どっち?ワーホリは休職?それとも退職?AUSに来る人へ!


ワーキングホリデーには休職して行くか退職するか悩みますね。今回はワーホリでの休職の考え方にヒントを差し出せればと思っています。最後にはメリットとデメリットをまとめてみました。

これからワーホリを考えている社会人の方に参考になればと思います。

まず初めに、オーストラリアで永住権を目指している場合は必ず休職してから移住してください。無職の期間が空くとビザの審査に影響する可能性が高いです。

エージェントからの情報ですが、無職の期間は3ヶ月以内であればビザの審査に影響がありませんが、それ以上だと影響が出るので可能な限り休職という形で退職をさけて渡豪する方が良いとの事です。

それでは、行ってみましょう!

休職=また日本に戻ると考えなくていい

会社も休職願いを受け取った段階で、運が良ければまた戻ってくる程度にしか考えていません。実際、僕はワーキングホリデーをする時に、休職扱いでここオーストラリアに来ました。その会社の上司は戻ってきたらラッキー程度で考えているという事を後で知りました。

休職したからといって、必ずその会社に戻らなくてはならないわけではないです。もっと楽に考えましょう。

現に休職した人の5割は復帰せずにそのまま退職しています。

ワーキングホリデーに休職するのは、あくまで自分のこの先を見つめなおす為の時間であると考えましょう。ホリデーが終わった後にもう一度真剣にこの先どうするのかを考えればいいのです。

退職の唯一のメリット

海外留学やワーキングホリデーを休職扱いで行くと、少なからず後ろめたい気持ちになる人もいます。初めから特に戻るつもりがないのに休職保険として休職をした人がそうですね。退職するメリットはそういう後ろめたさがなくなることです。

休職した方が良いケース

日本に戻るかもしれない場合

海外移住が終わり、その後日本に戻ってくる可能性も考えた時、日本に働き先があることは安心して海外で生活することが出来ます。

就職活動もする必要がるのはとても楽ですね。

ただし、休職したからといって会社での仕事が保証されているわけではありません。仮に会社に戻れたとしてもポジションや仕事内容は依然よりもレベルの引くものになる可能性が高いと考えてください。

海外移住を考えている場合

ボクはオーストラリアに海外移住目的でワーキングホリデーを使いました。もちろん海外の異文化や慣習を知るためにワーキングホリデーを使いましたが、移住も見据えてです。

オーストラリアで永住権を取得するには、技術査定が必要でした。休職した場合、技術査定で職歴の空白期間がなくなります。審査の上で休職がメリットになるんですね。さらに永住権の審査のうえでも休職の場合は「Suspend」扱いになりますが、退職した場合は「無職」と表記しなければなりません。

海外移住を考えている方はその国のビザ情報も集めて、休職するか退職するかを判断する必要があります。

ボクの場合は上記の事を踏まえて休職する事を選びました。またその為に会社に許可してもらえるようにAUSに移住する1年前から仕事を頑張りました。*
* 会社に率先して自己アピールや貢献をしてきました。誰もやりたくないような仕事も率先して行い、自社内で行っている自己開発セミナーにも休日にさんかしたり、過去に努めていた会社を営業先として紹介しました。

2015年1月29日更新:無事に休職許可がおりました!

移住についてのアドバイス

海外移住を見据えたワーキングホリデーや長期観光、留学の場合は休職にすることでビザ審査を有利に運ぶことが出来る場合があります。

海外移住先で日本食レストランの職歴より、日本での職歴の方が便宜上良いかもしれません。

日本に一度戻るにせよ、休職扱いで海外に旅立つことをお勧めします!

この記事を読んでも、休職か、退職か悩んでいる方にアドバイスしたいです!どっちでも良いです!とにかくオーストラリアで移住してから先の事は先の事として考えましょう!

オーストラリアに移住したいと思う全ての人に幸運を。
おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)




コメントを投稿