オーストラリア永住を成功させるために必要な思考

オーストラリア永住を成功させるにはそれなりの頑張りは必要。

ゼロからオーストラリアの永住権を取るためにボクが悩みに悩んで考え抜いた結果、大事なマインドセットは「分からないを無くす」ことです。

人間、わからないことに対して過大評価するので出来るものでもできないなんてこともある。

ボクは徹底的に分からない事を調べることで永住権への道筋を立てました。

今回は実際に永住権を取ったボクが何を考え行動したのかについて書いていくことでこれから永住権を目指す人に少しでも参考になる情報になればと思います。

右も左も分からない永住のこと

オーストラリアに移住したい気持ちはあるけど何をしたらいいのか分からない。

永住のことについて「分からない事が分からない」悲惨な状況からオーストラリア永住をスタートさせたわけですが、ひたすら「どうしたらいいんだろう」と考える日々。

そんなことばかり四六時中考えていると、とりあえずGoogleに聞けばいいと思い付き、「オーストラリア 移住したい」と正直に検索しました

当時(2011年)は今より情報が圧倒的に少なく、ごく僅かに永住権目指している人が日記形式のブログを書いている程度。

ただその中にいくつか移住や永住権の情報があったので、記事を初めから最後まで全部読みました。

そうすると、なんとなく永住権を目指している人、すでに移住した人が「何を準備して行動したのか」がなんとなくでも分かってきました。

日記形式の情報は思ったよりも情報が多いです。しかも日記を隅から隅まで読んでいくことで自分も同じようにすればできそうだと思うようになります。

結論!ビザの情報を調べて選ぶこと

永住権を取った人に共通していることは自分が狙う永住権を決めていることです。

就職して永住権を取るのか、結婚して永住権を取るのか色々ありますが、いずれにせよビザのことについて一つ一つ申請条件を調べているのでボクも同じようにしました。

ボクはちょっとツイストしている考えの持ち主でもあるので移民局のHPに行き、1ページ、1ページGoogle Translateを使って翻訳していきました。

今だと、オーストラリアのビザが一覧で提供されているので調べるのがとっても楽です。

これなら自分でも取れるビザが見つかる

ボクの場合は要領が悪いのか半年くらい掛けてビザについて調べていきましたが、今は当ブログ「おーすとらりあ移民局」のような永住権や移住情報が豊富なブログもあるのでもっと早いはず。

ひたすらビザについて調べていくと、「あ!これだったら俺でも取れるかも」のようなビザがいくつか発見できます。

後は、そのビザについてさらに詳しく調べていけば

  • 永住権の取り方や準備
  • オーストラリアですること

が、かなりハッキリ見えてきます。つまり、ここまでくれば永住計画が作れます。

やることリスト(ToDoリスト)を作りましょう。

オーストラリア永住権はたくさんあり、難しいものから比較的簡単なものまで様々です。

永住権を諦めている、もしくは、初めから無理だと考える人達はただビザの事が知らず、「永住権ってめちゃくちゃ難しいんだろうな。取れた人ってかなり頭いいよね」なんて勝手に妄想を膨らまして目指すことすらしない人もいる

記事の冒頭で少し触れたように、「分からない」事がハードルを勝手に高くしているだけです。

永住権の取り方を知ってしまえば、思ったよりも簡単に取れますよ?

まずはビザのことについて調べること、感覚的に「これなら取れるかも」と思えるビザを探すことが重要です。

関連記事:オーストラリアで永住権を取るのは無理だと思う人がおちいるマインド

とりあえず数年の移住を考える

いきなり永住権を狙えるのはすでにそれなりの学歴や職歴がある一部の人たちだけです。しかもそのタイプの永住権はハードルも高い。

そういった「一流の永住権」を狙うよりはビザのスポンサーになってくれる会社とか州から数年住めるテンポラリービザを取って、永住権を狙うほうがやりやすいです。

関連記事:3年働いてから申請する永住権について

関連記事:技術指名永住権(S190)の取り方【州からスポンサー】

いきなり永住権を狙うよりオーストラリアに3年〜5年程度、住むめればその間に英語力も上がるので永住権への可能性はぐんと高くなると思います。

もしかするとオーストラリア人のパートナーも見つけられるかもしれませんよね。

だからこそボクはハードルが一番高い永住権を狙いながらも、就活をしてとりあえず就労ビザを狙う方法も永住プランとして組み込んでいました。

オーストラリアに長く住む  = 永住の可能性が高くなる

と考えることができると思います。

テンポラリービザの中では就労ビザが一番理想的ですが学生ビザ を使った移住もいいですね。

卒業ビザから永住権を狙う事もできますし永住の可能性は広がります。

ただ、お金の問題は常につきまといますよね。

お金はワーホリで作る

ワーキングホリデービザは最強のビザとも言われています。

誰でも簡単に取得できて働くこともできる。こんな夢のようなビザは他にはありません。

ボクはワーホリを使って就活する事を考えました。もともとプログラマとしてのお仕事経験は9年ほどあったので現地で就職すればテンポラリービザが狙えるし、そこから永住権に繋げられると考えたからです。

ワーホリで本気で働けば1年間に5万ドルくらい稼げます。かりにセカンドビザを取った場合は10万ドルくらい稼げる。

このお金があれば、たとえ就労ビザが取れなくても大学に行けると思ったわけです。

お金というのは思ったよりも簡単に稼げます。今だと体を使って働くこと+家ではクラウドワークスなど在宅ワークをすることも可能。

パースにはカラオケガールとして働くと時給も50ドルといいみたいですが、チャットガールとかだと家でもそれくらい稼げます。しかも今は円高なので給料はめちゃくちゃいい。

うめ太郎が女性だったら絶対にチャットガールになりますよ。脱ぎませんがね。

ともかく、お金の作り方はたくさんあります。夢の永住権のために掛け持ちや在宅ワークなどを駆使して効率的にお金を貯めましょう。

関連記事:永住権申請にたどり着くまでに必要なお金は?

関連記事:移住に必要な最低限の貯金は?3つのケース!

職歴 > 学歴 でした

安易に大学やTAFEなど留学経由で永住権を狙うのをオススメしません。

オーストラリアの永住権を取るのに大学に行くメリットとデメリット!」でも書きましたがリスクが高くなります。

卒業するまで2年から4年、さらに職歴を積むために6ヶ月〜3年掛かるのが現実。その間に移民法が変わる可能性がかなり高いです。

できれば日本で就職してそこで職歴を積んだ後にオーストラリアの永住権を狙うほうがいい可能性もあります。

ただ、その時のデメリットは仕事と最終学歴のコース内容に関係性が必要。なければオーストラリアで留学するメリットも出てきますね。

会社の経営者は学歴を気にしない

また、仕事を探す際に重要なのは学歴よりも職歴。学歴があっても使えない人はいるわけです。それに加えて職歴がある人は、実際仕事がこなせせているので、会社も学歴があるより職歴がある方を重要視しているようです。

少なくても、ボクがオーストラリアで働いた会社の社長は全員そうでした。

日本の大学、オーストラリアの大学にこだわらずに自分が卒業しやすい方法を選ぶのがいいですね。

極端な話、底辺の大学を卒業しても大卒になるのでビザの申請に影響はありません。大学の優劣で技術査定が影響するわけではないですね。

大学で何を学んだのか、その時の内容とオーストラリアでの職歴がどの程度一致しているかがもっとも重要です。

計画と準備が成功の分かれ目

永住権が取れるかどうかは準備で8割がた決まると思っています。

オーストラリアに永住するには今日・明日の努力で達成はできません。

職歴にせよ、学歴にせよ、英語力の証明にせよ、1年、2年間時間をかけてやっと満たせるもの。

オーストラリア永住は何年も時間をかけて準備を整えていく事になると思います。

準備でボクが一番大事にしていたことは何の準備が一番時間を掛けたほうがいいのか知ること。

通信制の大学に入るのであれば2年は必要です。資格を取るにも半年から1年は必要でしょう。

一番時間のかかる作業から取り組めば効率的に永住権を取れると思います。

永住権は長期戦を覚悟する

オーストラリアに永住したい!移住したい!

この気持を持ち続けてください。

オーストラリアに移住するには強い意志を持ち続ける事が大事です。そういう意味ではモチベーション管理も大事。

気持ちがある限り、夢を追いかけ、追いかけている間は「夢の途中」です。

移住は必ず出来ます。
ビザと向き合い、しっかり準備して、それを何年も掛けて続けていくだけです。

日本で就職して失敗したら、諦めてニートになりますか?

就職が出来るまで続けますよね。

オーストラリアに移住するには「諦めない」気持ちが何より一番必要です。

日本で住んでいると、海外移住の夢を語っただけで「何言っての?」と笑われるかも知れません。

石をかじってでもオーストラリア移住を諦めない。その根性が無いと夢は達成できないのかもしれませんね。

僕は計画や準備に4年近くかけました。仕事が忙しくてもオーストラリアに移住するために今頑張っている。そう考えるだけで毎日がんばれましたね。

その気持がキープして続けたからこそボクは永住権が取れたのだと思います。

オーストラリアに移住するには

  • 想い
  • ビザを調べる
  • 計画と準備
  • 移住

の繰り返しです。

それができるまでの長期間に諦めて返っていく人が後をたたない。

諦めない根性は永住を現実にする力だと思います。

オーストラリアへ移住したい人に幸運を

ありがとうございました。

次のページ:移住に必要なのは諦めない力。自分を信じれる人だけが手にする生活

スポンサードリンク

コメントを投稿