【ワーホリや移住】オーストラリアに着いてから「必ず」する事をまとめた!

こんにちは、うめ太郎です。

オーストラリアで一歩先にスタートダッシュするために、着いてからすることをまとめました。

これからワーキングホリデーや移住で渡豪する人が一度は読んでおきたい情報を網羅しています。

ちなみに語学学校に行く(行った)人は前準備の段階としてフィリピンに留学して50万円くらい節約してからこっちに来る人もいますが今回は着いてからの話が中心です。

では早速、ボクがオーストラリアに着いてから手続きをしたことについて書いていきます。

到着後に優先的にすることは働く準備!

まず、何よりも優先することがオーストラリアで働く準備。そのためには

  • 銀行口座
  • 携帯電話番号
  • 移動手段
  • タックスファイルナンバー

を手に入れることを優先する事が一番重要。

オーストラリアで働くためには必ずタックスファイルナンバー(TFN)の番号が必要。これは納税者番号のような役割をする他、ワーホリにも関係のある年金の支払いにも使われます。

関連記事:タックスファイルナンバーとは?申請方法などまとめ!

そして仕事を見つけるためには電話番号がなければ連絡の取りようがありません。またオーストラリアでは「携帯番号がない=信用できない」と思われる所があるので携帯番号がないと仕事も見つけられない。

関連記事:オーストラリアで一番安い携帯SIM。Lebaraの1ヵ月プランはダントツ

仕事が見つかれば給料が振り込まれるわけで、そのためには銀行口座が必要。ただごく一部ではキャッシュで受け取る人もいますが雇用者は税金を支払っていない可能性があるので注意が必要です。

関連記事:オーストラリアの銀行選びに参考になる情報を徹底解説!【完全版】

移動手段は、自転車や車の事を指しますが、オプションですね。オーストラリアのシドニー、メルボルン、アデレード、パースなどの主要都市では公共交通機関が発達しているので自転車や車は必須ではありませんが、あれば何かと楽です。

ビザシールはいらない

オーストラリアではビザが発行されると自動的にパスポートとリンクされるのでビザシールをわざわざ貼る必要はありません。

観光、訪問、ワーホリ、就労、永住権などボクが知る限りすべてのビザにおいてパスポートだけで入国ができるので安心してください。

最近ではワーキングホリデービザの取得は数千円の手数料を支払えば代行してくれるサービスがあるし、ビザも数日で発行される。

昔と比べてオーストラリアの渡航はスピード感が増していますね。

安全情報をタイムリーに受け取る

たびレジなどの登録も忘れずに

何かと海外で生活しているとトラブルに巻き込まれたりすることもありますが、そういった事を未然に防ぐ情報をなるべくタイムリーに受け取れるのが「たびレジ」。

たびレジは日本政府が運営しているサービスで主に、

  • 海外の安全情報(犯罪・病気)
  • トラブル時のサポート
  • 事故や事件からの救出

が受けられるもの。

たびレジに登録していないと、オーストラリアに限らず渡航先でトラブルに巻き込まれた場合に、その国にいないことになるので何があっても救出できなくなる。

そういった事がないように予め登録しておきましょう。自分の身は自分で守れです。

たびレジは海外で生活する期間が3ヶ月未満の方にオススメ。無料でできるのでサクッと終わらせてしまいましょう。

外部リンク:たびレジの登録

長期であればオンライン在留届

海外に3ヶ月以上住む場合はオンライン在留届の提出が必要です。

オンライン在留届をしておくと、たびレジと同じように海外の安全情報、事件や災害、事故に巻き込まれた場合の安否確認、救出支援がスムーズになるのでこちらもサクッと終わらせておきましょう。

すべて無料です。

外部リンク:オンライン在留届の提出

銀行はUbankがオススメ

銀行の開設はUBankがオススメです。オーストラリアの有名な銀行は

  • National Australian Bank (NAB)
  • Westpack Bank
  • Australia and New zealand Banking(ANZ)
  • Commonwealth Bank
  • UBank

の5つがありますが、とりわけ口座維持手数料が掛からず、利子が高いのがUBankなんですね。

UBankはインターネット銀行なので実店舗がない。だから条件が良いのですが、実店舗がないと不安という方も心配ご無用。UBankはNational Australian Bankが出資しして出来た銀行なのでNABのATMからお金を無料で引き下ろせます

オーストラリアのメジャーな銀行を比較した記事は「オーストラリアの銀行選びに参考になる情報を徹底解説!【完全版】」で詳しく書いているので気にかる方はどうぞ!

スーパーアニュエーションの口座を作る

最後に、年金口座(スーパーアニュエーション)の開設も必要です。スーパーアニュエーション口座というのは年金のための銀行口座。

仕事をするとすべての従業員が給料の9.5%の金額をスーパーアニュエーション口座に振り込まれます。

これ、全員ですよ!ワーホリ、学生ビザ、就労ビザなど賃金が発生するお仕事をしている人は全員が振り込まれます。

この年金は、ビザの有効期限が終わり、帰国すると決めた人が受け取れるので必ず作りましょう。

スーパーアニュエーション口座を作った後は、その事を雇用主にしっかりと伝える事も忘れずに。また、定期的にお金がスーパーの口座に振り込まれているか必ずチェック。

もし、振り込まれていなければ、雇用主は納税していない可能性があります。雇用されていないということですね。その場合、毎年7月に申請する確定申告(タックスリターン)でお金が戻ってこないので損をする上に違法労働していることになり罰則の対象です。

関連記事:やり方!スーパーアニュエーション口座を開設!AUSで働く人へ

いかがでしたでしょうか。

今回はオーストラリアでの生活をスタートダッシュするために、着いてからすることをまとめていきました。

この記事がこれからオーストラリアに移住する人に参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

次のページ:オーストラリアで最大にトクするクレジットカードは?

次のページ:オーストラリアに賢くお金を持っていく方法+ボクのやり方

ADVERTISEMENT

コメントを投稿