北海道情報大学、通信課程の卒業までに掛かった費用と仕組み!

こんにちは、北海道情報大学の通信を「たぶん」主席で卒業した、ウメ太郎です!

無事に北海道情報大学の通信課程を卒業しました。予定通りの2年で完了です。

ところで、最終学歴が大卒というのはなかなか気持ちが良いですね。ヨダレもんです。

3年次編入で2年でストレートに卒業できる人はかなりレアみたいで、北海道情報大学からインタビューさせてほしいと直々に連絡がきました。

成績もそれなり良かったのでしょう。

ただ、オーストラリアに移住する直前の出来事だったので丁重にお断りしました。

さて、今回は北海道情報大学を卒業するのに掛かる学費と通信課程の仕組みについて書いていきます。

それでは今日もアツく語り合いましょう!

北海道情報大学の通信を選んだ理由

ボクが北海道情報大学の通信課程に入ったのはオーストラリアの移住に学士の学位が必要だったからです。
北海道情報大学の通信はオーストラリアの技術査定で大学として認めてもらえる
通信制の大学は社会の認知も低く軽く扱われるかと思っていたのですが調べてみるとオーストラリアでも大学として正当に評価してもらえることがわかりました。

さすが、歴史ある大学は違いますね。

その他、放送大学も調べてみましたがコチラは情報不足で国際的に大学として認めてもらえない可能性があると思いました。

世界でも大卒と認めてもらえる北海道情報大学に入学することは通信でもメリットがあると言えます。

2年間の学費は664,000円!

ボクは大阪にあるECCコンピュータ専門学校を卒業していたので北海道情報大学には3年次編入できました。

専門学校を卒業していると、2年間の在籍で卒業できます。

その2年間の学費は664,000円。思ったより高いのかもしれませんが、理由があります。

スムーズに卒業するためのテクニックです。

高かったのはスクーリングをインターネットのメディア授業で置き換える方法を積極的に使ったからです。
全ての単位を印刷授業だけで取得した場合、その半分程度の374,000円で卒業することができます。

学費以外で掛かった費用は、単位を取るための試験を受けるために行く
  • 交通費
  • 宿泊費
  • 食事
  • そして授業料の振込手数料
が掛かります。

ちなみに、ボクは試験会場と近い東京に住んでいたので交通費と振込手数料の7000円くらいで済みました。

入学金107,000円
選考料10,000円
25年度 前期学費60,000円
25年度 前期 メディア授業料70,000円
25年度 後期学費60,000円
25年度 後期 メディア授業料65,000円
26年度 前期学費77,000円
26年度 前期 メディア授業料60,000円
26年度 後期学費60,000円
26年度 後期 メディア授業料95,000円
* メディア授業料はインターネット・メディア授業のこと。合計:664,000円

お金を優先する場合は印刷授業を中心に学習を進めるので費用は
  • 4年で60万程度
  • 2年で30万程度
卒業を優先する場合はメディア授業を中心に学習を進めることになるので費用は
  • 4年で120万程度
  • 2年で70万程度
でしょうか。

授業料は1年を前期と後期に分けてそれぞれ支払うので、4年間、北海道情報大学に在籍する場合は8回支払うことになります。
なので、印刷授業だけで学習を進める場合は、1回の支払いは、8万円弱です。1年で16万円以下ですね。

また、それ以外の学費にかかわる部分では「入学金」や「選考料」があり3万円ほどになりますが、ワンオフ(1回限り)の支払いになります。

さて、僕が卒業までにかけたお金はこれくらいにして、通信課程の入学から卒業まで、僕はどう進めたのかについて書いていきたいと思います。

北海道情報大学、通信の仕組み

北海道情報大学は印刷授業とインターネットメディア授業、スクーリングの3形態で科目を学び単位を取得することが出来ます。

印刷授業は教科書と学習用プリント(問題集のようなもの)を使い勉強する方法で基本的には「紙媒体」と向き合いながら学習を進めます。
教科書を読み、学習プリントを進めて、分からないことはインターネットで調べるか、担当の教授に質問する形です。

1年の前期と後期の終わりごろに単位を取得するための試験があるので、指定の会場に行き試験を受けることで単位が確定します。

それに加えてレポート課題と呼ばれる、別の提出物があります。試験と似ていますが、会場に行く必要はありません。

ちなみにこの学習プリント、自分が選択した科目のに関係なく全部一括で送られてきます。

インターネットメディア授業オンラインでYoutubeのような動画を見ながら学習を進めていく方法です。

教授や講師がまさに目の前で授業を進めているかのような雰囲気を味わいながら、学べるので授業が理解しやすく、学習の効率が良いです。

ただ科目ごとに20,000円を追加で支払う必要があります。

スクーリングは、1年に2回(夏季・冬季)にある会場に行ってリアルに授業を受けて単位を取得する方法です。
その2週間から3週間の時期があり、その期間はスクーリング期間と呼ばれます。

スクーリングの最後には単位取得をする為の試験をパスしなければなりません。

この3つの方法を組み合わせながら学習を進め、単位を取得していきます。

通信課程をスムーズに卒業する

通信課程でも学士の学位を取るためには2年から4年間、大学に在籍していなければなりません。

僕の場合はオーストラリアに移住する為に学士の学位が必要だったので、何よりも2年で卒業する為にはどうしたらいいのか?から考えました。

結論から言うと、しっかりとした学習計画は必要ですね

卒業までに取得しなければならない単位は124単位なので、各期ごとに何単位取得しなければならないのかを考え、簡単な科目を先に持ってきました。

通信の場合、教えてくれる教授や講師がいないので、それに代わるメディア授業を積極的に組み込みました。出来るだけメディア授業で取得できる科目を増やす作戦です。

勉強時間は一日2時間から3時間。仕事から帰ると勉強して、週末は集中する為に毎週図書館に行きました。

勉強中はなるべくノートにポイントをまとめる事も試験対策には有効です。
いくつかの試験科目ではノート持参してもよいルールがあるので、ポイントさえまとめれば試験の時にノートを確認してさっと思い出すことが出来るのです。

こういう流れを2年続けて、最低在籍年数で卒業しました。

通信制の試験対策も

通信制の大学で一番の悩みは卒業できるかどうか。北海道情報大学の通信制は試験対策用のSNSがあるので効率的に勉強できます。

その名も、北海道情報大学科目試験対策 研究会。ソーシャルネットのサイトで、過去問を共有しています。

ただ、実際の試験内容とはちょっと違っていたりします。試験問題のテスト用紙は持って帰れないので、記憶を頼りに有志たちが投稿しているよう。

ボクが実際にそのサイトで勉強して試験を受けてみると似たような問題が出題されていたのでいくつか点数が稼げました。

仕事で毎日、日付が変わるまで働いている社畜の身としてはとても嬉しい最強の試験対策サイトです。

ありがとう先人たち。

オーストラリア永住に向けて

あえて北海道情報大学の通信制を選んだのはオーストラリアに永住するため。オーストラリアで通じる大学を少ない学費で学べるのはかなりメリットがあります。

北海道情報大学の通信学部は永住権申請に必要なオーストラリア技術協会の技術査定で認めてもらえる大学だったので、選びました。

通信を卒業して永住を目指す方法は、アデレードに暮らすというブログを参考にしました。bonze705さんありがとうございます

永住権の大切さを考えると、大学が認定される為に掛けるお金が70万弱なのは決して高くないと思います。

北海道情報大学が認定がされなかったとしても国内で通じる学士(経営情報学)がもらえますしね。

また、北海道情報大学の通信課程をオーストラリア技術協会から認めてもらうには、「学士の学位」が必須ですが、選択科目を出来るだけ多くコンピュータ関係のものにしてください。
それも3年次4年次レベルの高度な科目である必要が条件です。

これを怠ると審査が通らないので注意してください。

最後に、オーストラリアの永住権で優遇されるオーストラリアの州内の学校を卒業した場合にプラスされるポイントは、オーストラリアの国内の通信制大学は対象外になるので注意してください。

オーストラリア技術協会のガイドラインに書いていました。

次のページ > 【オーストラリア】通信制の大学ってアリ?大学のリストと永住の視点

次のページ > 海外であえて日本の通信教育を受ける理由【海外で楽に生きる】

コメントを投稿