してはクレジットカードの他、銀行振込やPaypalにも対応していますが、手っ取り早さからクレジットカードによる支払いが最も多く利用されていますね。

関連記事:オーストラリア、ビザの支払い方法5種類とそれぞれの特徴は?

カードは思った以上に安心

オーストラリアでは現金を持つよりもカードを持つほうが安心です。

財布に現金を入れると無くしたり、スリなどの犯罪に巻き込まれると返ってきませんがクレジットカードは保証が効くので何か合ったときの金銭的な被害を最小限に食い止められます。

しかも、分厚い財布を持ち歩くより、カード一枚のほうがスマートでカッコいい。と言うより楽です。

スーパーにちょい買い出しするときにはカード1枚持っていくのがキホンですね。

オーストラリア独自の事情に戸惑う

クレジットカードで支払うとき、日本では意識しないことでもオーストラリアで気にする必要もあります。

カード手数料がかかる

クレジットカードを店舗で使う際は手数料が0.4%〜2%程度掛かります。オーストラリアではカードの利用者に手数料を請求してもよい法律があるのでほとんどのケースで手数料が取られます。

カードの支払は2つあります

店舗でクレジットカードを使って支払う時に、店員さんから「セービング」「クレジット」のどっちで支払うんだい?と聞かれることがあります。

オーストラリアの銀行カード(キャッシュカード)はクレジットカード付のものがほとんど。店員さんはどちらかわからないのですね。

セービングはキャッシュカード経由で銀行口座から直接支払いすること。クレジットはそのままで、クレジットカードで支払うことを意味します。

カードで支払う際は、「By the credit card」と、銀行引き落としにしたい場合は「By saving」と答えましょう。

ただ、クレジットカードの場合は明らかに銀行のカードでないのでほとんど聞かれませんが念の為紹介しました。

海外保険代わりにクレジットカードを持つ

クレジットカードの中には、海外保険が付いているものがあります。

旅行代金の一部をカードを通して支払うことで保険が付く「利用付帯」とクレジットカードを持っているだけで保険が付く「自動付帯」があります。

海外保険としても使えるんですね。

TAFEや大学などの留学生はビザの条件で保険に入る義務があるのでクレジットカードに付いている保険が必要になるわけではありませんが、何か合った時に保険料がダブルで支払われるのは魅力的ですよね。

オーストラリアに付いたばかりの留学生は現地の生活になれるまでに怪我やトラブルに巻き込まれる可能性も永住者と比べると高いです。

また、4ヶ月未満の短期留学の方は観光ビザやワーキングホリデービザでもできるのでその方は特に海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていったほうが良いと思います。

保険がついているクレジットカードを持っているだけで海外生活の安心も持てます。

関連記事:保険の加入が必要なオーストラリアのビザをまとめた!

留学初期にクレジットカードは使う

ぶっちゃけ、オーストラリアの留学生活でクレジットカードはほとんど使いません。

銀行のキャッシュカードがメインです。

では必要ないのか?と言われるとそうでもない。

留学の初期の銀行口座の開設や、上で説明したように移住初期の保険的な意味合いを考えるとクレジットカードをとりあえず持っていくことは渡豪後にスムーズに生活を軌道に乗せられるのでスタートダッシュが早い

留学生活がある程度軌道に乗れば自然とクレジットカード離れし、オーストラリアの銀行カードを使うと思いますが、それまでの間は重宝します。

オーストラリアで使えるクレジットカード

クレジットカードを持つなら何枚も保つ必要はありませんん。たくさん持つことで逆にリスクになることもあります。

最低1枚は持っておく。これだけで大丈夫です。

ボクがおすすめできるクレジットカードは下2つ。

エポスカード

年会費無料で海外旅行保険が付いてくるのがエポスカード。無料で保険が入れるのと同じ意味があるのでとってもお得です。

保険内容は怪我や病気、携行品の盗難や破損に対しての保証があります。

縁起でもないお話ですが、仮に死亡したり後遺症が残る事故や怪我であった場合は最高で500万円保証。傷害治療では200万円まで保証されるので安心して留学や海外旅行ができます。

当然、クレジットカードを紛失し不正に利用されたとしても61日前までさかのぼり全額保証してもらえます。

年会費無料でここまでできるクレジットカードはエポスだけです。

三井住友VISAカード

テレビやCMでおなじみの三井住友VISAカード。年会費は支払い総額に応じで無料になったり掛かったりします。

カードの裏に自分の写真をつけることができ、身分証としてもしっかりと使えるところがいいですね。

カードの不正利用も防ぎやすいです。

三井住友VISAカード最大のメリットはオーストラリアで現地サポートが受けられること。

「VJデスク」と呼ばれていますが、サポートセンターがシドニーとゴールドコーストにあります。

しかも、オーストラリアの観光情報も提供してくれ、カードの紛失や盗難時などトラブルが合ったときのサポートがオーストラリアで受けられるのはとっても魅力的ですね。

クレジットカードが使えない残念な場所

オーストラリアでもクレジットカードが使えない場所があることも知っておきましょう。

いくつか外部の記事で見かけましたが2019年現在、バスや電車の支払いにクレジットカードはどの州でも使えます。

スイカやイコカのようなプリペイド式の運賃カードが流行っており、クレジットカードでチャージすることができます。

ただし、運賃カードを使わない方式で乗車する場合は現金のみの支払いになっているので小銭を持っておきましょう。

最後に、カードは一枚あれば十分

クレジットカードは一枚で十分です。

実際に使う機会も留学の初め1,2カ月しかないでしょう。

クレジットカードはあくまでサポート役に徹するとして、オーストラリアに留学後はなる早で銀行口座を開設するほうが良いです。

ただ、ご不安な方は、数枚持っていても損はしないと思います。

ありがとうございました。

次のページ > オーストラリアに賢くお金を持っていく方法+ボクのやり方

次のページ > 日本円からオーストラリアドルに換金・両替するベストな方法は?

コメントを投稿