よくある海外移住の理由を考えてみた【海外は天国ではない】

こんにちは、うめ太郎です!

海外移住する前に理由を知っておくのは大切です。

日本を離れて別の国で暮らすわけですから移住した国があわないなんてことになればお金的にも人生的にも痛手です。

とりわけボクは世界中の国々の中で最終的にオーストラリアを選びましたが海外移住の理由は、どこに行くのかは関係ありません。共通の部分があります。

そこで今回は、海外移住する理由について考えていきます。

それでは今日もアツく語り合いましょう!

ボクが海外移住をした理由

人それぞれ海外移住の理由は違いますが、ボクが海外移住をしようと思ったのは当時のパートナーがしたいと言ったから。

ボク的にはこのまま日本でずっと暮らしていく予定だったのですが、尻に敷かれていたボクは、「まぁ行きたいと言うなら行こう」と決意。

ただ、パートナーは待ちきれずに浮気してベルギーに行きました。

その時まですでに2年以上かけて海外移住の準備をしていたわけですが、日本で暮らしていくか、海外移住を引き続き目指すか迷った挙げく、将来的に海外に住むことはプラスになるだろうと移住を決意しました。

まぁ、めちゃくちゃな感じで海外に行ったわけです。

海外移住をする最大の理由

ボクは海外移住にワーキングホリデー制度を利用してそのまま永住しましたが、海外移住することでどんなプラス面があるのか考えてみます。

子供の教育

これからの時代、英語は必須の能力になるのではと言われています。日本の企業もグローバル化によって世界展開しているので英語や現地の言葉を話せるようになるのは重要

さらに、バイリンガルはIQも高くなる傾向があります。

オーストラリアだけに焦点を当ててメリットを考えていくと、仕事が毎日定時に帰られるので男性も育児に参加しやすい点が挙げられますね。

育児と子供の成長は密接に関係していて、当然母親が中心になるわけですがそれを支える男性側も重要なウェイトを占めています。

スキンシップが多い環境で育ったお子様はEQ(心の知能指数)が高くなる傾向があるので、ライフワークバランスが取れた国に移住するのはかなり大きなメリットがありますね。

キャリアを上げる

海外で働いた経験があるだけで日本の企業で重宝されます。

もちろんフルタイム(正社員)として働ければの話です。英語力やその国の言葉が話せると帰国してからのキャリアアップにも影響するのではないでしょうか。

ボクは日本の転職サイトにいくつか登録しており、かなりの頻度で面接の依頼をいただけています。そのうちのいくつかは上場企業もありました。

企業としては海外経験のある方を採用してグローバ化を促進したいのかも知れません。

また、今の時代、情報リテラシーがある人は何をする上でも優位になります。他人より知っていることが増えるわけで当然ですね。

インターネット上にある文書の7割以上は英語で書かれていると言われています。英語が話せるだけで手に入れられる情報量が圧倒的に違います。

つまり海外に移住すると第二言語を学ぶことにもなるので、インターネット上から手に入れられる情報量が増えます。

結果的に問題解決能力が高い人材ということにもなります。

外国人と付き合いたい

海外移住する方の中には外国人、とりわけ白人に対する憧れから彼氏・彼女は絶対に外人がいい!という方もいらっしゃいます。

ボクも当たらずも遠からずといったところなので気持ちはとても理解できますね。

海外移住すれば、まわりは外国人だらけになるので外人の彼氏を見つけやすいのでその点はメリットがあります。

日本疲れ

日本で働く労働時間はお世辞にも良いとは言えません。ボクも毎日13時間は働いていました。

睡眠不足や休日の不足はメンタル管理に重大な影響があります。自分が病気になる前に、またはすでに精神疾患を持ってしまったかが療養できる場所は海外しか無いと考える方もいらっしゃるわけです。

これまで会ってきた日本人の方の中にはそういった背景から移住したんだろうなと思える人が少なくありませんでした。

海外移住で変わること

海外に1年以上住むと必ず何らかの価値観が変わります。

海外=常識が違う

ので、別の視点から物事を見れるようになるといえばいいでしょうか。

とりわけ、ボクの場合は日本がいかに素晴らしのか知るきっかけになりました。

海外移住をした人には日本批判ばかりする方もいらっしゃいますが、多くの方は日本の素晴らしさに気づいていると思います。

また、生き方も変わる人もたくさんいらっしゃいます。

海外移住=天国に移住でない件

よくある潜入感ですね。海外という場所はまるで天国かのようなイメージを持っている方もいらっしゃいます。

現実はまったく違います。利便性だけで考えると日本が一番だと思います。海外って怠けたりする人が多いので郵便が届くのは遅いし、モノはよく壊れるしで日本とは違う所でストレスを感じます。

また、人種差別もあるのでやっぱり住みにくい国ではありますね。

日本のいい面、悪い面と海外のそれぞれを比較してみて最終的にどっちの国がいいのか考える切っ掛けになるでしょう。

関連記事:ちょっと後悔かも!オーストラリアに移住して感じた心配事や不満。

最後に、理由よりも気持ちが大事

海外移住のメリットやするべき理由を知ることも大事です。ただ一番大事なのは気持ち。

「なぜ海外移住したいのか?」について、他人の理由ではなく自分の気持で動くことが失敗しないコツだと思います。

移住を現実にするにはネットでの情報を整理していくロジカルさも大事ですが、一番は自分の想いだと思います。

海外移住をしたい!その気持ちにそって動いて下さい。そうすることで移住に立ちはだかる様々な問題も乗り越えていけるのです。

ありがとうございました。

次のページ > 海外移住するのに向いている人の特徴を分析してみた!

次のページ > 海外移住に必要な英語力はどれくらい?目的に応じた勉強を効率的に

コメントを投稿