【オーストラリア】通信制の大学ってアリ?大学のリストと永住の視点

こんにちは、うめ太郎です!

オーストラリアの通信制大学を攻略するなら任せて下さい!なんでも知ってますぅ!

お金をかけずにオーストラリアの学位がほしいなら通信制の大学がオススメ。日本にいながらオーストラリアの大学に入学でき、卒業後はまるで留学したかのような学歴になります。

そこで今回は、オーストラリアの通信制大学について、移住や永住を見据えながら考えていきます。

それでは今日もボク、うめ太郎とアツく語り合いましょう!

通信制の大学ってあり?

オーストラリアの大学に入学しても社会的な立場がなければ意味がない。その点では全く問題ありません。もちろんアリです。

特にオーストラリアでは小中学校(K-12)から学校に通うことができない方を対象にSchool Onlineという形で通信制の教育が提供されているため、ネガティブな意識はありません。

ネットを使って受ける教育は、一般的です。

オーストラリアでは国土が広いこともあり、通学ができない方も多く、通信制の小中学校、高校、TAFE、そして大学に参加することに自然な感覚を持っています。

オーストラリアならではの通信制事情ですね。

オーストラリアの一般的な通信制については外部のサイト「Distance Education」で詳しく説明されています。

通信で学習するメリット

通信制の大学に入るメリットは、場所を選ばずに学位が取れること。そしてその費用が通学性と比べて格段に安いことがあげられます。

このあたりはオーストラリア、日本の通信制大学とメリットがかぶりますね。

実際、ボクが通信制の大学に入学した理由は

  • 仕事をしながら勉強ができる。
  • 勉強の時間を作りやすい。
  • 安く学位が手に入る。
  • どこでも勉強ができる。

でした。

さらに、オーストラリアの通信制大学を卒業すると学歴がまるで留学したかのように見えるので就職に有利な点もあります。

通信制大学の難易度

通信制は、オーストラリアにある大学で教育が提供されているので、全てが英語です。英語がそれなりにできないと授業についていけません。

通学の場合は、入学条件としてIELTS、6に相当するスコアが必要です。通信制の大学には必ずしもIELTSが求められるわけではありませんが、同じくらいの英語力がないと、卒業ができないと考えたほうがよいでしょう。

その他、オーストラリアに限らず大学に通わずにオンラインで学習を進めていくスタイルの授業は卒業までの計画を立ててから、学習を進めていくところが難しいところです。

やる気 (モチベーション)の維持も欠かせません。そういう意味では物事をやり抜く力が必要です。

また、オンラインでの授業は実際の講義に参加するわけではないので基本的には一人で進めなければなりません。分からないことは自分で調べていかなければならず、問題解決力も重要な要素です。

教授との会話も直接できません。全てはメールでのやり取りなので学習効率も悪く、テキストにかかれている説明文だけを読んでも理解しにくく感じるかも知れません。

通信制大学を卒業できた経験から

ボクは日本の北海道情報大学を最短の2年で卒業しました。だからこそ通信制大学の難易度がわかりますが、卒業までの計画と、モチベーションの維持が大変でした。

オーストラリアの通信制大学でないといけない、なにか特別な気持ちがないと卒業は難しいのかも知れません。

留学 vs 通信制大学

留学のメリットはすなわち通信制大学のデメリットになります。

たとえば、留学の場合はキャンパスライフやオーストラリアの文化を肌で感じることができるメリットがありますし、大学で知り合った方と一生の友達関係になるかも知れません。

ただ、だからと言って留学が良いのか?と判断するのは無理がある。

私生活の充実だけで見ると留学のほうがいいでしょう。ただ、少ないお金で学位を取ることだけを考える通信制大学のほうがいい。

どちらが良いのかは目的次第。通信制大学や留学、それぞれに長所と短所があるので大学で学ぶ目的をはっきりさせた後にもう一度、振り返ってみると良い判断ができます。

ビザや永住権にはメリットある?

これからオーストラリアに移住を考える場合、また更にその先の永住権を狙う方は、通信制大学がビザの申請条件とどのように関わっているのか知っておきたいですよね。

技術査定を考えると、通信制にメリットが。ただポイント制の永住権ではちょっと不利かもしれません。

永住権での学歴の扱い

オーストラリアではビザ申請を考えるとき、

  • お仕事経験
  • 学歴

の2つが常につきまといます。

このお仕事経験は技術査定(スキルアセスメント)を通して証明しますが、その際には大学の学位が必要になるのです。

この技術査定のガイドラインを翻訳して分かったことは、基本的には大学やTAFEを卒業していないと技術査定はパスできません。

技術査定で認められる大学の学位はオーストラリアの大学であれば問題がないので日本のマイナーな通信制大学を卒業するよりもメリットがあります。

ポイント制永住権での学歴扱い

自分の学歴や職歴、年齢をポイントに換算して申請する永住権があります。その中ではオーストラリア国内の大学を卒業した場合と、そうでない場合でポイントの計算方法が変わります。

オーストラリアの通信制大学は、オーストラリア国内の大学で提供されている教育ですが、ポイント制の永住権の取扱ではオーストラリア国外での大学卒業として扱われます

つまり、オーストラリアの大学を卒業しているにもかかわらずポイントが少なくなるのです。

これには裏事情があり、オーストラリアの留学ビジネスの面を考えると、通信制大学は経済効果が少ないのです。

留学生は、家を借り、高い学費を払い、食料を買うなど、たくさんのお金をオーストラリアで使います。それがオーストラリアの経済にいい面がありますが、通信制は安い学費のお金しかないのです。

ポイント制の永住権については「オーストラリア、ポイント制の永住権で知るべき事。2019年版」で詳しく説明しています。

オーストラリアにある通信制大学

通信制で学位が取れる大学を紹介します。オーストラリアでは1,690の学部があるので、自分が学びたい内容を学べること間違いなし。

下の通信制大学のリストは「Study Portals」を使って大学を調べました。

最後に、形にこだわるな

大事なのは学ぶということ。そして大学卒業が自分の将来にどうポジティブな影響をあたえるのかまずは考えてみて下さい。

自分の中でしっかりとその目的が見えたのであれば、通学や通信制の形よりも「自分の夢、ゴール」に一番近い方法を選ぶことのほうが大事だと分かると思います。

就職であれ、オーストラリアに移住するのであれ、後になって振り返ってみると通信や通学の学び方は何の意味もないと気づくのです。

見た目よりも中身にこだわった人生を送るほうが何倍も身になるのです。

ありがとうございました。

次のページ > 海外であえて日本の通信教育を受ける理由【海外で楽に生きる】

次のページ > オーストラリアで留学生が学ぶ人気のコースは?移住の視点で

コメントを投稿