オーストラリアで絶対に気をつけたい7つの事|ウメの足跡

オーストラリア 気をつける オーストラリア人 価値観

オーストラリアは不思議の国です。

僕が初めてそう思ったのは、トマトソース缶を買ったとき。あれは僕の人生に残る七不思議の一つです。

今回は、オーストラリアで避けたほうが良いことを彼らの価値観を通して紹介していきたいと思います。

最後には、僕が経験したトマトソース缶がパスタ入りのケチャップ味だったことも紹介したいと思います。

  • 相手の名前を呼ぶことは敬意の表し方の一つ
  • オーストラリアはマルチカルチャー
  • オーストラリアでは相手の価値観を否定するな
  • オーストラリアに移住したいと言うと弄ばれる
  • 田舎のバス・電車の時刻表は信用するな
  • 野生動物は思ったより攻撃的
  • ケタ違いにマズイ、トマトソース

相手の名前を呼ぶことは敬意の表し方の一つ

Good morning, UmeTaro
Hellow, UmeTaro
Thank you, UmeTaro

基本的な挨拶や感謝の言葉に相手の名前を入れてください。
オーストラリアにも相手を敬う価値観があります。日本の目上の人を敬う価値観に対して、オーストラリアは相手を敬う価値観があります。

挨拶と感謝を述べる時に、相手の名前を入れることはとても大事です。
これを怠ると、相手に対して失礼に当たるので必ず、相手の名前を入れて読んであげてください。

オーストラリアでは相手の価値観を否定するな

オーストラリアに住んでいる人たちは細かいことを気にしません。
数は違えど、世界中の全ての人種と文化が、オーストラリアで共存しているので、価値観の違いに対する受け入れの幅が広いです。

"No Worries"っていう言葉も、ニュアンス的には、文化の違いを込めた「気にしないで」と言う意味を含んでいます。

相手の考えを否定する代わりに、肯定してあげてください。

オーストラリアに移住したいと言うと弄ばれる

遊ばれ人口の6割は純粋なオーストラリア人です。この6割の人達は移民に対して良い感情を持っていない人が多いですね。
特にオーストラリア政府が難民を受け入れていることに対して国民から反感をかっています。
オーストラリア政府が積極的に難民を受け入れた結果、オーストラリア人は自分たちが収めている税金が正しく使われていないと感じている人が多いみたいですね。

オーストラリア全土の雰囲気として、ワーキングホリデーに対して悪いイメージを持っている人が多いです。僕たちはワーキングホリデーは文化交流やキャリアアップのステップと捉えていますが、オーストラリア人には僕たちワーホリの人はフリーターに見えているのです。

また、ワーホリの犯罪率は比較的高い事もイメージが悪い原因なので、あまり移住したい事や、ワーホリであることを進んで言うと、騙されたり、遊ばれたりすることがありますので注意してください。


なるべく、オーストラリアに移住したい事や自分がワーホリビザである事を積極的に言いまくるのは避けたほうが良いです。

田舎のバス・電車の時刻表は信用するな

オーストラリアでも都市から離れるに従って、時間に対する意識がかなりゆるい感じになります。公共交通機関も同じで、バスや電車は時間通りに出発しません。

都市間のバスや電車も提示どおりに出発したり到着したりしないことがあります。
オーストラリアは日本の何倍も広い土地があるので大都市間、州と州を走る電車は時間のズレが起こるケースが多いです。

田舎や地方で乗り過ごすと、数時間待つことになるので、時間はかなり余裕を持ちましょう。

野生動物は思ったより攻撃的

オーストラリアでも昔と比べて都市化かが進んでいるので動物を生で見る機会がなくなりました。テレビでも動物と人間が共存しているような報道をしているような感じで、それだけを見ていると野生動物は犬や猫などの家庭動物のような感覚さえ感じてしまいます。

ベビなどの小さい生き物でも、噛まれると致命傷になるので出会った時には近寄らないようにしてください。

また、珍しいからとといって、蜘蛛のお尻を舐めたりしないでください。

ケタ違いにマズイ、トマトソース

トマトソースを開けたらパスタが入っていました。今回はWoolworthsで購入したパスタソース。

見た目はどこのスーパーでも売っているような明らかにトマトソースな感じのパッケージで、英語もよく読めない僕は見た目と一番大きな文字を読んで購入しました。

家に帰って、さっそくパスタを茹で始め、そろそろ頃合いと言う時に、買ったばかりのトマトソースを開けると、中からモジャモジャと薄橙色の麺が入っており、???と。

頭が真っ白になりましたね。

悲しい面持ちで、仕方なしにトマトソース缶に入っていたパスタを食べてみると、
マズイの美味しくないの。
しかもトマトソース缶の味は、ケチャップの味しかしません。

これが日本で売られているものだったら、味はまだイケてるはず。
ここまで食べられない、ゴミの感触を味わったのは人生で初めてでした。

このトマト缶はケチャップで有名なハインツ社の製品をオーストラリアのWoolworthsが輸入したみたいです。

さすがハインツ。トマトソース缶はケチャップ味しかしませんでした。

海外、とりわけオーストラリアで商品を購入する時はしっかりとパッケージの小さい文字まで見ることをオススメします。

パスタ入りトマトソース。
否、パスタ入りのケチャップのような商品を買わないために、、、

Woolworthsから激不味で販売しています。

コメントを投稿

0 コメント