移民エージェント使ってわかったメリット・デメリット

ビザ申請に移民エージェントを使うべきかどうか。とっても悩むところ。ボクの知り合いにもエージェントを使った人や使わなかった人などさまざま。

ボク個人的にはエージェントは使わないほうが良いと感じています。理由はいくつかありますが、一番大きな理由はボクたちのようなオーストラリアに移民したい人たちの足元を見た価格設定ですね。

ただエージェントを使うメリットもあります。

今回は移民エージェントを使うメリット・デメリットについて書いていきます。

移民エージェントのおさらい

ビザの申請代行をしてくれる業者を移民エージェントと読んだり、移民コンサルタントと呼んだりします。

また、場合によっては移民書士と呼んだりすることも。

ただ共通点としてビザの申請手続きの代行をしてくれることがあげられます。オーストラリアではそういった人たちのことをまとめて移民エージェントと呼びます。

メリット

移民エージェントを使う最大のメリットは楽すること。お金を支払えば申請に必要なドキュメントの一覧をくれたり手間が省けることです。

時間の節約をしたい人はエージェントを使うほうが良いでしょう。

英語知識が必要ない

ビザ申請に必要な書類や手順はオーストラリア移民局のHPから誰でも確認できます。ただ当然のごとく英語で書かれているので知らない単語もでてくるでしょう。またビザ特有の専門用語もでてきます。

移民エージェントを使えば、英語力が極端に低くてもビザ申請に必要な書類をしっかり揃えてもれなく提出してもらえます。

デメリット

最大のデメリットはコストが高いことです。ビザ申請をしたい人の足元をみたような金額設定にもなっとくがいきません。

例えば、3カ月未満の観光ビザを申請するときの手数料を何万円も請求する移民エージェントもいます。

この観光ビザの申請手続きは、自分でできるようにビザ申請の手続きページを作りました。申請時間はわずか15分で終わります。入力する内容もとっても簡単。それ何数万円はボッタクリとしか言いようがありません。

ビザ申請が遅くなるケース

移民エージェントの普段の稼ぎ頭は観光ビザと学生ビザです。このビザはオーストラリアで一番申請数が多いことからも分かります。

特に学校の学年が切り替わる時期には手続きが混み合うので申請が数ヶ月遅れるということもあります。

また、オーストラリアでは年末年始や祝日に有給をくっつけて長期連休にする週間があります。この時期にエージェントにビザ申請を依頼するとそれだけで数ヶ月申請がおくれることもあります。

移住についてのアドバイス

ビザの申請は自分でできる簡単なモノからたくさんの資料が必要になるものまでさまざまです。

それぞれの手間とコストを見た上で判断するのが良いでしょう。移民エージェントを利用したからと言ってビザの成功確率が上がるとは限りません。

移民局では書類の不手際があった場合にメールや電話で連絡をしてくれます。書類の再提出も期限がもうけられているのでイキナリビザ発行の拒否がおこる事はありえません。

エージェントを使うメリット・デメリットを知った上で、よく考えて判断しましょう。

オーストラリアに永住したいと思うすべての人に幸運を。

次のページ > 留学エージェントは利用しないほうが良い?思ったより高くつくかも


おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿