【ワーホリ】セカンド・サードビザが取れる仕事とは?探し方も!【Tips】

ワーキングホリデーのセカンドやサードビザは、1回目、2回目のワーホリのときに地方で6ヶ月の間、特定の仕事をすることが条件。

実は思ったよりたくさん仕事は選べますあります。どんな仕事が選べるか?など知っておきたいことは山程ありますね。

セカンドビザの場合は、1回目に3ヶ月の労働。サードビザの場合はセカンドビザのときに6ヶ月間、特定の労働をします

仕事の内容は両方とも同じ。働く場所は、人口の少ない地方エリアでの仕事です。

今回はセカンド・サードビザが取れる仕事の内容や6ヶ月以上働けるTipsなどについて書いていきます。

それではウメと行ってみましょう!

ワーホリビザ延長のおさらい

セカンドビザを取得するためには1回目のワーホリ中に3カ月間、移民局から指定された仕事をします。サードビザの取得には6カ月です。

働く場所は人口の少ない地方のエリアが指定されています。

関連記事 > マジで!ワーホリで6カ月以上働くコツ。就労制限をしって賢く働く!

セカンド・サードビザが取れる仕事の内容

よく聞く仕事の内容はファーム。しかし、移民局のページでビザが取れる仕事内容を確認してみるとファームの他にも動物のケア、マイニングなど色々あることがわかります。

ファームの他にも5種類の職種があります。

  • 植物や動物の世話
  • 漁師、真珠採り
  • 樹木の伐採
  • マイニング(資源採掘)
  • コンストラクション(工事)

オーストラリア国内ではあえてその仕事を選ぶ人が少ないので、ワーキングホリデーの延長を餌に労働者を集めていることがわかります。

さて問題は期間です。3カ月、6カ月とありますが実際どうやって日数を計算するのでしょうか。

3カ月の解釈は全部含めて88日、6カ月は176日

この日数には土日、祝日、病気による欠勤も含まれます。ただし給料が支払われない日数は含められません。

また1回で88日間(176日間)働く必要はなく、20日を西オーストラリアで働いて、残りはケアンズで働く形もとれます。

注意する事

土日・祝日・病欠が1日としてカウントされる条件は、その日が必ず給料の支払い対象日でなければなりません。休んだ場合に賃金が発生しない日にちは1日としてカウントされません。*
* したがって有給(Annual Leave)や病欠(Personal/Sick leave)は1日としてカウントされます。

働き方で日数のカウントは変わる

賃金は時給制なのか、出来高制なのか、最低賃金報奨制の場合によって一日をどう捉えたらよいのか分かりにくいですが、ここでも移民局ではハッキリと書かれています

時給制

時間給の場合は、原則8時間が1日としてカウントされます。ただし雇用主と1日の時間について約束を交わしている場合はそれが適用されます。

したがって、1日が12時間という契約の場合は12時間働いても1日として数えられます。

出来高制

量によって賃金が決まる働き方です。キロいくらという考えです。この場合は契約書のどこかにPiecework rateとして関われているはずです。

特に何も記載がなければ1日が1日と考えれば良いでしょう。不安な方は雇用主に「セカンドビザは何日働けばとれるのか?」と聞くことではっきりします。

賃金が最低限保証

仕事に対しての最低賃金+出来高のような働き方になっています。これについても契約書のどこかにAwardsととして何か書かれているはずです。

もし1日の数え方が曖昧な場合は、雇用主に直接聞くことをオススメします。

次のページ > ゆるい!これがオーストラリアの職場、労働環境が日本と大違い

オーストラリア北側はオイシイ地域

北部地域(Tropic Of Capricorn)より上側のエリアは人口が少ないためワーホリのお仕事条件が優遇されています。

例えば、日本人以外(S462ビザを持ってる)ワーホリの人は観光、ホスピタリティ、林業、漁業でもセカンド・ワーキングホリデービザが取れるようになりました。(2016年の11月末から)

対象の地域はざっくりオーストリア大陸の真ん中より上側です。西オーストリア州の半分、ノーザンテリトリー州・クイーンズランド州の全域が対象です。

また、北部地域では日本人でも同じ会社で6ヶ月以上働くことができます

さらに!DAMAを使って就労ビザや永住権が取れる地域もそこに集中しているので、ワーホリから移住・永住権がとっても狙いやすい魅力もあります。

セカンドビザが取れてゼロから永住権を目指せる熱い地域は他にはありませんね。

関連記事:ゼロからのAUS移住にピッタリな田舎移住はDAMAsを経由した方が良い。

上手に仕事を探す方法

エージェントを使うと給料が中抜きされます。自分で探すほうが給料は一気に数ドルあがるのでまずは挑戦してください。

仕事はオーストラリア政府が提供してくれていて、セカンドビザやサードビザ申請に対応している仕事をホームページから簡単に探せます

使い方は簡単です。画像の真ん中にある「地域リスト」をクリックして"Search"ボタンを押すと選んだ地域にある仕事がたくさん表示されます。

次のページ > これで見つかるビザのスポンサー企業!自分をゴリゴリ押せ!

移住のためのアドバイス

特定の仕事を合計で9カ月することでオーストラリアに3年間生活出来るのは移住の面からも魅力的です。

次のページ > 田舎に4年住めるビザ。技術地方ビザで移住!サブクラス489

さらにそういった地方ではビザも取得しやすく、そこから永住権への申請も可能に。

ワーキングホリデーからAUSに永住を挑戦してみませんか?
移住は頑張れば誰でも必ず出来ます。要はやりきれるかどうかです。

オーストラリアに移住したいと思う全ての人に幸運を。

ありがとうございました。

次のページ:マジで!ワーホリで6ヶ月以上働くコツ。就労制限をしって賢く働く!

次のページ:オーストラリア人の働き方は「自分のために働く」こと。【サボることは良い】

スポンサードリンク

コメントを投稿