【オーストラリア】ワーホリ vs ETASどっちがいい?【ワーホリビザは貴重】

こんにちは、うめ太郎です。

オーストラリアに行く時にワーホリかETAS、どっちがいいのか悩みますね。

ショートアンサーは、長く住むならワーホリ、3カ月程度の生活で満足ならETASという感じです。

ただ、思ったよりも皆さんワーホリビザを選択してるんですよね。実はもったいないです。

永住・移住を考えた時に、ワーホリほど貴重なビザはありません。

そこで今回はワーホリを使うべきとき、ETAS(観光)ビザを使うべきか悩んでいる方が移住の視点から判断できるよう考えていきます。

ワーホリとETASの違い

突き詰めていくと「働ける」かどうかしか違いはありません

ワーキングホリデー!っと考えるとオーストラリアを満喫できるイメージがありますが、「労働できるビザ」である以外には観光ビザとなんら違いはないです。

ワーホリのビザは1年間の長期滞在できるビザという点はメリットがありますが、それなら訪問ビザでも同じことができます。

さらに、ETASでも1回の申請でほぼ1年間住むこともできる。

ちなみに、オーストラリアの移民局では正式名所をETA(Electronic Travel Authority)と読んでいます。

ワーホリビザはかなり貴重

そう考えるとワーホリを使う理由をしっかり考える必要があります。

というのは、ワーホリは原則1回限りの使い捨てビザだからです。

そう言うと、滞在中に3カ月〜6カ月の特別労働をすればセカンド・サードビザが取れるので最大3年住めると、反論が来そうですが、それでも使い切り。

それに対してETASは何度でも申請ができる。この違いは天と地の差があります

再申請ができないワーホリビザのほうが希少価値があるということ。だからこそ「使うタイミング」は慎重にするべきだと思います。

若い時に海外経験や日本疲れでワーホリを使ってオーストラリアに住むのもいいですが、感情的に使うとその後の人生プランに大きく影響しますからね。

オーストラリア生活はETASで十分

オーストラリアに住みたいならETASで十分。3カ月も住めますし、ボランティアワークもOKなので実質、往復の航空機チケット料金だけで生活できます。

しかも航空機チケットを買うタイミングを安い時期にすればかなり安く買える

また、ETASはビザを取得してから1年間が有効期限になります。1回の滞在は最大でも3ヶ月ですが入出国を繰り返す度に3カ月住むことも可能。

ETASでもほぼ1年間オーストラリアに住めるんですね。

ETASでワーホリと同じように働くで働く

ETASだと働けないんでしょ?と考えている人に言いたいのは、そうでもない話。

希少価値があるワーホリを消費するのはちょっと待って、と言いたいです。

考え方しだいではETASでもワーホリと同じように働けます。

それが、ネットを使った在宅ワーク。

今の世の中、ネットがあればどこでも仕事ができます。プログラムやロゴ作成などの知識があればクラウドテックとかでも高収入案件がありますし、女性であればチャットレディでエロなしでもそれなりに稼ぐこともできます。

業界大手のFANZAだと時給7500円もありますね。

つまるところ、ETASではオーストラリアで働けませんが、ネットを使って日本の会社で働くのはできるんですよね。

安易にワーホリビザを使うよりETASで在宅ワークしながらそれなりに生活をして、ワーキングホリデービザは「ここぞ!」という時に使えるように温存しておくのが賢いのではと思います。

数ヶ月以内のワーホリはETASで

ワーホリとETASのビザを選んでいる方はきっと、短期のオーストラリア渡航を計画していると思います。

1~3ヶ月間だけワーホリに行こかどうか悩んでいる場合は、ETASで渡航したほうがいい。

短期のワーホリはメリットよりデメリットが目立ちます

例えば極端な話、1ヶ月間だけワーホリした場合。英語がまったく向上しません。しかも1ヶ月だと仕事も見つけられない。

これだとETASを使ってオーストラリアに住むほうが断然賢い使い方だと言えます。

ワーホリビザは貴重なのでETAS内で出来ることにあえてワーホリビザを使う必要はありません

関連記事:1ヶ月だけワーホリに行くのはアリか?【仕事があるなら納得です】

ETAS→ワーホリで賢く長く住む

オーストラリアで生活してから、このままずっと住み続けたいという人は多くいらっしゃいます。日本に帰りたくない!という人ですね。

ほとんどの方はパートナーを見つけてパートナービザ申請を目指しますが、王道で留学する方もいらっしゃいます。

ただ、どちらもそれなりにコストが掛かるんですよね。パートナービザを狙う人でも彼氏・彼女を見つけるために語学学校に通う人がほとんどです。

コストが高すぎて精神衛生上よろしくない。

ETASで在宅して生活
その間に人生プランを立てる
ワーホリで行動
永住!

という流れで目指すほうが現実的で可能性も高くなります。

永住するならETASとワーホリの使い道が大事ですね。

ビザの申請条件

ETASビザの申請

ETASビザの申請は一番簡単に申請ができます。

移民局では日本語での申請ページを用意しているのでかなり楽。所要時間も15分程度で終わるのでぜひトライしてみましょう。

ビザの申請費用は20ドルです。

また申請はオーストラリア国外から行わなければなりません。

ETAビザに家族を含められないので旅行者分申請します。

ビザの発行は24時間以内に行われます。ビザは自動的にパスポートにリンクされるので入国はパスポートだけでOKです。

ワーキングホリデービザの申請

ワーホリビザも自分で申請できます。基本的にビザは下りるので心配はいりません。

ただ、日本語の申請ページが用意されていないので有志が作ったワーホリ申請ページを参考にすると間違いなく申請できます。

最後に、ETASだと留学もできる

ETASでも4カ月まで留学できます。もし短期留学するなら絶対にETASビザがオススメ。

間違ってもワーホリビザを取らないほうがいいですね。

まとめに入りますが、ワーホリは使い切りビザなので希少価値があるので移住を考えるならETASを使えるところまで使ってワーホリに切り替えるのがスマートなやり方ですね。

ありがとうございました。

次のページ > オーストラリア留学を最大にトクするクレジットカードは?【最低1枚は必要】

次のページ > そんなに!?訪問ビザで1年間オーストラリアを満喫!ロングステイだ

スポンサードリンク

コメントを投稿